« 濃密な17時間 | トップページ | 注文の厳しい出入業者 »

2012年4月 2日 (月)

スライディング土下座でも足りないくらいの感謝

土曜日のF東vs広島戦では、フクアリの有名なソーセージ店「喜作」さんが
出店していました。
何でも、前回出店したときはあまりの瓦斯サポの多さに店員のオペレーションが
追いつかず完売できなかったため、今回スタッフもソーセージも増量してリベンジに
挑んだという喜作さん。ソーセージの量は何と800kgだったとか。
 
瓦斯サポがタッパー持参で並ぶという超人気店。
噂は聞いていたので、多少なら並んで待とうと思ったものの、現地に着いたら
こんな感じ。
 
Dsc005
 
奥の青と緑のテントが店。
そこから延々と続く大行列。
さすがにこれに並んだら試合は見られないので、焼きそばにしました(笑)
そしたら、焼きそばの列に並んでいた瓦斯サポさん(初対面)が、やはりタッパー
に入った大量のソーセージから分けてくださいました!
普段は岐阜サポだと言ったら「じゃあその着ているもの(紫の11番)は何だ」
と言われましたがね(^_^;)
評判に違わずおいしかったです。ありがとうございました。
 
そこから吉本のことを中心にいろいろと話ができて楽しかったです。
 
“あのチーム”と“あのチーム”のイメージで、「関東のサポーター=感じ悪い人が多い」
というイメージが強いのですが、瓦斯サポさんはそんなことないようです(笑)
いや、もともとそういう人はどこも少数派なんでしょうけど、たまたま出会った1人の
印象でサポーター全体のイメージを植えつけてしまうから、気をつけないといけませんね。
 
優しくしていただいたうえに寿人のゴールまで見せていただいて、何だか申し訳ないです。
ほんとにありがとうございましたm(_ _)m
 
それにしてもソーセージは本当に美味しかったなぁ。
今年は行けないので、来年は何とか都合をつけてフクアリに行きたくなりました。
 
タッパー持って(笑)
 
そんなわけで千葉さん、今年も留年してください。
 
てへぺろ

|

« 濃密な17時間 | トップページ | 注文の厳しい出入業者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/44719006

この記事へのトラックバック一覧です: スライディング土下座でも足りないくらいの感謝:

« 濃密な17時間 | トップページ | 注文の厳しい出入業者 »