金沢観光大使(自称)

2011年10月25日 (火)

金沢のグルメ ~おまけ編~

金沢城から石川橋を渡って、兼六園の坂を降りた辺りで、友人が突然
「アイス喰いたい」と言い出したので、いきなりスウィーツタイム(笑)
 
Bkg001
 
珍しかったので「黒蜜きなこソフト」なるものに手を出しました。
日本情緒漂う街では、甘味もやはり和風なものを。
みやげ物店が数多く並ぶ、いかにも観光地然としたスポットなので、
ソフトクリームはうってつけ。食べ歩いているうちに何となく心も浮ついてきます(笑)
 
そして、このブログでもたびたび取り上げているくせに、店の外観写真が
一度も出てこない(笑)、和カフェ「つぼみ」にも行ってきました。
誰かといっしょに金沢へ行く時は、ほぼ100%の確率でここへ行っているような。
 
Bkg002
 
抹茶パフェやあんみつといった定番メニューのほか、国産の本蕨や本葛も
いただけるのですが、いつも食べるのは安倍川もち!
先日、友人にそんな話をしていたら「金沢にも安倍川もちがあるの?」と一言。
そういえばそうだわ(笑)
 
まぁまぁ細かいことは気にせずに、季節を問わず安心する味です。
いっしょについてくる加賀棒茶は、茶葉の茎の部分を使っていて、独特の香りが
くせになるほうじ茶です。金沢へ行くと毎回買ってきます。
 
 
そしてそして、いま話題の金沢B級グルメといえば「金沢カレー」でしょう。
全国ネットのテレビ番組でもクローズアップされている金沢カレー。
銀色の皿に盛ったゴハンに辛さを抑えたとろみのあるカレールーをうすくのばし、
その上に豚カツを乗せるのが基本。端にはキャベツを添えて。
特別うまい!というわけではないのに、なぜか食べたくなる味。
 
金沢カレーの有名店といえば「カレーのチャンピオン」ですが、最近では大垣でも
食べられるので、ちょっと変わった店に行こうと鳴和の「アルバ」へ行った。。。
ものの、まさかの定休日で、急きょ田上の「ゴーゴーカレー」に変更。
 
店内のテレビでは、コラボしていたとかで「花咲くいろは」のOPがエンドレスで
流れていました。そのせいか最近、無性にDVDを借りたい衝動に(爆)
ここの名物といえば、豚カツにチキンカツ、エビフライにウインナーにゆで卵が
ドカ盛りにされた「メジャーカレー」! ぜひ一度は挑戦してみてください。

Bkg003
 
まさに「どーん」という言葉がピッタリの超大盛。
2年前は完食できたのですが、今回は安倍川もちを食べていたせいか(?)
少し残してしまいました。年のせいではないはずだ!(^_^;)
 
と、駆け足でお送りしてきた、ちょっとマニアックな(?)金沢情報。
「金沢観光大使(自称)」というカテゴリーにまとめ直したので、旅行の参考に
していただけたら幸いですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏のひがし茶屋街

金沢と聞いて真っ先に浮かぶ観光スポットといえば、兼六園かここ、
ひがし茶屋街ではないでしょうか。

Hgs000
 
日中に訪れると、こんな感じで人でごった返しています。
初めて行く場合は、建物の佇まいがわかるので昼間がよいと思うのですが、
2回目に訪れる時は、ぜひ夕暮れ時に行ってみてください。
 

Hgs001
こんな幻想的な街に生まれ変わります。
もともと、歓楽街として栄えたひがし茶屋街。現在でも芸妓さんが
もてなしてくれるお店があり、楽器の音やお客さんの歓声が雰囲気を
盛り上げてくれます。

Hgs002_2
 
Hgs003
 
Hgs004_2
 
いかがでしょう?
ちょっと“ツウ”な気分がしてきませんか?(笑)
ディープに楽しみたい、2度目の金沢観光におすすめです。
 
ただ、雑貨屋さんなどはすでに閉まっているので気をつけてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近江町海鮮丼家 ひら井

千里浜なぎさドライブウェイの記事で、最後にちゃんと伏線を張っておいたのに、
全然関係ない記事につなげてしまいました。
 
本来はここへつなげるはずだったので、この記事を読まれる前に こちら を読んで
いただくと、さらにお楽しみいただけるかと思います。
 
このあいだ金沢へ行った時、友人が「海の幸を食べたい」と言ったので、近江町
市場の海鮮丼をチョイスしました。
 
最近でこそ、金沢=近江町市場の海鮮丼 というイメージが定着していますが、
僕が住んでいたころはまだそこまで確固としたイメージが無かったし、何より
「観光客と同じところには行きたくない」という変な意地があったので、海鮮丼を
食べたことは一度も無かったんです。
 
