« 67% | トップページ | 奪うでも与えるでもなくて 気がつけばそこにあるもの »

2011年8月21日 (日)

会津戦争 ~戦闘1日目①~

前にも少し書きましたが、お盆休みを利用して会津に行っていました。
千葉戦から帰って仮眠し、夜中に出発。
東海北陸道から北陸道、磐越道を通って会津若松ICまで7時間ぐらいでした。
休憩しながらだったので疲れませんでしたよ。
 
まず向かったのは、南会津の宿場町・大内宿。
下野街道とか会津西街道とか呼ばれていた街道沿いの宿場町で、茅葺き屋根の
家々が軒を連ねる歴史的街並みが有名な観光地です。
 
Ouj001
 
最近、テレビの旅番組でもよく取り上げられており、注目が集まっているそうです。
例年だと、観光シーズンは駐車場に車が入りきらず、道路にあふれて大渋滞が
起きるほど人でごった返すそうなのですが、今年は震災の影響でしょうか、
スムーズに駐車場に入ることができました。
この数日前にも福島県内で震度5クラスの余震が起きていたので、正直観光客は
そんなに多くないだろうという読みをしてたんですけどね。
 
実際に街道を歩いてみると、土産物屋と飲食店しかなくてがっかりしました。
あまりにも観光地然としているというか、いかにも最近整備しました感がありありと
伝わってくるというか。いやもちろん、継続的に整備しなければ維持もできませんが、
もう少しうまくやれよと思ってしまいました。
 
比べるものではないのかもしれませんが、個人的には妻籠宿のほうが好きです。
 
Ouj002
 
こちらの「下郷町町並み展示館」は、大名などが宿泊した本陣を復元した資料館。
東北ですが周りを山に囲まれたこの街は思った以上に暑いので、こういう建物は
助かります。冷房が無くても日本家屋は涼しいんです。
 
お昼時に合わせて行ったので、ここからランチタイム。
ここ大内宿は、「高遠そば」が有名とのこと。
なぜ長野県の高遠なのかというと、高遠藩で育った会津藩主が持ち込んだそうです。
小諸でそばを栽培した仙石家が転封先の出石でもそばを広めたのと同じですね。
その高遠そば、何とネギを箸がわりにして食べるのがここでの食べ方なのですが、
同行した母親がそれを拒否した(笑)ので、「ねぎそば」の無い店に行きました。
ねぎそばで一番有名なお店は大行列だったので、それもやむなしですね。
 
行ったのは「分家 玉屋」というお店。
天井が高くて開放的な雰囲気でした。
いきなり、サービスのお漬物が出てきました。
 
Ouj003
 
手前は、そばの付け合せのそばがきを挙げたもの。
漬物は薄味で甘味のある味でした。
後から聞いたところ、「三五八漬け」という地元の名物でした。

そばはこんな感じ。
 
Ouj006
 
ツルツルでコシも強く、のどごしのよい食感でした。
焼き物の皿で出てくるのが、うちらからしたら珍しいですよね。
 
で、この店の名物が、鶏せいろ。
 
Ouj004
 
この山盛りネギのシャキシャキ感が絶妙でした。
やわらかめのご飯がおこわみたいでした。もち米なんですかね?
どうなんでしょう。
 
そして、旅先でいつも気にしているのが味噌汁。
土地柄が一番出ますからね。
白い味噌というのは想像ができたんですが、具が大根だらけというのは
正直ビビりました。1cm角ぐらいの大根がゴロゴロ入ってたんです。
 
その料理も、味つけはうすめでした。
田舎の料理は濃い味というイメージがあるのですが、そのイメージも地方に
よっては違うんでしょうかね?
 
思ったより早くここでの予定が終了してしまったので、お店の方に近場の
おすすめ観光スポットを聞き、寄り道することにしました。
 
②に続く!

|

« 67% | トップページ | 奪うでも与えるでもなくて 気がつけばそこにあるもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/41302159

この記事へのトラックバック一覧です: 会津戦争 ~戦闘1日目①~:

« 67% | トップページ | 奪うでも与えるでもなくて 気がつけばそこにあるもの »