« この胸に残された悲しきデジャブ | トップページ | 黄昏のひがし茶屋街 »

2011年10月25日 (火)

近江町海鮮丼家 ひら井

千里浜なぎさドライブウェイの記事で、最後にちゃんと伏線を張っておいたのに、
全然関係ない記事につなげてしまいました。
 
本来はここへつなげるはずだったので、この記事を読まれる前に こちら を読んで
いただくと、さらにお楽しみいただけるかと思います。
 
このあいだ金沢へ行った時、友人が「海の幸を食べたい」と言ったので、近江町
市場の海鮮丼をチョイスしました。
 
最近でこそ、金沢=近江町市場の海鮮丼 というイメージが定着していますが、
僕が住んでいたころはまだそこまで確固としたイメージが無かったし、何より
「観光客と同じところには行きたくない」という変な意地があったので、海鮮丼を
食べたことは一度も無かったんです。
 
“離れて初めてわかる金沢の良さ”とでも言いましょうか、ようやく初体験です。
行ったお店は、近江町いちば館2階の「近江町海鮮丼家 ひら井」。
高級感ある店のつくりにちょっと緊張しますが、平日の昼間というのにお客さんは
大勢いて、期待は高まります。
 
海鮮丼の前に、ぜひ加賀料理も楽しんでいただきたいところ。
 

Ksd001
金時草(きんじそう)は、独特の香りに好みが分かれそうですが、酢の物に
するとぬめりのある食感も楽しめます。
ここでは太きゅうりも添えられていて、こちらは大根のようなコリコリ感が
酢によく合います。
 

Ksd002
加賀野菜の天ぷらもぜひ。
揚げたてのサクサク感を堪能するために、味つけは抹茶塩がおすすめ。
 
そしてメインの海鮮丼の登場です。

Ksd003
 
このボリューム感! 何と14種類ものネタが乗った豪華な海鮮丼、
近江町海鮮丼(\2,200)。
どのネタも間違いなくおいしかったのですが、悲しいかな魚介類の知識が
乏しく、どの魚かわからないものもチラホラ(笑)
苦手なイクラも生臭さが全く無かったので普通に食べられました。
海藻の味噌汁も磯の香りたっぷりで、漁港で食べている気分に浸れます。
 
味つけの醤油は丼に直接かけるのではなく小皿に注いでおき、
そこにネタをつけたあとでご飯と一緒に食べるのが金沢流。
 
 
あまりに鉄板すぎるものを薦めるのは気が引けますが、金沢へ行ったら
まず海鮮丼は食べておくべきですね。

|

« この胸に残された悲しきデジャブ | トップページ | 黄昏のひがし茶屋街 »

金沢観光大使(自称)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/42679373

この記事へのトラックバック一覧です: 近江町海鮮丼家 ひら井:

« この胸に残された悲しきデジャブ | トップページ | 黄昏のひがし茶屋街 »