« スライディング土下座でも足りないくらいの感謝 | トップページ | 寝落ちして更新できなかったブログ① »

2012年4月 3日 (火)

注文の厳しい出入業者

また勝てなかったFC岐阜。
用事があったので試合は見られず、携帯でチェックするのみだったので、
スコア経過を見る度に「ダメだこりゃ」と力が抜けてしまったのですが、
 
どうもスコアほどひどい内容ではなかったそうですね。
 
確かに、後半開始直後の連続失点という絶対にやってはいけないミスを
犯してしまっては、
取れる勝ち点も逃して当然ですが、少なくともゴール前まではボールを運べているみたい
なので、あとは最後のところなんでしょうね。
 
それがいちばん難しいのは何年も見てきてよくわかっているのですが、ストライカー好きとして
あえて言いたい。
 
フォワードしっかりしろ!
6試合で3点は寂しすぎるぞ!
 
サッカーは点を取ってなんぼのスポーツ。
たとえ負けても点が入っていれば、見にきたお客さんはある程度満足するもんです。
が、はっきり言って今の岐阜のフォワード陣、点を取る気配を感じられないから
全然怖くないです。
 
そりゃ比較対象が現役で日本ナンバー2(サカマガ調べ)のFWですから(笑)、
もちろん見る目は厳しいです。
が、岐阜のようなチームでは決定機の数だってたかが知れています。
数少ないチャンスを確実に決める決定力をもっと磨いてほしい。
でないと本当に厳しくなるから。
 
どのチームにも、「この人が点を取ると選手もサポーターも俄然盛り上がる」って
選手がいますよね?
 
柏だったら北嶋とか、セレッソだったら播戸とか、神戸だったら大久保とか、
広島ならもちろん寿人とかね。
 
岐阜ならば。。。やっぱり洸一だと思うんですよ。
樋口が化ける可能性もあるけど。
次のホーム京都戦では魅せてほしいなぁ。

|

« スライディング土下座でも足りないくらいの感謝 | トップページ | 寝落ちして更新できなかったブログ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/44741764

この記事へのトラックバック一覧です: 注文の厳しい出入業者:

« スライディング土下座でも足りないくらいの感謝 | トップページ | 寝落ちして更新できなかったブログ① »