« 言い訳といえば言い訳 | トップページ | 日本の歌手はやたら「翼を広げ」たがる »

2012年4月 9日 (月)

神と凡人

I

僕がリスペクトしてやまないサンフレッチェ広島の佐藤寿人選手が、
史上10人目のJ1通算100ゴールを達成しました。
同時に史上4人目のJ1・J2通算150ゴールも記録。
達成時にはチームメイトがこんな↑人文字で祝福しました(笑)
 
身長170cmという小柄な体格ながら、かけ引きのうまさと一瞬のスピードで
大柄なDFを出し抜いて、卓越したシュート技術でゴールを量産する姿は
痛快そのもの。
この身長では異例といえる1トップも、徹底的な筋力アップでDFに当たり負けない
体を作って見事に勤め上げています。
 
プレーだけでなく、人間的にも非常に優れた選手です。
J2降格が決まった直後には真っ先にサポーターへチーム残留を表明し、
主力の流出を阻止。
キャプテンを任されてからは積極的に若手に話しかけるなどチームの明るい
雰囲気づくりに貢献し、チームが大赤字となれば年俸ダウンも甘んじて受け入れる。
チーム・クラブのためだけでなく、サポーター、ひいては広島の町全体のことまで
配慮した言動など、 僕が思うプロ選手の理想の姿がそこにあります。
 
僕が会った広島サポの方が、口々に「寿人は神」というのも納得です。
 
 
さて、そんな偉大な記録が生まれた翌日に行なわれたFC岐阜vs京都サンガ。
 
現地にいたときはよくわかりませんでしたが、今日テレビで見てみると一度
防いだボールが相手選手の正面にこぼれていて、不運な失点といえば
不運な失点だったと思います。
勝てる気は全くしなかったけれど引き分けにはじゅうぶん持ち込めた試合
だったし、守備陣の奮闘ぶりには目を見張るものがありました。
村上がよかったですね。大当たりもしなければ大崩れもしない堅実さは、
本人の人柄ともかぶるところがあります。
4点取っても勝てなかった試合は明らかにディフェンスの責任ですが、
1失点で負けた試合で守備陣を責めるのはお門違い。
明らかに点を取れなかった攻撃陣の責任です。
 
平。決定力以外は申し分ないから、今すぐシュート練習を始めなさい。
廣田&地主。いまは経験を積むときだと思います。チームメイトとも話して
いろいろ試行錯誤しなさい。
樋口。はっきり言って今のままではJ2でも通用しません。可能性は大いに
感じるので、自己分析をして通用することと通用しないことを見極め、
通用する武器を徹底して磨きなさい。
 
サポーターを喜ばせる一番の方法は勝利。そのために必要なのはゴール。
文句があるなら、よそのフォワードにかまけている僕を驚かせるくらいのゴールを
見せてみろってもんです。
 
 
で、また話は変わるんですが、試合の感じ方というのはひとそれぞれです。
昨日の試合でも、京都相手に惜しかったという見方もあれば、4連敗(しかも
3戦無得点)でどうするんだという見方もあってしかるべきです。
だから、拍手とブーイング両方の反応があっていいと思ってます。
 
もっとも、ブーイングをするからには当人もそれ相応のサポートをした上で、
という条件付きですが。
やることもやってないのに、ちょっと服部がブーイングしていいと言ったからって、
調子に乗ってやたらブーイングするのは、「サポーター」を名乗る者としては
恥ずかしい行為だと思いますよ。
 
話が逸れました。
ただ、自分の意見を強要したり、意見が違うからといって否定するのは
間違っています。それを力づくで押し通そうとすることも。
みんなFC岐阜に勝ってほしいという同じを気持ちをもって応援しているはず。
でも、同じ試合を見ても、その受け止め方と
「どうすれば選手にとって、クラブにとってプラスになるか」考えた結果の
表現方法は人それぞれで当たり前。
 
応援する気持ちはいっしょなのに、ちょっとしたことでいがみ合っていっしょに
応援できなくなるとか、寂しいじゃない?
 
他のサポーターのためとかちびっ子のためとかじゃなしに、自分のためにも、
グッとこらえることも大事だよ。

|

« 言い訳といえば言い訳 | トップページ | 日本の歌手はやたら「翼を広げ」たがる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/44819745

この記事へのトラックバック一覧です: 神と凡人:

« 言い訳といえば言い訳 | トップページ | 日本の歌手はやたら「翼を広げ」たがる »