« ひらこの今あなたに聴かせたい | トップページ | 城攻め戦記~会津若松城~ »

2011年9月 1日 (木)

会津戦争 ~戦闘1日目③~

さぁさぁ、会津旅行初日の晩ごはんです。
『野口英世青春通り』(確か3年前に行ったときも通った道です)沿いの
ホテルを予約したので、そこから近くて郷土料理を食べられる店を
ホテルの方に聞きました。
 
旅行先でどの店で食べるかは、事前に調べないで基本的に地元の人に
聞くようにしています。
そのほうが意外な発見があったりしておもしろいです。
 
今回は、会津は馬刺しが有名だと聞いたので、その専門店『鶴我』さんに
行きました。
 
Din003
 
最初のお通しが、大きな器に小ぎれいに盛られていて驚きました。
会津料理というのは、歴代会津藩主が京都所司代を勤めていた関係で
京料理の影響を受けているそうです。
 
左端にお酒が見切れてますね(笑)
ふだんはほとんど酒を飲みませんが、東北へ行ったなら日本酒は外せないでしょう。
これは、『飛露喜』(ひろき)という希少な銘柄だそうで、お店の方でも抽選でしか
手に入らないものでした。
 
甘さと辛さが同居して、すごく濃いながらも飲みやすい。。。 というか要するに
旨いんだよ! 飲めばわかるよ!(爆) とコメントもやっつけになるぐらい
おいしかったです。
 
やはり、地元の食べ物に一番合うのは地元のお酒です(=´Д`=)
 
Din002
 
会津は地鶏も有名だそうなので、ササミのサラダ。
他にも、写真はありませんがササミとモモの串焼きを頼みました。
焼くならやっぱりモモです。
 
Din001
 
お品書きに「会津豆腐」と書いてあったので、気になって頼みました。
上に乗せる具が日によって違うらしく、この日はタイミングよく
ネギでした。ネギ大好きなんです。
豆腐もさることながら、これは醤油が味わい深くてめちゃくちゃ
おいしかったのです。生涯で一番といってもいいぐらいに。
 
お店の女将に聞いたところ、大将が研究に研究を重ねて辿り着いた
ブレンドで、会津と豊後(大分県)の醤油が組み合わされているそうです。
これはすごかったです。
お土産に買って帰ることができないわけですから、よけいにありがたみを
感じますね。
 
さぁ、いよいよメインの馬刺し!
 
Din004
 
ヒレ・タン・タテガミの3種盛り。
色がめちゃくちゃキレイですよね。あっさりしていて、それでいて口の
中でとろけました。
 
これはこれでおいしかったはずなのですが、申し訳ないことにあまり印象に
残っていません。というのも、この馬刺し以上に感動したメニューが、

Din005
 
カルビ!
 
馬のカルビです。牛に比べると赤身と脂身がくっきり分かれているので、
ちょっと硬いんじゃないか思いがちですが、そんなことは全くありません。
肉の柔らかさと脂ぐあいがパーフェクト!
甘口のつけダレとの相性もすばらしかったです。
 
知ってたら最初からカルビばっかり頼みたかったです(^_^;)
 
非常に、満足度の高いお食事をいただきました。
酒と食べ物が美味しいと、町全体の印象がとてもよくなりますね♪
実は各都道府県を勝手に5段階評価しているのですが、このディナーが
決定打となって、福島県の査定が「4」になりました。
僕が「5」をつけているのは北海道だけなので、これはすごいことなんです。
伝わらんと思うけど。
 
会津“戦争”と言っているくせに、完全に懐柔されました。
 
そんなんじゃいかん! ということで、翌日はついに“あの場所”へ突撃です!
 
 
トゥービーコンティニュード!!

|

« ひらこの今あなたに聴かせたい | トップページ | 城攻め戦記~会津若松城~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/41440996

この記事へのトラックバック一覧です: 会津戦争 ~戦闘1日目③~:

« ひらこの今あなたに聴かせたい | トップページ | 城攻め戦記~会津若松城~ »