« 中国攻め ~広島城編~ | トップページ | どっちもどっち »

2011年6月17日 (金)

中国攻め ~福山城編~

午前中に広島城へ行ったあとは、パルコ→お好み村とありきたりなところへ
寄り、正午頃には広島をあとにしました。すばらしい街でした。また行きます。
 
その後、福山城へ行きました。
 
110506_

 
広島県の東部・福山市にある福山城。市街地のド真ん中にあり、
何でも日本の城の中で新幹線から一番近くに見える城だとか。
 
完成は元和8年(1622)で、江戸時代に入ってから改築された城というのは
たくさんありますが、まっさらな土地に新たに創られたのは全国的にも珍しいと
思います。
天守閣のタイプも、白壁+層塔型という後期の特徴が見られます。
ウィキペディアによると、京都の伏見城から移築された建造物も多く、十万石の
城にしてはかなり豪華で大規模な城です。
毛利の押さえという意味で、重要な拠点だったのかもしれません。
 
この福山城は前述の通り、市街地のド真ん中にある平山城なので、撮影スポットに
困る城です。
引きの画を撮ろうとしても、木で隠れたり、近隣のビルがジャマしたり、電線が
見切れたり(苦笑)
そんなわけでまともな写真は上のものぐらいしかありません。
 
しかも、この日は岐阜で謀反が起きたため。。。
ウソです。夜にフットサルの予定が入っていたため、見学もそこそこに岐阜へ
帰らなければならなかったので、何か「行っただけ」の城になってしまいました。
 
城内には伏見城から移築された櫓などが多く残っているため、じっくり見学すれば
なかなか見ごたえのある城だろうと思います。

|

« 中国攻め ~広島城編~ | トップページ | どっちもどっち »

《城攻め》」カテゴリの記事

コメント

福山城が新幹線に一番近い城と言うのに意義有り!
清洲城はすぐ脇を新幹線が走っているよ。天守閣自体はレプリカで、立っている位置も違うけどね(苦笑)

投稿: TBS | 2011年6月18日 (土) 22:32

>TBSさん
ああ、新幹線の「駅」から一番近くだったかもしれないです。
急いで書いたので適当な記述になってしまいました(^_^;)
「敷地」という意味では道路一本はさんですぐ城という、
超優良物件ですけどね(笑)

投稿: ひらこ | 2011年6月19日 (日) 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/40437575

この記事へのトラックバック一覧です: 中国攻め ~福山城編~:

« 中国攻め ~広島城編~ | トップページ | どっちもどっち »