« 「それでも好きだよ」なんて言えるほど優しい人間じゃないんだよあたしは | トップページ | 屈辱のストライカー募金 »

2012年5月20日 (日)

光陰矢のごとし  。。。三本の!

光陰矢のごとし  。。。三本の!
光陰矢のごとし  。。。三本の!
気づけばもう5月も終盤ですね。
 
ようやく仕事(副業のほう)が片づきまして、少しホッとしているヒラタ企画でございます。
このあと、うちわの原稿を描かないといけないんですが、気持ち的には少し余裕ができて
 
あ、うちわにご協力いただいた皆様、ありがとうございますm(_ _)m
 
さてさて、この5月は何をしていたかというと、
 
水戸戦はうちわの協力をお願いすることで頭がいっぱいで、そもそも点が入ってないから
試合のことはほとんど覚えてないんだけど、アウェイにもかかわらず試合後の出待ちに現れた
水戸の選手のファンサービスがものすごくしっかりしてたのに感心したり、
 
岡山行くついでにビッグアーチまで足を伸ばして神様の練習を見て動きを勉強したり、
 
あ、勉強といっても学んだのはプレーではなくシュートを外した時の手の叩き方だったり
味方がいいプレーをした時の親指の上げ方だったりなんですが!
 
そこに絶対にいるわけがないと思ってた知り合いの熊サポさんとバッタリ会って
紺屋→Vポの鉄板コースを満喫したり、
 
Vポではなぜかチバちゃんのサインが当たってしまったり、
 
フラワーフェスティバルで歩行者天国になっていた平和大通りのド真ん中で路チューしてる
リア充に出くわしたり、
 
備中松山城でバサラのコスプレ(ようするに甲冑の体験)をしてなぜか新選組と記念撮影したり、
(この話はまた後日)
 
カンスタで9500人の大観衆を黙らせる会心の勝利でアウェイの醍醐味を堪能したり、
 
ヤマスタに磐田vs鹿島を見に行ってJ1様の恐ろしさにガクブルしたり、
そう言えば去年から、僕が見た試合では必ず前田が点取ってますね。
 
山形戦は前述の“仕事”がラストスパートだったのでよく覚えてなかったり、
 
あぁ、こうして振り返ってみると何だかんだ人生楽しんでるじゃないか。
 
ただ、一番印象に残っているのはやっぱり松本戦です。
それも、攻めながら1点も取れず不甲斐なく負けた試合そのものではなく、
松本サポの応援が。
わかってはいたけど改めて目の当たりにした時の衝撃はでかかったです。
 
松本のスネアさんとはちょっとした知り合いでして、地決以来だから2年半ぶりぐらいに
ちゃんと音を聞いたのですが、さらに凄みを増していました。
ただただ圧倒されるばかりでした。
 
ほんとね。
あれだけのものを見せられたら疼いちゃうでしょうが。
 
それにしても、こう点が取れずに負けてばっかりだと、革命的過激派サポーター同盟のあの人たちが
何を始めるやら。。。

|

« 「それでも好きだよ」なんて言えるほど優しい人間じゃないんだよあたしは | トップページ | 屈辱のストライカー募金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/45339898

この記事へのトラックバック一覧です: 光陰矢のごとし  。。。三本の!:

« 「それでも好きだよ」なんて言えるほど優しい人間じゃないんだよあたしは | トップページ | 屈辱のストライカー募金 »