« どっちもどっち | トップページ | 論争に決着 »

2011年6月20日 (月)

城攻め戦記 ~岩村城址~

もう1ヶ月ぐらい前ですが(^_^;)、岩村城へ行ってきました。
「日本三大山城」に挙げられ、女城主の話でも有名な城です。
甲斐の武田軍が織田信長を攻めた時に落城させた城で、信玄死後
信長が奪回したことから戦略上重要な拠点だったようです。
現在では、櫓などの建物はほとんど残っていません。
 
昔はどうだったか知りませんが、今はものすごく行きづらい場所なんです
よね。中央道恵那ICを下りてから、一般道で30分ぐらい走ったでしょうか?
これまでなかなか気が向かず、百名城のひとつにも関わらずほったら
かしていました。
 
ちょうどお昼頃に城下へ到着したので、そのまま昼ごはんを食べました。

Iwm001
 
古い町並みの中にある「蕎麦屋 ゆい」さんにて。
かれこれ1ヶ月以上前のことなので、細かい味は忘れてしまいましたが(!)
つゆは割と甘口だったような気がします。
もちろん、記事にするということは美味しかったということですよ。
「勝川家」という、一般公開している古民家の奥にあるお店でした。
 
ちなみにここ岩村町には、家の玄関にその家の奥さんの名前の入った
青いのれんをかける習慣があります。

Iwm002
こんな感じで。のれんの中の白い部分に「和子」とか書いてあるわけです。
この地を治めていた女城主にちなんで、女性を尊重するようになったそうです。
 
余談ですが、この古い町並みの通り沿いに建っていた銀行にものれんが
かかっており、
Iwm003
 
近くで見てみると、
Iwm004
 
。。。ありがとうございました。
 
 
あ、岩村町は「カステラ」が美味しいそうです。
後から聞いたので買えませんでしたが。
 
そんなこんなで城下の散策を切り上げ、お城へ向かいます。
岩村城は、城山の部分と、ふもとの藩主邸部分から成ります。
 

Iwm005
藩主邸の跡地には、表御門や太鼓櫓など一部史跡が復元されています。
ここから登山道を登っていきます。本丸までは800mちょっとですが、
上り坂が急で、足元も石畳なので、思ったより大変です。
 
Iwm006
 
石垣の保存状態はかなり良好です。立て看板での説明も多く、
往時はどんな様子だったのかを説明してくれるので、建造物が
なくてもいろいろ想像しながら楽しめます。
あまり期待していなかったけど、意外と楽しめたのでびっくりしました。
 

Iwm007
本丸直下の六段連なった石垣が岩村城の一番の名所です。
真下から見るとかなりの迫力でした。
 
横の階段を上りきったところに本丸があります。
Iwm008
現在は、こんな↑看板が立てられています。
 
そしてここへ辿り着いて初めて気づいた衝撃的事実。
それは。。。
 
 
この本丸跡地のすぐ横に駐車場があり、歩いて登らなくてもここへ
来れたこと!!!
 
まぁでも、昔の城攻めの雰囲気を感じながら歩いて登るほうが
楽しいと思いますよ。

|

« どっちもどっち | トップページ | 論争に決着 »

《城攻め》」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/40474563

この記事へのトラックバック一覧です: 城攻め戦記 ~岩村城址~:

« どっちもどっち | トップページ | 論争に決着 »