« ネットショッピングの恐ろしさ | トップページ | FC岐阜ホームゲームのお知らせ »

2011年11月 3日 (木)

【HIROSHIMA】鞆の浦

Tmn001
 
広島から帰る途中、鞆(とも)の浦に寄り道してきました。
福山市から車で約30分のところにある港町。
江戸時代の面影が色濃く残る、漁村マニアにはたまらない街でした。
 
Tmn002
 
Tmn003
 
宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』の構想を練るために滞在したことで
脚光を浴び、また、『龍馬伝』をきっかけに坂本龍馬ゆかりの地としても
クローズアップされるようになったので、小さな港町が観光客でごった返して
いました。道路も上の写真のように非常に狭いため、自動車での移動は
いたって不便です。手前の駐車場に車を置いて、徒歩での移動をおすすめ
します。大きい街ではないので、徒歩でもじゅうぶん観光できます。
 
この鞆の浦、ちょっとしたブームになっているようで、若いカップルから家族連れ、
老夫婦など幅広い観光客が来ていましたが、まさかコイツ等までいるとは
思いませんでした。

Tmn004
 
なぜ。。。
 
 

Tmn006
とまあミカン星人どもはさておき(笑)、
ここで行っておきたいのが、福禅寺。
この本堂に隣接する「対潮楼」からの眺めがとてもすばらしいです。
 
Tmn007
来日した朝鮮通信史が、「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地)」と
絶賛した景色を、ほぼ当時のままに眺めることができます。
ここのほかにも絶景ポイントはたくさんあります。
 
先ほど「坂本龍馬ゆかりの地」と紹介しましたが、海援隊所有の「いろは丸」と
紀州藩の軍艦が衝突した事件で、示談交渉の場として選ばれたのが、ここ
鞆の浦でした。
Tmn005
龍馬は、この「枡屋清右衛門宅」に滞在して紀州藩との交渉に臨み、
当時徳川御三家として権勢を振るっていた紀州藩から賠償金を得る
ことに成功しました。
すでに幕府から目をつけられていた龍馬は、この屋敷の2階にある
隠し部屋を利用していたそうです。
 
Tmn008
実際の1/3スケールで復元された「いろは丸」は、鞆の浦と仙酔島を
往復する連絡船として活躍しています。
 
 
風光明媚な瀬戸内の町で食べるなら、もちろん海の幸!

Tmn009
 
仙酔島の眺めが最高な「活魚料理・鯛めし 千とせ」でランチ。
このあたりは特に鯛がおいしいということで、鯛めしに刺身に天ぷらと、
鯛をふんだんに使った「せとうち会席(鯛めし付)」をいただきました。
 
きれいな海と郷愁ただよう街の風景、そしておいしい食べ物(これ大事)。
全くのノープランでふらっと寄った街が、こんなにも気に入るとは思いませんでした。
 
広島県はまだまだ奥が深いです。

|

« ネットショッピングの恐ろしさ | トップページ | FC岐阜ホームゲームのお知らせ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/42835857

この記事へのトラックバック一覧です: 【HIROSHIMA】鞆の浦:

« ネットショッピングの恐ろしさ | トップページ | FC岐阜ホームゲームのお知らせ »