恋愛

2006年6月13日 (火)

青春という言葉を久しく忘れていたにょ

性懲りも無くSEIさんが例の日本料理店へ行こうと言い出す。

特に反対する理由も無いのでまた行ったんだけど、今夜はどうも様子が違っていた。

トイレから戻ると店員の一人がSEIさんと何やら話していて、どうやらサンホーとの仲を取り持ってあげるよ的なことを言っている様子。SEIさんもけっこうマジでお願いしているので、おもしろくなってしばらく見ていることにした。

すると、その親切な店員(仮にねえさんにしときましょか)に連れられてサンホー登場。熱心にアピールするSEIさんだけど、どうやらサンホーは英語をあまり話せないようで、ねえさん達が間に入って、SEIさん―(英語)→ねえさん―(マレー語)→サンホーとがんばってコミュニケーションを取ってたのがすごくよかった。この店の人はみんないい人だ。

時には筆談を交え英語とマレー語を使いながら一生懸命話しかけるSEIさんはなんか青春してた。最初はちょっと引いてたサンホーもだんだん打ち解けてきて最後はちょっといい感じになって、ちょっとうらやましかった。いいねぇ、こういうの。長いこと忘れてたよ。

SEIさんを見てて、ちょっと恋をしたくなりました。     ……誰と?(-”-;)

ちなみにサンホーって、中国語で「善虹」って書くんだそうだ。いい名前やね。。。

話は変わるが高原にはマジメにやれと言いたい。変な髪形にする時間があるならもっとシュート練習をしろと小一時間ほど問い詰めたい。川口がキレてなきゃ4、5点は取られてたけどさ…っておい3点目かよ。こらもう今回は終わったねorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)