映画・テレビ

2011年1月 5日 (水)

※ネタバレ注意※

「相棒Ⅱ」を観てきました。
正月映画で入場者数No.1だった そうですが、その評価に違わずすごく面白かったです。
 
1作目は劇場版を意識しすぎてか、必要以上にスケールを大きくしてしまった
感があり、それはそれで面白かったけれど“相棒らしさ”が薄くなってしまいました。
今作はその反省を踏まえて(?)、社会の闇、特に警察組織の暗部に切り込む
“相棒らしさ”を存分に発揮した秀作です。
いい意味でテレビシリーズの延長線上で作られています。
 
回を重ねるごとに大げさな話になってしまって、3作目でとうとう期待を裏切られた
『踊る大捜査線』と、正反対の手法をとったことが功を奏したと個人的には感じます。
 
右京さんの相棒が猪武者の薫ちゃんではなく、キャリアの神戸くんだからこそできた
劇場版でしょうね。ミッチーも最近はすっかり貫禄が出てきてうれしいです。
 
まぁ正直、ド派手な特効やすごいCGがあるわけではないので、劇場の大スクリーンで
上映すべき作品なのかどうかは判断に悩むところですが、TVシリーズではステディで
撮りそうなシーンもクレーンで動かしながら撮るなどして、劇中に引き込まれそうな
感覚にさせるのは、制作費に余裕がある映画ならではの魅力ではないかと思います。
 
いつもの俳優さんたちはもちろんのこと、ゲストの方々も実力派の方たちばかりなので
安心して見られました。
エレベーターの扉が閉まるシーンでの、小沢征悦さんの目は特によかったですね。
 
そしてやっぱり國村準さんはいい。
大好きなんです、國村さん。渋くてちょっとお茶目でかわいくて。
今回は悪役で、すごく悪いヤツなんだけど、それだけではない存在感がありました。
こんなおっさんになれたらカッコいいですよね。
 
で、以下は激しくネタバレですので、ご注意ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小野田官房長が殺されたのはサプライズでした。それもあまりにあっさりと。
今日はよく喋るなぁと思っていたら、死亡フラグだったとは!
それまでの本編の内容が全部吹っ飛びそうなぐらいの衝撃でした。
しかもほぼその直後に葬儀のシーンで終幕という、何ともスッキリしない終わり方。
 
この終わり方が相棒の醍醐味でもあるんだけど、何の前触れも無しに主要人物を
あっさり退場させる相棒スタッフの潔さに、ある種の戦慄を覚えました。
 
右京さんと対等に話せる唯一のキャラにして、警察組織における特命係の最大の
理解者(?)だっただけに、今後のテレビシリーズにも影響するのは間違いないです
からね。どういう展開になっていくのか、楽しみです。
 
でも好きだったんだよなぁ、岸部一徳のあの喰えない芝居。
もう見られないと思うと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

時をかける少女

時をかける少女
を見たと先日話していたら、「何で今さら」というリアクションを
されたのですが、原田知世でもアニメでもなく、れっきとした
2010年公開作品です。
 
27年前の「時をかける少女」芳山和子の娘が主人公で、
母の若い頃へタイムリープするという話。
実はそのオリジナル版は見てない(!)けれど、本編中で解説的に
触れられているので、この作品だけ見ても楽しめました。
 
奇をてらったわけではなく、いたってシンプルなストーリー。
それでいてなぜか切なくなる、「あぁ、日本人ってこういうのに弱いよね」
という“ツボ”を的確に衝いた、青春映画の王道でした。
 
それでいて、この作品が出色の出来になっているのは、主演の仲さんの演技。
とにかく溌剌としてて、かわいい。「かわいい」というより「キュート」
と言ったほうが適当かも。
喜怒哀楽のはっきりしてる女の子は、表情豊かで魅力的です。
 
だから、腹黒いと言われようがリアクションの大きいゆきりんはイイ(・∀・)
と、話が脱線しましたね(爆)
 
ただ、結局芳山母娘も70年代の人々も、深町くんの掌で記憶を弄ばれている
と考えると、なんて残酷な話なんだろうとも思えてきます。
 
いきものがかりの主題歌と挿入歌(ほんとはこっちがメインだった)も
作品の雰囲気に溶け込んでいてよかったです。
本編が終わったからと席を立たず、「ノスタルジア」でしみじみと
感慨に浸るのをお薦めします。
 
名古屋まで行かないと見られないので、岐阜でも公開してほしいのですが、
今のところ予定は無いようです。
 
。。。で、確かに仲さんは天才だけど、ゼブラーマンも見てみたいとは
ちょっと思えないなぁ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

大河でござる

ひさしぶりに『利家とまつ ~加賀百万石物語~』を見ました。
今回はDVDで。
 
第1話のプロポーズのシーンでいきなり感動して、
7年前に見たときより、明らかに涙腺が脆くなってる自分がいたのには
困りました(^_^;)
 
まつがずいぶん美化されてて、他の登場人物に比べて明らかに
人間ができすぎてるのがひっかかるところだけど、
演じている松嶋菜々子がハンパなくキュートなので、
「まぁドラマだからなぁ」
と、許せてしまいます(爆)
 
あんなまつだったら、利家でなくても確実に惚れてまうやろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

未来への最終決戦

未来への最終決戦
さっき「レッドクリフ Part2」を見てきました。
 
いやぁ、ドッと疲れました(^_^;)
それだけ見ごたえのある作品だったということです。
 
やはり後半の火計のシーンは申し分ない大迫力でした。
マンガで何度も見てきた場面ですが、いざ実写になるとものすごかったです。
 
このシーンを見るために映画2本分の3600円(割引なしで)を払っても損はありません。
 
ただ、おそらく監督の好き嫌いでキャラの出番の差が激しいのではと。
 
ジョン・ウーは絶対に趙雲のファンに間違いない。
関羽と張飛の出番がほとんどなくて、曹操がものすごく小者だったのは好きじゃなかったからに違いない。 
孫権役の俳優さんはめちゃくちゃイイ男でした☆
尚香役の女優さんは、好きな顔じゃなかったけどかわいかったです。
 
あと、黄蓋が北大路欣也にそっくりでした(笑)
 
感想浅っ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

やっべぇ、超やべぇ。

テレ朝でやってる、高速道路にあるサービスエリアの名物グルメを喰い倒すという番組を見てました。
 
途中から見始めたのですでに岡山だったけど(^_^;)
名古屋から福岡までほんとに行っちゃったみたいです。
養老SAでは何が紹介されたんでしょう?
 
高速道路が1000円になって、ちょうどいいタイミングやねぇ〜、と余裕こいて見てたんですけど、
西へ行くにつれてどんどん美味しそうな名物が出てくるので、しまいにはナビゲーターの人気芸人と同じようにお預けくらった気分になってきました。
 
美東サービスエリアの美東ちゃんぽんとか
檀ノ浦パーキングエリアのふぐ雑炊とか
 
サービスエリアとは思えないようなこだわった一品ばかり☆
 
あ〜、旅してぇ〜(」゜□゜)」!
 
ただ、ギャル曽根と違って全部もは食べられないので、ほんとに食べたいと思うものを厳選して食べないといけません。
 
今日見た中の何品かは、5月に福岡へ行くときに絶対食べてやろうと思。。。
ってたら、その時は下道だった(゜д゜;)!
 
帰りの上り線にも名物グルメがたくさんありますようにm(_ _)m
 
 
それにしてもギャル曽根どんだけ喰ってんだ(-"-;)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月28日 (土)

笑い死ぬわw

笑い死ぬわw
映画館で観られなかった「デトロイトメタルシティ」をDVDで観てました。
 
なんつーか。
めちゃくちゃおもしろかった。
松山ケンイチが完っ璧にキレてたね。
バカもここまで突き抜けるとすごすぎる。
 
どんなクライマックスになるか気になってたけど、ちゃんと盛り上がってちょっと泣けて(笑)
 
 
ちなみに、クラウザーさんが大分から東京へ行く途中、新幹線の運転席に乗ってるところを広島と岐阜羽島(!)で目撃されたそうです。
岡田義徳さん(揖斐郡大野町出身)GJ!(b^ー°)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

あ゙、あ゙。。。

大佐ぁぁぁぁ━━(|゚|Д|゚|)━━っ!!
 
まだ2ヶ月放送あるのに早すぎ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

大河ドラマにも

ツンデレの波がやってきた(笑)
その人は「天地人」のヒロイン・お船。
馬に乗るわ兼続を振り回すわ憎まれ口を叩くわじゃじゃ馬だけど、兼続との昔のことを根に持ってるあたり、ツンデレ度が非常に高くて萌え(爆)
今後、時代劇の中でどんなふうに“デレ”が出てくるのか楽しみやねwww
 
それにしても。
若い二人(華姫&初音)が現代人にしか見えない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

アイ ハブ コントロール

はい、というわけで今日は、矢口さん違い(笑)で「矢口史靖」監督のほうの最新作、「ハッピー・フライト」を観てきました。
 
Hf
 
まだ公開初日なのでネタバレしないように書くと、
 
すっげー面白かったwww
 
とにかくおもしろかった。めちゃくちゃおもしろかった。
Part1だけの「レッドクリフ」ならヨユウで越えた(爆)
 
「ウォーターボーイズ」→「スウィングガールズ」に続くこの「ハッピー・フライト」。
やはり矢口監督、細かいネタで笑わせるシーンとシリアスなシーンのサジ加減だったり、様々な伏線があとでつながってきたりする巧妙さは日本一ですわ。
「本人たちはまじめにやっているつもりでも、それが空回ってたりちょっとズレてたりするのがおかしい」という矢口作品の笑いの真髄がこれでもかと堪能でき、あっという間に2時間が過ぎてしまいます。
映画館で爆笑できる作品はめったにない(笑)
 
ふだん何気なく見ていると、いとも簡単に空を飛んでいるかのような飛行機ですが、1機の飛行機を飛ばすためには、整備士やグランドスタッフなど多くの人たちの努力が支えているんだぞ、ということがよくわかりました。
最初は少し、というかかな~り頼りなかった田辺誠一演じる副操縦士が、次第に頼もしくなり、表情もグッと引き締まっていくのはオトコが見てもカッコイイ。
「困難を乗り越えた人は強くなれる」ということを、暑苦しく語ることなくサワヤカに描いた映画です。
 
ANAが全面協力したというB-747の離着陸や飛行シーンも見どころの1つ。
普段見られないような場所にもカメラが仕込んであり、矢口監督シリーズには珍しく「お金かけてます感」が漂っているので(笑)、「ウォーターボーイズ」と「スウィングガールズ」はテレビで済ませたという人も、この作品だけは絶対映画館のスクリーンで観るべきです。
 
レンタルを待ってたら、もったいない。
 
 
 
で、とりあえずCA姿の綾瀬とフッキーと寺島姉さんはおいといて、「こんなにかわいかったっけ!?」と衝撃を受けた肘井美佳に微萌え(笑)
 
 
 
今季最後のアウェイゲーム、vs湘南ベルマーレ@平塚競技場まで、
          あと15日! 
 
。。。最後の2行が全然関係ない(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

赤壁

081101_211001
『RED CLIFF Part1』を見てきました。
知らない人のために簡単に説明すると、今から1800年前の中国で起きた、「赤壁の戦い」の映画。
小説「三国志」の中で最も有名な合戦と言えるでしょう。
タイトルの「Part1」が示すように、この映画は2部構成となっており、後編の公開が控えています。
 
「連環の計」も「十万本の矢」もまだ出てきません。龐統すらまだ出てきてませんから。
↑ネタバレのため反転してます。
 
「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、3部作とはいえ1も2もそれなりのエンディングでした。ダブルオーも一応ファーストシーズンでひと区切りつきました(笑)
が、本作は完っ全に話の途中で切られてて、消化不良感たっぷりです。
「絶対Part2も観るぞ」と、腹を決めてから観ないといけませんね(^_^;)
 
しかし、前編だけとはいえ、総制作費100億円(!)に恥じない映像の迫力でした。
やはり、合戦シーンなどにおける「人」の多さは、中国映画のお家芸であり、実際に1,800年前の中国にいるような臨場感を味わえました。
大迫力の映像を観るだけでも価値はありますし、「後編に期待を抱かせる」という役割はきっちり果たしています。
ストーリー自体は、誰もが知っている話なので意外性を持たせず忠実に再現されていますが、合戦と合戦の間に描かれているシーンに、赤壁の戦い以外の出来事を想起させるシーンが少しずつ盛り込まれていました。
省略されがちな呉の人たちにまつわるエピソードが多かったのがこの映画を特徴づけています。
周瑜の名前が最初に出てきていることからも、呉から見た「赤壁の戦い」の映画であり、蜀目線で作られることの多い三国志関連の作品とは一線を画しているなと感じました。
登場人物のキャラ分けもしっかりされていて、合戦シーン以外も楽しめます。
日本人の方が携わった音楽もとてもよかったです。
 
 
もう1つ特徴をつけ加えておくならば、この作品は「三国志」の映画化でも「三国志演義」の映画化でもなく、「三国無双」の映画化と言うのが一番正しいと言うこと。
関羽、張飛、趙雲ら豪傑たちの強さが、文字通り「一騎当千」です。
ハンパねぇです。
やんごとねぇです(違ぇよ)。
特に、映画冒頭で長坂単騎駆けを見せた趙雲はカッコよすぎ。
 
甘興(甘寧をモデルにした架空のキャラとのこと。死亡フラグ?)役で特別出演の中村獅童もハデな太刀回りで魅せてくれました。何が“特別”なのかようわからんけど。
広島の高萩に似てると思い始めてからなんか好きだな、この人(笑)
 
いっぽうで魏の武将達は背景化して誰が誰だかわからない状況になっているなど、監督の好みがモロに出ているかもしれませんね。
 
 
実はこの映画を観る前に、ミクシィとヤフーでキャラクター診断をやってたんですが、2つとも同じ結果になったんです。ちょっとビックリ。
そのひいき目もあって、役を演じていた俳優さんがすごくカッコよく見えました。
 
え? 誰だったかって?
チューボーですよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