FC岐阜・ツエーゲン金沢

2011年6月14日 (火)

激闘!ひらこカップ

記事化するのが遅くなってしまいましたが、6/5(日)に行なわれた、
表向きは練習試合、実は「ひらこ杯」だったFC岐阜vsツエーゲン金沢@浅中の
模様をお送りします。
 
昨年のひらこ杯は、JFLの翌日で大幅にメンバーを落としたツエーゲン金沢が
ベストメンバー規定に抵触(!)したため試合結果に関わらずFC岐阜がタイトルを
獲得したわけですが、今年はお互いベストなメンバーが出場し、熱戦が期待
されました。
 

Hrk002
「美白のロベカル」根本や、
 

Hrk003
イケメン井上(名古屋→徳島)も出場。
 

Hrk001
今大会のテーマソング、チーム狩人の「愛しきナターシャ」が
(脳内で)演奏されたあと、いよいよキックオフです!
 
試合の内容は公開できませんが(!)、金沢が先制、岐阜が
同点に追いつき1-1の引き分け。
お互い決定機は多く作りましたが、肝心のフィニッシュで詰めが甘く、
勝ち越し点を挙げることができませんでした。
ざっくりまとめると、前半はツエーゲンペース、後半は岐阜ペース
だったような気がします。
金沢の先制点は根本が左足のアウトでふわっと浮かせたボールに
鳴海が走りこんで決めたきれいなゴールでした。
さすが根本。あの左足は錆びていません。
岐阜の同点ゴールは、もっちゃん(阪本)のごっつぁんゴール(笑)
 
後半はほとんど岐阜ペースだったこともあり、後半から出場した金沢のGK
タッシーこと田代選手は大忙し。それでもバーとポストを味方につけて
ゼロで抑えたのは見事でした。
 
岐阜のほうは、シーズン前に大ケガを負った新井きゅんが出場。柔らかい
ボールタッチとオシャンティーなパスで魅せてくれました。
そしてこの日一番盛り上がったのはおそらくこの瞬間。
 

Hrk004
 
ついにハンジェ復活です!
細かいことは書けませんが、かなり効いてました!期待大です。
あー書きたい、けどあまり書くのもよくない。えーい、1枚だけ。
 

Hrk005
コーナーキック蹴ってました!
 
少しずつプレー時間を延ばしていくところだと思います。
 
そして、このひらこ杯の名物といえば、ツエーゲン金沢の上野監督。
およそ監督と思えない優しい笑顔と低い腰がとても好印象です。
試合後の挨拶でも、
 
Hrk006
 
この通り深々とお辞儀。足まできれいにそろっています。
しかも今回、今西社長にお土産までいただきました。ありがとうございます。
 
この後、FC岐阜の木村監督、ツエーゲン金沢の上野監督、両氏が隣り合って
ゴールを片づけるという衝撃の光景が!(笑)
2人ともお人柄がよすぎです。
 
 
観戦に来ていた多くの岐阜サポの方々にとっては、下のカテゴリーの相手に
1-1で引き分けというのは、物足りなかったかもしれませんが、あたし的には
いじりどころ満載で大満足でした♪
 
なお、負けたほうの非公式マスコットが勝ったほうのユニを着させられるという
屈辱の罰ゲーム「阜女子・コントラ・ツエ子」ですが。。。
 
引き分けた時のことを考えてませんでした!\(^o^)/どーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

試合後。。。

Dsc02362
 
FC岐阜とツエーゲン金沢とで争われた“白山ダービー”要するに練習j(ryは、
既報のとおり3-0で岐阜が勝利しました。
 
試合内容については詳しく書けませんが、染たんの自作自演PK(笑)あり、眞さんの
ド迫力ヘッドありと、見どころのある試合でした。
特に後半は、岐阜が攻めまくってたものの金沢GK田代選手が神がかり的な
スーパーセーブを連発。そこらじゅうでため息が漏れていました。
昨年の天皇杯1回戦でも当たりまくってたタッシー。お見事でした。
 
養老開催の練習試合にしてはずいぶん観客が多いなぁと思いましたが、やはり
「久保いないの?」という声がちらほら。
前日の公式戦でフル出場しているので、さすがにムリでしょう。
ですが、その試合にちょこっとしか出ていない根本選手や山根選手が来ていなかった
のは「???」でした。
 
“岐阜のユウダイ”西川選手は、前日45分間出場し、この日もプレーしたというのに。
おつかれさまでした。ゆっくり休んでください。
もし“金沢のユウダイ”斉藤選手が来ていれば、両サイドから「ユウダイ!」「ユウダイ!」
と指示が飛んで、愉快だったことでしょう。
 
試合後は、金沢の上野監督が真っ先に岐阜の倉田監督・浮氣コーチに握手を求めに
行き、人柄の良さを発揮していました。うーん、前任者とはおおちg(ry
そういえば上野監督と浮氣コーチは、昨年のJFL入替戦で戦った間柄ですね。
その時の話でもされていたのでしょうか?
その後、上野監督は広島時代に一緒だった眞さんと、浮氣コーチと池上選手は刈谷時代
に一緒だった金沢の高橋良太選手と旧交を温めていました。
 
先日、Jリーグでも秀人と柏DF小林選手との間で心温まるやりとりがありましたが、
僕はこういう交流はとてもいいことだと思います。
 
一緒にするのはアレですが、僕も時々、金沢のサポーターさんから
「ツエーゲンがJリーグに行ったらどうするんですか?」と聞かれますが、
右半分は岐阜のユニで左半分は金沢の。。。なんて生温いことはしません。
 
その時は、湘南や浦和や鹿島やレアル・マドリードと戦る(できるのか?)とき以上の
モチベーションで、全力をもってツエーゲン金沢をぶっつぶします。
そのほうが楽しいじゃんね。
 
早くそんな日が来るのを心待ちにしています。
とりあえず最短で当たるのは、天皇杯の決勝ですか。。。
 
「僕の今年の目標は、元旦決勝・FC岐阜vsツエーゲン金沢です!」
 
。。。なんて(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

実況予定

横浜に行かれた皆さん、おつかれさまでした。
今季はほとんどアウェイに行けずすみません。
 
さっき公式HPのフォトギャラリーを見たら、
ホベルトのスパイクが正吾さんの左ヒザに
クリーンヒットしてました。
 
これ絶対カードだろ。
 
で、
今日は養老スマイルグラウンドでツエーゲン金沢と
“白山ダービー”があります。
要するに練習試合(^_^;)
 
なかなか無い機会なので、
できるだけここで実況する予定です。
マメじゃないのにちゃんとできるか不安ですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

オーマイガーッΣ(゚д゚;)

今日はもともと、お盆にできなかった墓参りをするため、父親の実家のある高山(旧国府町)へ
行く予定だったのですが、隣の古川町で練習試合が組まれ、しかも相手はツエーゲン金沢
という、サッカーの神様が仕組んだとしか思えない(個人的な)神カードになったので、
嬉々として飛騨の山奥まで出かけていきました。
 
ちなみに、本来の目的が墓参りだったので、試合観戦歴わずか1回、なのに染たんファン
のうちのオカンも一緒に見に行きました。
観戦数と練習見学数が同数なライトサポもかなり珍しいでしょ(笑)
 
Gvsz
いつものように『弱尊』でハヤシカレーを食べ(その辺の話はまた後日)、
高山で用事を2、3片づけてから現地入り。
事前に連絡をもらっていた方、現地でバッタリ逢った方、地元の方含めて思ったより
岐阜サポさんが多かったし、今日は西部緑地でJ1が開催されたから、よほど筋金入りの
ツエサポさんしか来ないだろうと思っていたら、僕の知っている方々だけで3人も来られて
いました。
年に一度のJ1よりも練習試合を優先させてくれるなんて、ありがとうございます。
 
古川も夏は充分暑いものの、岐阜に比べればいくぶんか涼しいので、観戦環境も快適です。
ここのグラウンドは名古屋や千葉も夏季キャンプで時折使っているようで、芝のグラウンドが
2面、さらに土のグラウンドももう一面あり、現地に居合わせた某氏の言葉を借りれば、
「FC岐阜の練習場ではナンバー1」
の設備です(笑) いいのか。。。
ただ真ん中にある「MY TOWN MY GRAMPUS」の看板は激しく気になるんですが(-"-;)
 
日中サッカー教室があったそうで、昨日の試合を戦ったメンバーも全員来ていましたが、
眞さんと染たんはお休みでした。
オカン、残念。
岐阜は昨日の試合でスタメン以外だった選手と、強化指定の山内くん、練習生何名かが
出場メンバー。
 
いっぽうのツエーゲンは、翌週に天皇杯石川県大会の決勝を控え、さらに10月には
全社の本大会もあるため、ガチメンを揃えてきました。
 
たとえ練習試合とはいえ、僕にとっては感慨深いものがあります。
さてさて、試合は序盤に早々とツエーゲンが2点を先行。
連携とモチベーションの差がモロに出ていました。ボール回しもルーズボールへの反応も
金沢のほうが上手。
コーナーキックからクリゾンが打点の高いヘッドを決めた時は、条件反射で
「ゲッ ゴール ク~リゾン♪」と歌ってしまい、某氏から冷ややかな視線を浴びました(笑)
2点目はバイタルエリアの緩慢なパスをかっさらったヒカルのシュートがOGを誘ったもの。
ヒカルの得点だったらここも確実に歌ってm(以下自粛)
 
ここまで見ていたら去年の惨劇(直に見てはいないけど)を繰り返しそうな勢いでしたが、
その後ガチャの2得点で同点に追いつき、2-2で終了。
負けなかったのは、一時期負けフラグとなっていた「相手チームHPのツェーゲン金沢」を、
ちゃんと正しく「ツエーゲン」に直したからでしょう。なんちゃって(笑)
岐阜は本来のポジション以外でプレーした選手も何人かいたので、思うようにボールが
回せなかったと思います。
 
時期的に見ても、公式戦が1週空くツエーゲンが実戦感覚を無くさないために組んだ試合
でしょうから、岐阜にしてみれば控え選手のアピールの場と捉えるのがよいのでしょうが、
さてさて出場選手は有効なアピールができたのかどうか。
ガチャは調子よさそうでした。
 
ツエーゲンは昨年のユニ(例の胸スポ)で試合を行なっていたので、番号がごちゃまぜに
なっており、ただでさえ半分くらいしか顔と名前が一致してない僕にしてみれば認識が
大変でした(笑)
岐阜の左SBに入っていた山内と、金沢の右SHに入っていた山道の呼称がともに
「ヤマ」だったので、「ヤマ」が錯綜して混乱したり、
あと、西川優大はテントの下でくつろいでいるのに「ユーダイ! ユーダイ!」という声が
飛んでいたので何故だと思ってたら、ツエーゲンの斉藤雄大だったり(笑)
 
ともあれ、練習試合では両チームを応援できるので、楽しく観戦できました♪
うちのオカンも、選手が試合中ひっきりなしに声を出しているのに驚いていたし、ふだん
テレビで見ている選手を間近で見られたので喜んでました。
 
 
あ、タイトルは行った人だけがわかる迷言(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

くどいけれど

記事はなかなか書けませんが、いつも気にはしています。
なので、今日はツエの話ですが、

 
ツェーゲン

 
じゃなくて
 
ツエーゲン
 
エ は小さくなりません。
公式が間違えるの僕が知ってるだけで3回目ですよ。
 
仕事だったので見に行けませんでしたが、
練習試合の結果よりも、
完さんのケガの状態よりも、
嶋田のコンディションの回復具合よりも、
ヒカルが出たかよりも、
小さな“ェ”が気になって気になって仕方ないです(笑)
 
ベガルダとかヴァンフォールとかJ2のチーム名を間違えるのは
今年はさすがに無いけど、何回か練習試合をしている相手にやらかすとは
さすが岐阜公式(爆)
 
確かに、「ツェーゲン」のほうがよりドイツ語っぽくてカッコよさげなので、
ついついそっちが正しいと思いのでしょうが、
 
方言ですから。
 
 
 
ちなみに「エを小さく書くと負ける」フラグはうちが解消したってことでいいんだよね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

北村隆二新たなる旅立ちに吾ふと思う

北村隆二選手の松本 山雅への移籍が発表されました。
 
お好きなほうのリンクへどうぞw
 
東海2部リーグだった頃からチームに参加し、常に中心選手として中盤を支え続けた名ボランチ。
豊富な運動量と卓越した危険予知能力。そして端正なルックス☆
特に昨年、一昨年における獅子奮迅の働きぶりは多くのサポーターの心を掴んで離さなかったことでしょう。
僕は、ボールを奪った後ドリブルで駆け上がってく隆二の後ろ姿が大好きでした。
 
退団選手の中では、今年の卓上カレンダーに唯一ソロ写真が使われていたこともあり、クラブとしても何としても残留させたかった選手だと思います。
それだけ大事な選手。
獲得がムダだったなんてことにならないよう、山雅には死ぬ気でがんばってもらいたいものです。
 
ん? ってことは山雅がJFLに昇格しないといけないのか。
 
多くの岐阜サポは、
「何で地域リーグまでカテゴリー落とさなきゃならんのやてー。山雅にはもったいな
  すぎるてー。 でも移籍先決まってよかった~(^_^;)」
というのが素直な心境でしょうね。
 
もともと交流がある2チームなので、某山雅好きな岐阜サポ氏は、
「わはははは さー、アルウィン行くでー」
と喜んでましたw
 
で、ひらっちさんはというと。。。
何で北信越やねんと。
 
隆二にはもちろんがんばってほしいけど、よりによって山雅ってorz
たった一人とはいえ、大幅な戦力UPになるのは間違いありません。
今年の地域決勝進出最有力は山雅だろうなぁ。
 
新入団選手の情報が全く入ってこないもんなぁ。。。
17人も退団したのに。
 
どっちかが北信越代表で、どっちかが全社で地域決勝に上がれれば最高なんだけど。
厳しいだろうなぁ、赤いほう。。。
 
ということで、愛と陰謀(!?)が渦巻く“世界一ムダに熱い4部リーグ”北信越1部からは今年も目が離せそうにありません。
 
行くしかねぇだろアルウィン!!(※アウェイ側)
奪るしかねぇだろ松本城!?

 
だから日程くんお願いっm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

ノーサイド

G
Z
 
日曜の試合終了直後、前述したように試合内容の酷さにフテ腐れて半ば怒りながらスネアを片付けてた僕ですが、このブログによくコメントをくださる金沢サポのいのっちさんとキャサリンさんが反対側のゴール裏からわざわざ挨拶に来てくださいました。
 
あわよくばJ2チームに勝てたところを惜しくも敗れてしまった、しかもこの試合で今シーズンが終わってしまった金沢のサポお二方にしてみれば、とても悔しかったに違いありませんが、笑顔で話しに来てくださったので、僕の心も晴れました。
 
去り際にFC岐阜コールをして戻られたお二人。最高にカッコよかったです。
そしてそれに応えるように自然発生的にツエーゲン金沢コールを返した岐阜サポの皆さんも。
試合後に儀礼的に行われるエール交換では伝わりにくい、「お互いのチームの健闘を祈る気持ち」がこのエール交換には込められていたと思っています。
きっと岐阜サポの方も、ツエーゲンって選手もサポもいいチームだなと好印象を持ってくれたはずで、両方とも好きな僕にとってはそれがすごくうれしかったです。
 
で、僕も自分の片づけを終えて、単身ツエーゲン側ゴール裏へテロ行為(笑)に行きました。
知り合いの方もそうでない方もみなさん良心的に相手してくださり、ありがとうございました。
「こうなった以上、FC岐阜を最後まで応援しますよ」とみなさん言ってくださいました。
敗れた相手に思いを託す。甲子園の中継でよく聞く話ですが、まさか自分に託されるとは思いませんでした。
 
昨年、徳島に敗れた時に「岐阜の分までがんばってくれ」と思った岐阜サポがどれくらいいたでしょう。
もちろん、当時の岐阜はJ2昇格に向けあとがない状況でそんな余裕など無かったのですが、終了直後にそう言って心地よくエールを送ってくれる金沢サポの方たちに心から感謝します。
 
Jのリーグ戦では緩衝地帯が邪魔をしてこのようなやり取りはまずできないですよね。
最初の相手がツエーゲン金沢でよかったと思います。
来年こそは北信越、そして地域決勝を勝ち上がり、JFL昇格を果たしてください。
 
そして、いのっちさん&キャサリンさんから「豊スタへ連れて行ってください」と頂いたツエーゲンのリストバンド。
081014_002601
お二人をはじめ、金沢サポの皆さんの思い、確かに受け取りました。
正直、試合直後は豊スタ行く気には到底なれなくて、11月2日はみんながんばってね~ って感じでいたんですけど、
 
これで行かなきゃならなくなった(笑)
 
皆さんの気持ちは、このリストバンドといっしょに豊スタへ連れて行きます。
Murodou
 
一発勝負の緊迫感と共に、こういう「託す思い・託される思い」というのも天皇杯のよさであると気づきました。
 
そして、「故郷のクラブを愛する人に悪い人はいない」と、つくづく思っ
 
。。。ていたのですが、どっかの北関東だか南東北だかよくわかんねぇところは違うようですね。
同じサポーターとして非常に残念です。
その行為にチームやホームタウンへの愛はあるのかい?


~書いてから思った~
「故郷のクラブを愛する人」はそんなことしないよね。
「愛ゆえの行動」だなんて思えないし思いたくもない。
つまり「サポーター」じゃないってことでいいのか。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)