“離れて初めてわかる金沢の良さ”とでも言いましょうか、ようやく初体験です。
行ったお店は、近江町いちば館2階の「近江町海鮮丼家 ひら井」。
高級感ある店のつくりにちょっと緊張しますが、平日の昼間というのにお客さんは
大勢いて、期待は高まります。
 
海鮮丼の前に、ぜひ加賀料理も楽しんでいただきたいところ。
 

Ksd001
金時草(きんじそう)は、独特の香りに好みが分かれそうですが、酢の物に
するとぬめりのある食感も楽しめます。
ここでは太きゅうりも添えられていて、こちらは大根のようなコリコリ感が
酢によく合います。
 

Ksd002
加賀野菜の天ぷらもぜひ。
揚げたてのサクサク感を堪能するために、味つけは抹茶塩がおすすめ。
 
そしてメインの海鮮丼の登場です。

Ksd003
 
このボリューム感! 何と14種類ものネタが乗った豪華な海鮮丼、
近江町海鮮丼(\2,200)。
どのネタも間違いなくおいしかったのですが、悲しいかな魚介類の知識が
乏しく、どの魚かわからないものもチラホラ(笑)
苦手なイクラも生臭さが全く無かったので普通に食べられました。
海藻の味噌汁も磯の香りたっぷりで、漁港で食べている気分に浸れます。
 
味つけの醤油は丼に直接かけるのではなく小皿に注いでおき、
そこにネタをつけたあとでご飯と一緒に食べるのが金沢流。
 
 
あまりに鉄板すぎるものを薦めるのは気が引けますが、金沢へ行ったら
まず海鮮丼は食べておくべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

金沢城からの妙立寺

金沢城はいつも載せているのですが、たまにはちょっと変わった写真で。
 
Mrj001
 
現在、二の丸と三の丸をつなぐ橋爪門で遺構調査をしているので、門周辺は
立ち入り禁止になっています。
調査が終われば橋爪門二の門の復元工事が始まり、石川門や河北門のように
四方を櫓に囲まれた門に生まれ変わります。
楽しみですね。
 
と、今回紹介するのは金沢城ではなく、妙立寺(みょうりゅうじ)。
またの名を忍者寺と言います。
 
Mrj002
 
表向きはただの加賀藩御用達のお寺ですが、実際は江戸幕府の加賀征伐という
非常事態が勃発した際に、平地にあって守りに不安のある金沢城に敵を
近づけないための“出城”だったのです。
 
建物内には、外観からは想像もつかないぐらい様々な仕掛けが隠されています。
その複雑な仕掛けから、「忍者寺」と呼ばれますが、忍者との関係は全くありません。
 
これらの仕掛けをできるだけ楽しめるよう、拝観は予約制になっていて、
ガイドさんの説明を受けながら回るシステムになっています。
このガイドさんの説明の中で、寺と金沢城の関係についてよく語られるので、
ここを訪れる前に金沢城を見ておくと、より楽しめると思うわけです。
 
ほんとは話したいことがたくさんあるのですが、ネタバレになってしまうので
自粛します。
なお、格式の高いお寺なので、拝観時の服装などには気をつけてください。
建物内の写真撮影も禁止です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

千里浜なぎさドライブウェイ

厳密には金沢市ではなく、少し離れた羽咋(はくい)市というところにあるのですが、
能登有料道路を使えば金沢から1時間足らずのところにすばらしいスポットが
あるので紹介します。
 
千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは、波打ち際を自動車で走行できる日本でも
非常に珍しい海岸線です。
 
Ngs001

 
↑走行中に撮った写真ですがよくわかりませんね。
 

Ngs003
奥のほうにハリアーが見切れてるのがわかるでしょうか?
ここの砂は水を吸って固くなるため、車で走っても沈みません。
よく旅番組などで、観光バスが風にあおられながら走っているのを
見かけるかと思いますが、ネタでも何でもなく、普通に走れるのです。
 
目線の高さとほぼ同じ位置に波を見ながら走る爽快感といったら、
比べるものが無いぐらいです。
ちなみに僕は、ここを走るときはいつも、いきものがかりの
「夏空グラフィティ」を聞きたくなります。
ずいぶん最近の曲だけど。
 
昨日は特に天気がよかったので、砂浜に文字を書いたり、
全力疾走したり、デミ子の写真を撮ったり(?)、
 
Ngs002_2
 
いろいろ楽しんでいました。海無し県出身の僕たちにとって、海は憧れの存在。
時間を忘れていつまでも遊べます。
 
残念ながら僕はブーツを履いてたので全力疾走できなかったんですが(^_^;)
 
また、この時はちょうど運よく漁の最中で、水揚げの様子を見ることが
できました。
 

Ngs004
 
千里浜へは5回ほど来たことがあるのですが、漁の現場に出くわしたのは
初めてです。
地引き網かと思いましたが、獲った魚を漁船名の入ったプラ箱に入れて
いたので、近海の定置網を海岸まで持ってきて漁師の皆さんで仕分けしていた
と思われます。
 

Ngs005
 
大漁です。中にはタイやスズキなどの大物もたくさんいて、周りに水を
まき散らすほどピチピチはねていました。
獲れたてですから、イキはいいに決まってます!
動画で見せられないのが残念です。。。
 
ここで生の魚を見たあとで、近江町市場へ海鮮丼を食べに行くと、
より美味しく感じる。。。はず(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

あたしの城

何度行っても行き足りない観光地って、誰にでもありますよね?
 
東京ディズニーリゾートとか。
USJとか。
大宮の鉄博とかも、好きな人にはたまらないでしょうね。
 
僕にとっての「何度行っても飽きない場所」。
真っ先に浮かんだのが、金沢城です。
最近では、好きすぎて自分の城のように思ってます。
「前田」ですし。←
 
Kzj001
 
新丸広場に咲いていたよくわからん花(!)と、菱櫓の対比がキレイ
でした。
天守閣の無い城なんですが、何でこんなに好きなんでしょうね?
利家殿の居城だったからでしょうか?
自分でもよくわかりませんが、行くたびに五十間長屋の迫力に
ため息が出ます。
 
Kzj002
 
河北門横からのこの角度が、いまは一番好きです。
菱櫓から五十間長屋、橋爪門続櫓まで一望でき、さらにその手前に
河北門の一の門の屋根が幾重にも重なっている様子が、昔を思わせる
からです。
そういえば橋爪門の二の門も復元し始めているそうですね。
楽しみです。
 
今回は、初めて本丸のほうにも行ってみました。
はい、初めてです。自分の城なのに。
行っても櫓の跡地に立て看板があるだけで、あとは雑木林ですからね。
金沢城は度重なる火災で天守閣など本丸の建造物が焼失し、二の丸に
政務機能の中心が置かれていました。
当時から本丸は雑木林だったそうです。
 
二の丸から本丸へ上る途中、鉄門(本丸への入口)の手前に、重要文化財の
三十間長屋がありました。

Kzj003
 
1858年と、江戸幕府も終末の時期に建てられたこの櫓。
「長屋」と言っても住居ではなく、武器庫して使われたものでした。
戦後、金沢大学が城内に置かれていた時は書庫として使われていた
そうです。
 
実は、先述した橋爪門二の門の復元だけでなく、石川門の修復や
玉泉院丸の遺溝調査(こちらも情報がそろえば復元するでしょうね)、
さらには二の丸御殿の復元計画もあるそうで、全てが実現すれば、
城主のあたし(!)としては、恐悦至極でございますね。
 
しかし、金沢市はほんと金持ってるよな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ひらっちさんってグルメですね。

と、先日金沢で言われましたが、そんなことは全くありません(^_^;)
 
どうせ旅行へ行くのなら、その土地土地でしか食べられないものを
一品でも多く食べたいなぁという欲が強いので、喰い物にうるさい
人のように見えるのかもしれません。
 
なので、徳島でマクドナルド行ったことはスルーしてください(爆)
だってその時は無性にクォーターパウンダーを喰いたかったんだもん。。。 
 
基本的に「ここでしか食べられない!」と言われれば、何を出されても美味しく
いただきます。
 
 
さて、この流れで紹介すると何とも微妙なんですが(笑)、
先日その金沢で買ってきたスイートポテトが予想以上にうまかったのです。
 
Imo
 
加賀野菜のひとつ「五郎島金時」(さつまいも)を使った、
金澤プレミナンス『金澤五郎島スイートポテト』

このテの菓子は、“素材のよさを活かした”とか“ほどよい甘さ”というのが
重要なキーワードになってきますが、それに加えて効いてるなぁーと感動したのが、
バター。
 
食べてる間は基本的にさつまいもの味が中心なんだけど、時々ふっと
いいタイミングでバターを感じさせるんですよ。
まるで橋本(ガンバじゃないほう)のような小憎らしいポジショニングで(笑)
 
そして甘くなりすぎないように、パイ生地のサクサクな食感でバランスを取っている
という、絶妙なバランス感覚でまとまった一品。
 
 
金沢駅の中の、百番街おみやげ館で入手できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)