« 風は吹いている | トップページ | 期待と博打は紙一重 »

2012年3月11日 (日)

2011最終戦

昨年のJ2最終節、京都と西京極で戦ったあの試合。
僕は知り合いの京都サポの方とバックで見てたので、
試合終了直後にゴール裏で起こってたことは全く知らなかったんです。
 
家に帰ってから、正吾さんが戦力外通告を受けたことを知り、公式HPの
フォトギャラリーを見た時は、自分だけ置き去りにされた気分でした。
 
まぁバックで見てた自分の責任なんですが。
 
正直言って、正吾さんが退団した本当の理由は今でもわからないし、巷で
言われているお金の問題というのもそうなのかもしれません。
ただ主観ですが、たとえ評価に見合う金額を出せないとしても、4年間クラブに貢献
してきた選手、クソみたいな内容と成績だったシーズンの中でも得点とアシストという
「結果」を残した選手に対して、ここまでのクラブの扱いはあまりにも誠意を欠いている
としか思えません。
JFLの公式HPでも佐川のHPでも本人のブログでも公表されているのに、いまだに
岐阜のHPで何の発表もされてないわけですし。
↑と思ったら、今日発表があったみたいですね。何て帳尻合わせ的な(^_^;)
 
かといって昨年のことをグダグダ言ってても始まりません(根には持っているけど)。
今日は、JFLの開幕戦、SAGAWA SHIGA FC と HOYO AC エランの試合を滋賀県
守山市まで観に行っていました。
 
Shima001
 
このカテゴリーにいる選手でないことは百も承知ですが、こうして岐阜から
気楽に見に行けるところでプレーする姿を見られるのはうれしい限りです。

が、まさかのベンチスタート。
てっきりスタメンは間違いないと思ってたので、控え組でボールを回している
姿を見てがっかりしました。
佐川は選手の入替がほとんどないみたいだったので、連携を重視したという
ことでしょう。ベンチにも入ってなかった59さんのことを思えば、出場する可能性は
あるので。
 
しかし、その瞬間は思ったよりもめちゃくちゃ早く訪れました。
試合開始から10分もたたないうちに中盤の選手にアクシデントが発生したようで、
アップもままならないまま正吾さんが交代出場することに。
 
岐阜時代と同じ14番、同じミズノの白いスパイクで、嶋田正吾スクランブル発進です。

Shima002
 
ちょっぴりファンタスティックな佐川の“小さな巨人”嶋田正吾。
 
チームに合流して1ヶ月ちょっとなので、周囲と連携が合わずなかなかパスが
出てきませんでしたが、スペースへ走りこむ動きは相変わらず鋭かったです。
スルーパスに反応して裏へ抜け出すチャンスが何度かありましたが、
残念ながら得点を挙げることはできませんでした。
それでも、右サイドを駆け上がった正吾さんからの折り返しが相手のファウルを
誘いPKを獲得。これが決勝点となって佐川が逆転勝利を果たしました。
 
正吾さんが真価を発揮するのはまだまだこれから。
とりあえずは、元気に走る姿を見られたのでうれしかったです。
 
帰宅してから、このあいだFC岐阜の試合会場で買った京都戦の写真を見たけど、
佐川のユニフォーム姿を見たあとのせいか、何だかすごく昔のことのように
思えました。
正吾さんが岐阜に来てくれたこと、そして4年間すばらしいプレーを見せ続けて
くれたことに、本当に感謝しています。
 
僕も前を向いてがんばらんとね。
 
 
 
。。。ん?
岐阜は負けたのか。
0-3で。
 
 
あちゃ

|

« 風は吹いている | トップページ | 期待と博打は紙一重 »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/44457575

この記事へのトラックバック一覧です: 2011最終戦:

« 風は吹いている | トップページ | 期待と博打は紙一重 »