« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年7月

2012年7月22日 (日)

あたしの思う32番論

あたしの思う32番論
新しくFC岐阜に加入したアブダ選手。
経歴を見るとなかなかの選手のようで、クラブも“あの32番”を託したことから
期待の大きさがうかがえます。
 
Jリーグ昇格前のFC岐阜にとって「32」は特別な番号でした。
東海1部リーグ時代の2006年、JFL昇格チームを決める全国地域リーグ決勝大会を目前にして
短期レンタルで獲得した池元友樹(現北九州)が期待に違わぬ活躍を見せ、FC岐阜のJFL昇格に
貢献しました。
 
苦戦が続きJリーグへの加入に黄信号が灯った2007年JFLの終盤戦にはコンサドーレ札幌から相川進也が加入。
美作での決勝点をはじめ貴重なゴールでJ2昇格をたぐりよせました。
 
2006年の池元、2007年の相川。
2人がつけていた背番号が「32」だったことから、
いつしか(一部)岐阜サポの中で32番はチームの危機を救う”救世主“がつける番号として
語り継がれてきました。
 
そして今回、クラブが命運を懸けたストライカー募金で獲得したのがアブダ選手。
過去の2人と同じく、チームの危機を救うために途中加入したストライカー という点は共通
しているのですが、決定的に違うのは危機の内容。
危機=昇格できない というこれまでのパターンではなく、今回は危機=降格 なわけです。
初めて「救世主」と「昇格請負人」が同義でなくなった今回、ただの「救世主」ではなく「昇格請負人」の役割を
32番に込めていた僕にとっては、アブダ選手がどれだけ点を取って6位以内に入っても今季の昇格は無いわけですから、
「このタイミングで32番を解禁するのは早すぎるだろう!」と感じるのです。
 
もうちょっと出し惜しみしてほしかったわけですね。
 
そういう意見もあるんですよというだけで、アブダ選手が活躍してくれるに越したことはありません。

今日の大分戦で早速点を取って期待に応えてくれたことだし、新たな風を吹き込んでほしいです。
 
そして、これまで戦ってきたFW陣も、ストライカー募金という屈辱をバネにより一層の奮起を期待します。
32番をつけ損なった10番くんは特に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

そりゃあ怒るわな

強豪の甲府とアウェイで引き分け、直近の6試合で勝ち点9を上積みし、さらに3試合連続無失点と、
調子のよさは誰もが認めるところだけど、逆に調子に乗りすぎて油断しないかと思ってたら、
言わんこっちゃない、やはり気の抜けた試合をやってしまいましたね。
 
本当に負けられないのは次節の富山戦なので、それを前に悪いものを出せたからまぁよかったんじゃないですかね。
せめて1点は取ってほしかったですが。
 
しかし試合後の監督コメントは珍しく怒ってましたね。
そりゃただでさえ評価が低い(であろう)FW陣が練習に遅刻したり、現時点ですでに運動量が無いのに
「夏は苦手」と言ったら、そりゃ小言のひとつも言いたくなるでしょう。
猛省してください。
 
あたしの比較対象FWはひとりで12点取る人だから要求レベル高いのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

興行つぶしですが何か

前田似の寿人ヲタ、ルーニーと同じ誕生日というストライカー気質のあたしにとって、
サッカーは点を取ってなんぼのスポーツ。なので、たとえ負けても4ー5みたいな点の取りあいだと
それなりに満足します。
 
なので、ホームで圧倒的に攻めながら無得点に終わるのが非常に腹立たしいこともよくわかります。
ホームでスコアレスドローなんてエンターテイメントとして失格ですから。
 
ですが、ここ6試合で2勝3分1敗という「ドローメーカー」と化している岐阜相手に、そう簡単に
勝てると思われても困るわけで。
 
「ホームで圧倒的に攻めながらゴールを奪えず、逆にワンチャンスで失点して0ー1で負ける」という
最悪な結果は避けられてよかったじゃないのと思うわけですが。
 
アウェイの岐阜にしてみれば、楽しいか楽しくないかを論じている場合ではないのです。
アウェイでも4点取ってしまう広島や、ユーロの決勝で手負いのイタリア相手に容赦しないスペインとは
違って、たとえ「アンチフットボール」と言われようが、チームを
潰さないためにはこれしかないわけです。
 
点の入らないサッカーは正直好きじゃないのですが、現実的に考えてチーム存続のために今の時点で
最大限できることを選手もスタッフもやりきっていることは伝わってきます。
 
昇格圏内の強豪を相手にアウェイで貴重な勝ち点1。
これを活かすためにも、次のホーム熊本戦は「勝利」をつかみとってほしいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

そーすどん

Dsc_3690

カラフルタウン近くにある、「そーすどん」というソースカツ専門の
お店に行ってきました。
 
大通りから一本入ったところにあるので、たまたま仕事帰りにカラタンへ
行かなければ見つけなかったかもしれませんが、
ここがまたすごく美味しいお店だったのです。
 
うすく揚げられた肉は柔らかく、ソースは甘さ控えめながら酸味とコクがあり、
キャベツにもよくからみました。
 
一見コワモテな店主も、気さくに話しかけてきてくれるギャップがステキでした。
 
 
ケッタの行動範囲にも美味しい店が意外とたくさんある、わが街・羽島なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »