« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

デストロイでマストダイ

デストロイでマストダイ
「ゆび祭り」DVD化を密かに願っている、あたしです。
 
女子流ちゃんとか気になるじゃんねぇ(´∀`)
 
そんなわけで今回もフラゲしてきました、「Z女戦争」。
いつもの前山田さんではなく、ティカ・αことやくしまるえつこさんによる楽曲。
あんまりよく知らないんですが、相対性理論の人と言われれば何となくわかります。
独特の詞世界は今までのももクロにはなかった要素で、今まで以上に目まぐるしく曲の展開が変わるので、
「ちょっと詰め込みすぎなんじゃ。。。」という不安を感じますが、聞けば聞くほどハマります。
 
「猛烈(中略)無限の愛」がバリバリのメタルサウンドで、一度聞いたら病み付きになる曲だったのに対し、
何度も聞くうちに頭から離れなくなる不思議な中毒性があります。
 
前作は、通常盤のみ収録の「DNA狂詩曲」が名曲だったので通常盤が買いでしたが、
今回はPVに相当気合いが入っているので、DVD付きの初回盤がオススメ。
明らかにザクからインスパイアされた衣装をはじめ、金も情熱もかかっています。
そして過去のどのPVにも増して、ももクロちゃんがかわいい(*´∀`*)
 
あと最後まで見ると、銅像役で出演した川上さん(太っちょのマネージャー)が惨劇に見舞われてます(笑)
 
HMVで買ったら、玉井さんのカードをもらいました。そういえばHMVは前回も“しおれに”だった気が。。。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

必然の一勝と偶然の一致

ひさびさにホームで勝ちましたね。
 
内容はさておいてとにかく結果だけが求められる試合、何がなんでも勝たなければならない
試合で、しっかり勝ちを収められるようになりましたね。
 
試合内容はJ2最下位争いをするチーム同士とあって、お世辞にも誉められたものでは
なかったけど、自分達の街を代表するチームが一生懸命戦って勝ちをもぎ取る姿は
感動します。
 
終わった瞬間は「やったー!」というよりも、どっと疲れましたが(笑)
 
意外なことに、ここ5試合は2勝2分1敗と上り調子。相変わらず1点しか取れない攻撃陣は
頼りないですが、FWが点を取れるようになってきているし、「1ー0で逃げ切る」という
勝ちパターンができつつあることはチームにとって自信になっているようです。
守備陣にとっては特に。
 
相手の監督のコメントを見ていると、たとえ力が劣っていても迷わず戦ったことが
一番の勝因だったように思えます。
 
できることなら、追加点を取って楽に試合を進められるようになればいいんだけど。。。
 
 
試合とは関係ない話ですが、昨日は東日本大震災で被害を受けた南三陸町の商店街に贈るフラッグに
寄せ書きをしました。
 
僕が大好きなアーティスト(?)のアルバム収録曲の歌詞を書かせてもらったのですが、
全く同じ歌詞を書いているサポーター仲間がいてビックリしました!
 
岐阜の中だけでカブるぐらいだから、きっと他のクラブのフラッグにも同じメッセージが書いてあって、
それを見たわかる人は
 
「こいつらwww」
 
ってなるんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

選手会会長だって引き受けたのにふざけんなよ!

「●●だってしたのにふざけんなよ!」
 
というのが流行語になりそうな気がしている今日この頃です。
「それでも好きだよ」と言えるほど、あたしは優しくありません。
 
アイドル指原莉乃の賞味期限はこれで切れたけど、タレント指原莉乃の可能性は
これをきっかけに広がる気がするので、やはり移籍先はHKTより竜兵会のほうが
よかった気もします。。。
 
さて今週は、
「J's Goal月間MVPインタビュー掲載」「Jリーグ選手会の新会長に就任」など、
“神様”寿人にまつわるニュースを見ることができて、ちょっとうれしい気分だった
 
。。。のですが、
 
こんなニュースも飛び込んできました。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/sanfrecce_hiroshima/?1340114324 
 
何をしたんだろうともう少し調べてみると、どうも
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20120619-969939.html
 
これが引っかかったみたいです。
 
人格者で知られる寿人がこんなことを言うなんて、相当酷いレフェリングだったん
だとは思いますが、発言内容自体については、やはり「相当クレージー」が
まずかったんでしょうね。
 
「誹謗中傷」と見なすには少し大げさな気もしますが、協会がアウトというなら
アウトなんでしょう。
 
問題は発表のタイミング。
1ヶ月以上も前の試合での発言を、Jリーグ選手会の会長に選ばれた直後に
処分するというのは、どうも協会の選手会に対する牽制としか思えないですね。
 
遺恨が残らなければよいですが。


あ、寿人がどんな始末書を書くかってのは、見てみたい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

それ何て11人目のストライカー

土曜日は、セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島を見に、キンチョウスタジアムへ
行っていました。
 
Dsc_3635
 
当日は大雨に見舞われたため、メインスタンドは見事なヒラタ企画
カラーに(笑)
 
結果はみなさんご存知のように4-1で広島の圧勝。
昨年、前半3-0から引っくり返された「長居の悲劇」の雪辱を晴らしたわけですが、
内容はスコアほどの差はなく、GK西川周作の再三にわたるファインセーブが
なければどっちに転んでもおかしくない名勝負でした。
 
そんなスリリングな試合の決勝点を挙げたのは、「神様」寿人。
前半、きんぴらごぼう高萩が倒されて得たPKを外し、その後同点に追いつかれた
ことで嫌ぁ~な雰囲気になったものの、後半にしっかり広島サポーターの前で
勝ち越しゴールを奪うあたり、千両役者です。
 
つか、「クロスバーのど真ん中にシュートを当てる」って、『劇場版名探偵コナン 
11人目のストライカー』で、各チームのエースに犯人が課した超難度の要求
なんですが、それをわざわざ実写で再現してくれるとは(笑)
 
決勝ゴールも、たまたまボールがこぼれてきたように思われがちですが、
自分の体より後ろに転がってきたボールに、とっさの判断で右足を残して当てる
反射神経と技術は簡単にマネできるものじゃないです。
 
インタビュー終了後に1人でゴール裏へやってきて、「悪りぃ」的な感じで手を
合わせる姿に萌え死にそうでした(!)
 
そしてこの大雨の中、最後まで声援を送り続けたサポーターへの感謝を込めて、
選手全員でヘッドスライディングのサービス。
コンディションがよいのはもちろん、選手同士の仲やチーム全体の雰囲気のよさも
伝わってくるシーンでした。
 
いま「一番好きなクラブは?」と聞かれたら、間違いなくサンフレッチェって言っちゃう
だろうなぁ。
 
 
 
 
FC岐阜は好きとか嫌いとかの次元の話じゃないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

やってやれ!

やってやれ!
せっかくの国立なのに平日開催なんてあんまりだと思いながら、2日連続で定時ダッシュして
テレビで見ていました。
 
まぁとりあえず勝敗はおいといて、
何だかんだ言いながら例のストライカー募金が始まってから、洸一→平→樋口とFW陣が立て続けに
点を取れているのは、彼らが危機感を持ってプレーしている表れ。
 
ただ、いかんせん1点ではなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南半球に響く中東の笛

南半球に響く中東の笛
今日のW杯最終予選も、アルベロブルで見ていました。
 
一瞬たりとも気の抜けない息詰まる戦い。
日本刀のような香川の鋭いドリブル、大男たちに負けない長谷部のフィジカル、そして相手の逆をついた
本田の突破からの、栗原!
 
日本とオーストラリアの意地がぶつかった好ゲーム。。。に、なるはずが、FKの直前に試合終了という
プロレスだったらファンがブチ切れて金返せコール大合唱ものの
しょっぱい幕切れでした。
 
W杯予選でこれはないわ。。。
 
確かに、このあとは日本もオーストラリアも中東勢との対戦なので、その前に何人か出場停止にしておけば
イラクとヨルダンに有利だし、何より日本とオーストラリアに勝ち点3を与えないのがいちばんのアシスト。
 
審判は全員サウジアラビア。
 
そう考えると。。。なんて気もしなくはない。
 
吉田は復帰するだろうし、内田の穴は酒井が頑張るとして、問題は今野の代役やね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

城攻め戦記 ~備中松山城~

なぜかこのタイミングでお城の話です。
 
ゴールデンウィークに、岡山県高梁市にある備中松山城を攻めてきました。
「松山城」といえば愛媛県の松山城が有名ですが、こちら岡山県の松山城も
江戸時代の建築がそのまま残る「現存天守」で、しかも現存十二天守の中で
最も高い標高430mにあります。
明治時代に発令された廃城令により取り壊されるはずでしたが、高地にあるため
わざわざ壊しに行くのが面倒で取り壊しを免れた城です。
 
「日本三大山城」のひとつに数えられ、ふもとからは、途中の城見橋公園駐車場
までは自家用車で上がれますが、そこからさらに途中のふいご峠まではシャトルバス、
さらにそこから20分ほど歩いて本丸にたどり着きます。
 
もちろん時間と体力のある人はふもとから歩いて登って、城攻め気分を楽しむもよし。
 

Bm001
 
登山中はこんな素敵な景色に出会えます。
 

Bm002
 
上に行くにつれ、石垣などの遺構があらわれてきます。
 

Bm003
 
急峻な斜面を利用しているので、石垣も迫力がありますね。
 
そして本丸に辿り着くと、待望の天守閣が。

Bm005
 
奥の2階建ての建物が備中松山城天守。
姫路城や熊本城しか知らない人には物足りないかもしれませんが、
多くの天守が3階以上なのに対して異彩を放っていて、味があります。
 
備中松山藩は6万石ぐらいだったので、全国に数多存在した同程度以下の
石高の城は、実はこんな感じの天守だったのかもしれません。
 
この日はちょうど「たかはしお城まつり」が開催されていて、甲冑の着付体験
ができました。
 
そんなわけで早速。

Bm008
 
この写真のツッコミどころは、
 
なぜ足元がヒュンメルw
 
。。。ではなく、
 
なぜ新選組?
 
ですよね。
 
実はここ備中松山藩は、谷三十郎をはじめ多くの新選組隊士を輩出しているのです。
そんな縁で結成された「岡山新選組」のみなさんと。
 
ちなみにこの兜の前立ては、この地で命を落とした「ミスター七難八苦」(?)
山中鹿之助幸盛をイメージしたものだそうです。
 
 
 
なお、ここから岡山市へ行く通り道に、豊臣秀吉の水攻めで有名な備中高松城の
城跡もあるのですが、
 

Bm006
 
こちらはただの公園になっていました(・ω・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

革命は、めったにおきねーから、革命だろーがー

昨日は愛媛戦でした。
愛媛戦といえば、毎回両チームともミスが多く、たいして見どころのない
凡戦になることが多いことから、今回も心配してたんですが、
やはり凡戦は凡戦でした。
 
試合に入りきれないうちに、エリア内でよくわからないファウルを犯して
あげなくてもいい先制点を与えてしまったことは猛省してください。
見てるほうも萎えます。
 
その後、アフリカ帰りの廣田を投入してバランスがよくなり、ジョーカー的
存在の中島を入れたことでグッと流れを引き寄せて同点に追いつくことは
できましたが、昨日は勝てる試合、いや、勝つべき試合でした。
 
中島のダイビングヘッドは決まったと思ったんだけどなぁ。。。
 
彼のプレーは、(途中出場で体力充分ということもあるけど)常に全力。
全力で走り、全力で跳ぶ。
そんなももいろクローバーZのようなパフォーマンスを見ていると、
「何かしてくれるんじゃないか!?」と、ワクワクしますね。
ボールを持つだけでサポーターをワクワクさせる才能を持った選手は、
Jリーガー多しといえどなかなかいません。
だんだんゴールに近づいている感じなので、早く1点を決めてほしいです。
 
さてさて、最下位に沈むFC岐阜に“革命”を起こすべく、
「革命的過激派サポーター同盟」を名乗るテロリストが最近メモリアルに
出没しているようです。
 
この日も、

Dsc_3626
 
警察組織の内部崩壊を目論んだり、
 

Dsc_3627
 
敵のマスコットを革命同志に巻き込もうとしたり、
 
やりたい放題やってましたが、
 

595342892
 
最後はカエルに粛清されました。
 
つか、バイクに乗ってる写真は、過激派というより暴●族やね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

こんなのオレの知っている最終予選じゃない

こんなのオレの知っている最終予選じゃない
こんなのオレの知っている最終予選じゃない
昨日の日本vsヨルダンは、ヒラタ企画社員食堂(!)こと、イタリア料理アルベロブルさんで観戦していました。
 
代表戦PVのある時は、写真の「勝つんです!プレート」が登場。
本格的なイタリア料理がアルコールもOKの1ドリンクつきで1,000円。
さらにサッカー好き達との熱い観戦で盛り上がれば、値段以上の価値が!
 
特に昨日はすばらしかった!
これまで代表戦にはそんなに興味のなかったあたしですが、最近の代表は強いし面白いので好きです。

やはり、代表チームがその国で一番いいサッカーを見せてくれないと。
 
 

そんなわけで、先制点サービスのピザもいただいてご満悦のマエダさん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

言い得て妙

言い得て妙
昨日は総選挙、今日はガンダムUC、明日は代表戦と、何かしら楽しみがあれば
クソみたいな日常も乗りきれます。
さぁ、あと1日だ!
 
史上最大の茶番劇・AKB総選挙は金をかけずにどれだけ楽しむのかが大事。
茶番を茶番と受けとめて全力で楽しむのはプロレスに通じるものがあります。

指ヲタですら眉をひそめたフジテレビの指原フィーチャーはやりすぎでしたが、
いつの間にか指原チャントを作っていたトリニータサポと、
いつの間にかチェックのスカートを用意していたニータンの適応力に爆笑しました。
 
やはり予定調和は壊してなんぼ。
 
ただ、「指原でも4位になれるんだから自分もがんばろう」というのは本質をついてるなぁと思いました。
 
指原でも4位になれるんだから、FC岐阜も最下位脱出できるはず!
がんばろう\(^o^)/
 
あたしも、もう絶対に「FC岐阜つまんねー」なんて言いません!
 
 
 
 
。。。なるべく言いません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

ひらこバカ一代

ひらこバカ一代
ひらこバカ一代
先週の土曜日のこと。
FC岐阜主催の5人制サッカーに参加し、残念ながらウチのチームは1つも勝てなかったのですが
自分は3点取ったのでご機嫌で車を走らせて金沢に行ってました。
 
この日はちょうど百万石まつりのメインイベント「踊り流し」があったのです。
 
金沢で一番の大通りを歩行者天国にして、みんなで踊り歩く「踊り流し」に、ツエーゲンサポから
誘われたので一緒に踊ってきました。
実は初参加。
 
そもそも4年も住んでいて百万石まつり自体に参加したこともなかったんですが!
 
いま思うともったいないことをしてたなぁ(笑)
 
初参加なので、当然振り付けなんてわかるはずもなく、見よう見真似で踊っていたのですが、
振りをおぼえていくにつれだんだん気持ちも高まってきて、一晩中でも踊っていられるくらい
楽しめました!
 
踊るおバカに見るおバカ、同じバカなら踊らにゃ。。。 というやつですね。
 
しかもツエーゲンチーム、「たのしかったで賞」を受賞! かなりすごいことだったらしいです。
クラブのPRにもなったと思います。
 
岐阜にもこういった参加型の祭があると、宣伝しながらみんなで楽しめるのに。
 
 
「フクアリの奇跡」の影でこんなことやってましたよというお話。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »