« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

喰うか、喰われるか

喰うか、喰われるか
何のタイミングか、お隣さんからこんな↑お土産をいただきました。
 
今日の対戦相手、ガイナーレ鳥取のユニフォーム袖スポンサーにもなっている
「因幡の白うさぎ」
 
聞けば、「そこら中に売ってる」そうです(^_^;)
 
“名物に美味いもの無し”なんて言いますが、熊本の「武者がえし」しかり
札幌の「白い恋人」しかり、Jクラブのユニフォームを飾る銘菓は、
おいしいものぞろい。
この「因幡の白うさぎ」も、
 
。。。あぁ、試合でした。
京都、湘南という元J1チームをホームで連破した相手に1‐1の引分け
ということで、
ひとまず連敗も止めて、まずまずだったんじゃないでしょうか。
 
まぁ正直、相手が相手ならもうちょっと失点してた気もしますが(^_^;)
うん、悪くはない。悪くは。
 
得点シーンを見てると、おそらく今年の目指す攻撃の形なんじゃないかなという
気がします。
 
高い位置でボールを奪って、
脚の速いMFを走らせて、
サイドバックが攻撃に絡んで、
フォワードが決める。
 
キャンプで何回か見た形でした。
そういえば明弘のクロスが合ったのも初めてじゃない?
初アシストおめでとう(^o^)/
 
あとは追加点をしっかり取らないと、この試合みたく
「何でセットプレーで2人もフリーの選手がいるんだ!」
って形で失点して流れを手放してしまいます。
 
ともかく今日は選手もがんばってたと思います。テレビ越しですが伝わりました。
祭はホームでたくさんの人と盛り上がりたいじゃんねぇ。
 
 
ちなみに「因幡の白うさぎ」は。。。
普通に美味しかったです。
あまりオリジナリティのある味ではなかったですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

[プレスリリース]ひらこ選手の負傷について

平素より、ひらっちの今夜も I LOVE GIFU ☆ に格別なるご厚情を賜り、
誠にありがとうございます。
弊ブログ所属のひらこ選手がフットサルにおいて負傷し、病院にて診断を
受けましたのでお知らせいたします。
 
【診断結果】右肋骨損傷?
【 全 治 】3〜4週間
 
〜ひらこ選手のコメント〜
「咳をするとクソ痛かったので、病院でレントゲンを撮ってもらったところ、
幸いにも骨に異常はありませんでした。これから夏に向けて体重を落とす
絶好のチャンスでしたが、がんばって甘いものをセーブします(^o^)/
ラーメンライスも深夜の吉牛も食べませんが、『れんこんチップス』だけは
1日も早く食べられるよう、FC岐阜の勝利を祈っています。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

ウワサの真相

ウワサの真相
こんばんは。
前田似の佐藤ヲタ・ひらこです。
と書くと、
前田亜美似の佐藤すみれヲタと思われるか、
前田憲作似の佐藤嘉洋ヲタと思われるか、
どっちでしょうね?
 
どっちでもないんですが←
 
というわけで、ガンバvsサンフレッチェを見に万博へ行ってました。
 
なぜここへ来たかと言いますと、
ゴールデンウィーク真っ只中、吉田郡山城と広島城の間までさかのぼります(!)
 
吉田郡山城のあと、サンフレの吉田サッカー場へ行きました。
目的はいたって単純にして不純、
 
寿人に会いに行くためです\(^o^)/どーん
 
寿人だけは別格なんです。
自分がフットサル始めてからは特に。
 
そんなわけで、見学エリアからネットに張りついて写真を撮りまくったあと(怪)
サインをもらいにファンサゾーンへ言ったときに、たまたま話しかけて
岐阜から来たと言ったらポジションを代わってくれたりいろいろよくして
くださったのが、広島サポのKさんとKさんでした。同じやん。
その後、話が盛り上がってココスに2時間以上立て籠り、サッカーの話やら
サポーターの話やらいろいろして楽しい時間を過ごしました。
初対面でこれだけ盛り上がるって、僕的にはかなり珍しいことだったので、
また会いましょうと約束したのが、今日のガンバvsサンフレ@万博だったわけです。
 
残念ながら片方のKさんはご都合が悪くて来られず、もうひとりのKさんと
観戦しました。
はじめて「君の瞳に恋してる」を熱唱して、試合前に早くも感極まったりとか!
 
試合は、5‐3でガンバが勝つバカ試合でした!!!
 
なんか両チームともアホみたいに簡単に点が入るので、えらい盛り上がりました。
広島としては、ボール支配率も高くそんなやられる感じでもなかったのに、
ガンバのカウンターが完璧にはまったのと、
ヤットさんがうますぎたのと、
森脇がとことんツイてなかった感じです。
うまく“持たされてた”んでしょうね。
それでも90分通してゴールのために奮戦し続けているのはよく伝わったし、
いい試合でした。
 
人ってけっこう単純だから、同じ2点差負けでも、0‐2よりも3‐5のほうが
満足度が高いんですよね。
 
広島は負けて寿人も無得点でしたが、楽しかったです。ありがとうございました。
今度は3人で観戦しましょう(^o^)/
次は岐阜の岡山アウェイに来てくださるんですよね?
その時は岐阜グッズをたくさん用意して、岡山に乗り込みます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

調達完了

調達完了
明石海峡大橋がすぐ横に見える、マリンピア神戸というアウトレットに
行ってました。
 
ロケーションだけは最高です(^o^)/←失礼
 
気になる店がほとんど無かったので、すぐ終わってしまいそうだと
思っていたら、大本命のヒュンメルで1時間以上籠城し、
結局はいい時間に(^_^;)
 
 
さぁさぁ、これから大阪と新大阪で撮り鉄です(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってしまった。。。

たまの電車旅、たまには小説でも読もうと思って、駅の売店で
「コクリコ坂から」を買ったら。。。
 
 
 
漫画でした!!
オーマイガ。
 
というわけで帰りの電車でも読もうとしてたのに、もう読み終わってしまいました。
 
なんか『耳をすませば』と同じ匂いがするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜、ひらこが浮気します。

今夜、ひらこが浮気します。
予約していた新しい携帯が入荷したと連絡があったので、
買ってきました♪
 
 
僕のことを知ってる人なら予想通りの(?)
 
どピンク
 
もしくは
 
くそピンク
 
です。
 
誰が鳥栖のキーパーやねん←
 
カタログで見るよりも、実際の色はケバすぎず深みがあって
カッコいいです\(^o^)/
さすがMさん、いい仕事するわ。
 
ただ、200%外見で選んだスマホなので、機能を使いこなす自信は
全くありません!
 
しかも、@ezweb〜のメールに対応するのは9月以降なので、それまでは
不便すぎます。
ということで結局しばらくは4年間使っている“スマートじゃない携帯”を
使い続けることになります。
 
 
今日は久しぶりに電車に乗ってお出かけです(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

城攻め戦記 ~掛川城~

マエダーマスク(笑)がヤマスタに出現した日、僕も偶然(?)静岡に行っていました。
行った先は掛川城。日本百名城の1つで、「功名が辻」の山内一豊でも有名な
城です。
 

Dsc03124
 
こちらの天守閣は、平成6年に木造で復元されました。
実写版の「シュート!」で、建造中の掛川城が映っているそうですが、
二度と見たくありません。
目つきだけでツヨポンを神谷さんに当てないでください。
 
実際、このような天守閣の形状だったのかは定かではありませんが、
同じく山内一豊の居城だった高知城が、掛川城を参考に建てられた
という記述があるそうで、ならばと逆に高知城を倣って建てたようです。
建造時期からして白漆喰の壁ではない気もしますね。
 

Dsc03115
 
天守閣入り口の冠木門が特徴的ですね。
初期の城はこのような質素な門が一般的だったので、その名残
でしょうか?
 
天守最上階の窓がふすまになっていたのが珍しかったです。
 
そういえば、城のすぐ横に「掛川西高校」という学校があり、
「これって「シュート!」のモデルになった学校じゃね?」と
話してたら、ボランティアガイドのおじいさんがいろいろ補足して
くれました。大島司先生が実は女性だったとか。
 
。。。知ってたけどね。
 
まぁ天守自体はわりと普通でした。復元天守とはいえ、階段はかなり
急になっているので、若い女性の方は気をつけてください。
 
この天守からも見える二の丸の御殿

Dsc03118
復元された天守と違い、こちらは江戸時代のまま残されている貴重な
史跡です。何でも、大名御殿が現存しているのは、日本全国で4箇所
だけだとか。
藩主は普段、本丸の屋敷で生活し、こちらの御殿で公務を執り行った
そうです。
 
休憩室みたいなところがあり、そこからの天守の眺めが素晴らしかったので、
藩主「ワシの城ほんとカッコいいわ~」
奥方「あははー、そうですねー(棒読み)」
というやりとりが藩主の耳掃除をしながら行なわれているのかと想像したり、
 
目付(ようは課長?)の部屋が板の間だったのに対し、大目付(ようは部長?)
の部屋は畳張りだったので、
「ワシも早く畳の間に座りたい。。。」という中間管理職の悲哀が聞こえてきそう
だったり、
 
侍A「大目付の姿が見えませぬが」
侍B「浜松藩(実在するかは知らないけど)の藩主と接待鷹狩りでござる。」
侍A「またでござるか!」なんてグチがこぼれてそうだったり、
 
歴代藩主がひんぱんに変わっている一覧表を見て、
侍女A「山内支店長、今度土佐支店に栄転らしいわよ。」
侍女B「そりゃ社長(徳川家康)が来た時にこの店(掛川城)開放してヨイショした
     のが気に入られたんでしょ。」
なんて給湯室(?)トークが繰り広げられたりetc.
くだらない考えが次々にわいてきて楽しかったです。
 
ちなみに、関が原の合戦の勢力図も展示してあったのですが、ここでも
・井伊直政と松平忠吉が、ゴング前に宇喜多秀家に花束攻撃。
・味方にキレる福島正則
・藤堂高虎をロープ際で羽交い絞めにしていた大谷晋二郎もとい大谷吉継に、
 セコンド小早川秀秋まさかのブルーボックス攻撃!
・毛利秀元が吉川広家の妨害でカットに入れず石田三成ピンフォール負け。
・試合後、島津義弘が徳川家康にプロテイン攻撃。そのまま試合会場から逃走。
・脇坂安治「しょっぱい試合ですみません。」
などと、プロレス談義が満開。
なお、徳川選手は続く「大阪夏の陣大会」でも、真田信繁(幸村)にプロテイン攻撃
を受けていますw
こうやって楽しむと、日本史もかなり面白いと思います。違うか。
 
その後、掛川城入り口のすぐ横で、「鎧屋」というお店を発見。
入ってみると、徳川家康、伊達政宗などなど戦国武将の甲冑がズラリ。
僕が狂喜乱舞したのは言うまでもありません(^_^;)

Dsc03126
子供用ですが又左衛門どのの甲冑も飾ってあり、胸熱です。
ここのお店は、甲冑の制作・販売のほかレンタルも行なっており、
何でも最近は結婚式で新郎が着用するケースが増えてきている
そうです。面白いですね。
でも、一番人気は例の「愛」のやつだとか。
だからその「愛」じゃないってのに。。。
 
記念に、剣梅鉢の家紋が入ったトートバッグを買ってきました。
こんなところでも、ま!え!だ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月21日 (火)

論争に決着

少し前にサポーター仲間と、あるテーマについて
ちょいと口論になりました。
言うてもそんな深刻な感じではないんですけどね。
テーマはずばり、
 
スパイク(サルシュー)は履くものか見るものか?
 
僕は「履いてナンボだろう」と言い、
そのひとは「飾る角度が大事だ」と言って
お互い譲りません。
 
僕の部屋には、

110621_215601
前にも書いたサルファーが置いてありますが、若宮フットサルパークなど
人工芝のコートでやるときはこれを履いているので、れっきとした
「履くもの」です。
そういえば左足だけクツヒモを紫にしたら、こぼれ球への反応が鋭くなった
気がします。
 
昨日のフットサル教室でも。
最後のゲームで、蛍光イエローのリストバンドをキャプテンマークのように
左腕に巻いてやったら、いい感じに狡猾なゴールを決められました。
 
イメージトレーニングという意味で格好も大事なんです。はい。
 
ちなみに僕の部屋の本棚の写真がこちら。
 
110621_215901
 
どう見ても観賞用です。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

城攻め戦記 ~岩村城址~

もう1ヶ月ぐらい前ですが(^_^;)、岩村城へ行ってきました。
「日本三大山城」に挙げられ、女城主の話でも有名な城です。
甲斐の武田軍が織田信長を攻めた時に落城させた城で、信玄死後
信長が奪回したことから戦略上重要な拠点だったようです。
現在では、櫓などの建物はほとんど残っていません。
 
昔はどうだったか知りませんが、今はものすごく行きづらい場所なんです
よね。中央道恵那ICを下りてから、一般道で30分ぐらい走ったでしょうか?
これまでなかなか気が向かず、百名城のひとつにも関わらずほったら
かしていました。
 
ちょうどお昼頃に城下へ到着したので、そのまま昼ごはんを食べました。

Iwm001
 
古い町並みの中にある「蕎麦屋 ゆい」さんにて。
かれこれ1ヶ月以上前のことなので、細かい味は忘れてしまいましたが(!)
つゆは割と甘口だったような気がします。
もちろん、記事にするということは美味しかったということですよ。
「勝川家」という、一般公開している古民家の奥にあるお店でした。
 
ちなみにここ岩村町には、家の玄関にその家の奥さんの名前の入った
青いのれんをかける習慣があります。

Iwm002
こんな感じで。のれんの中の白い部分に「和子」とか書いてあるわけです。
この地を治めていた女城主にちなんで、女性を尊重するようになったそうです。
 
余談ですが、この古い町並みの通り沿いに建っていた銀行にものれんが
かかっており、
Iwm003
 
近くで見てみると、
Iwm004
 
。。。ありがとうございました。
 
 
あ、岩村町は「カステラ」が美味しいそうです。
後から聞いたので買えませんでしたが。
 
そんなこんなで城下の散策を切り上げ、お城へ向かいます。
岩村城は、城山の部分と、ふもとの藩主邸部分から成ります。
 

Iwm005
藩主邸の跡地には、表御門や太鼓櫓など一部史跡が復元されています。
ここから登山道を登っていきます。本丸までは800mちょっとですが、
上り坂が急で、足元も石畳なので、思ったより大変です。
 
Iwm006
 
石垣の保存状態はかなり良好です。立て看板での説明も多く、
往時はどんな様子だったのかを説明してくれるので、建造物が
なくてもいろいろ想像しながら楽しめます。
あまり期待していなかったけど、意外と楽しめたのでびっくりしました。
 

Iwm007
本丸直下の六段連なった石垣が岩村城の一番の名所です。
真下から見るとかなりの迫力でした。
 
横の階段を上りきったところに本丸があります。
Iwm008
現在は、こんな↑看板が立てられています。
 
そしてここへ辿り着いて初めて気づいた衝撃的事実。
それは。。。
 
 
この本丸跡地のすぐ横に駐車場があり、歩いて登らなくてもここへ
来れたこと!!!
 
まぁでも、昔の城攻めの雰囲気を感じながら歩いて登るほうが
楽しいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

どっちもどっち

今節も負けました。
けっこうブーイングとか、厳しい声とか出てましたけど、どうなんでしょうね。
 
いや、何なんでしょうね。
 
個人的にブーイングは好きじゃないので、対戦相手に元岐阜の選手がいて、
本人がブーイングしてくれと言ったときぐらいしかやらないのですが、
 
他の人がよほど腹に据えかねたら岐阜の選手にするのもやむなし、とは思って
います。
 
ただ、言いたいことがあれば「ぶー」じゃなくてちゃんと言葉にして表すべき
だし、そもそもそれだけの厳しい言葉をかけるからには、本人もそれなりに
頑張るべきだと思うんですよね。
 
一生懸命応援したあとで、それでも怒りが込み上げてきたなら、その感情を
抑えろと言っても無理でしょう。
 
果たして今日の試合終了後にブーイングやら罵声を飛ばした人の中で、試合中
必死に声出して、手拍子して、応援した人がどれくらいいるでしょう。
 
メインで見てた人も、バックスタンドの中央辺りで見てた人も、ゴール裏で
見てた人も、みんな「札幌の声のほうがよく聞こえた」
と言ってましたが。
 
そもそもそこまで一生懸命やってた人なら、選手がサポ席に近づく前から、
まだピッチにいてもすでにキレてるでしょうね。
 
待ち構えたりしないで。
 
「ブーイングも愛だ」とか言う人もいます。
が、試合中の応援よりも、試合後のブーイングのほうがうるさいサポーターの声が
果たして選手を強くするんですかね。
 
 
 
僕はそう思えないけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

中国攻め ~福山城編~

午前中に広島城へ行ったあとは、パルコ→お好み村とありきたりなところへ
寄り、正午頃には広島をあとにしました。すばらしい街でした。また行きます。
 
その後、福山城へ行きました。
 
110506_

 
広島県の東部・福山市にある福山城。市街地のド真ん中にあり、
何でも日本の城の中で新幹線から一番近くに見える城だとか。
 
完成は元和8年(1622)で、江戸時代に入ってから改築された城というのは
たくさんありますが、まっさらな土地に新たに創られたのは全国的にも珍しいと
思います。
天守閣のタイプも、白壁+層塔型という後期の特徴が見られます。
ウィキペディアによると、京都の伏見城から移築された建造物も多く、十万石の
城にしてはかなり豪華で大規模な城です。
毛利の押さえという意味で、重要な拠点だったのかもしれません。
 
この福山城は前述の通り、市街地のド真ん中にある平山城なので、撮影スポットに
困る城です。
引きの画を撮ろうとしても、木で隠れたり、近隣のビルがジャマしたり、電線が
見切れたり(苦笑)
そんなわけでまともな写真は上のものぐらいしかありません。
 
しかも、この日は岐阜で謀反が起きたため。。。
ウソです。夜にフットサルの予定が入っていたため、見学もそこそこに岐阜へ
帰らなければならなかったので、何か「行っただけ」の城になってしまいました。
 
城内には伏見城から移築された櫓などが多く残っているため、じっくり見学すれば
なかなか見ごたえのある城だろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

中国攻め ~広島城編~

荒木村重が謀反を起こしたため、中国攻めの記事化が大幅に遅くなってしまいました。
 
。。。ウソです。サボってただけです。
 
さぁさぁそんなわけで、吉田郡山城へ行った翌日に、広島城へ行きました。
その間にものすごく濃い出来事がたくさんあったわけですが、城攻めには関係ないので
今回は割愛させていただきます。
 
広島城は、吉田郡山城に本拠地を置いていた毛利氏が、広大な領土を治めるために
新たに築いた平地の城(平城)で、元就の孫でボンクラ大将(!)こと輝元が築城しました。
しかし、築城後間もなく関ヶ原の戦いの責を問われ、萩に飛ばされてしまいました。
その後、福島正則が入城しますが、こちらも城の無断修理を咎められ言いがかり的に
処分され信濃に飛ばされました。何だか縁起が悪いですね。
その後を次いで入城した浅野氏は明治維新まで治世を続け、今日の広島の発展に
つながったと言われています。
 
戦時中まで天守閣は残っていたのですが、原爆で跡形もなく吹っ飛んでしまい、
現在の天守閣は昭和28年に鉄筋コンクリートで建てられました。
広島市民にとって、広島城は単なる史跡ではなく、廃墟の中から立ち上がった復興の
シンボルであると勝手に感じています。
 
現在確認できる縄張りは内堀・本丸・二の丸のみですが、往時は芸備49万8000石の
盟主にふさわしい広大な城だったようです。

Hrs001
こちら二の丸。本丸とは橋1本で繋がっているだけで、出島のようになっています。
この構造は「馬出」といい、戦時に城の防御力を高めるために設けられました。
 

Hrs003
そしてこちらが天守閣。鉄筋コンクリート製とはいえ、外壁に木板を貼って
あるので木造のように見えます。
代表的な城といえば、姫路城と熊本城が挙げられますが、それに勝るとも
劣らない雄姿だと思いませんか?
僕はあまり現存天守にはこだわらないので、ここの天守閣はかなり好きな
タイプです。
しかも、どの角度から見ても様になるんですよね。

Hrs004
 
Hrs005

 
Hrs006

 

Hrs007
 
現在は大天守だけですが、往時は脇に2つの小天守があったそうです。
同じ望楼型ということで、姫路城のような豪壮な姿だったことでしょう。
原爆が投下されなければ破壊されなかっただけに、残念でなりません。
 
完全な天守閣の姿を見てみたかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

激闘!ひらこカップ

記事化するのが遅くなってしまいましたが、6/5(日)に行なわれた、
表向きは練習試合、実は「ひらこ杯」だったFC岐阜vsツエーゲン金沢@浅中の
模様をお送りします。
 
昨年のひらこ杯は、JFLの翌日で大幅にメンバーを落としたツエーゲン金沢が
ベストメンバー規定に抵触(!)したため試合結果に関わらずFC岐阜がタイトルを
獲得したわけですが、今年はお互いベストなメンバーが出場し、熱戦が期待
されました。
 

Hrk002
「美白のロベカル」根本や、
 

Hrk003
イケメン井上(名古屋→徳島)も出場。
 

Hrk001
今大会のテーマソング、チーム狩人の「愛しきナターシャ」が
(脳内で)演奏されたあと、いよいよキックオフです!
 
試合の内容は公開できませんが(!)、金沢が先制、岐阜が
同点に追いつき1-1の引き分け。
お互い決定機は多く作りましたが、肝心のフィニッシュで詰めが甘く、
勝ち越し点を挙げることができませんでした。
ざっくりまとめると、前半はツエーゲンペース、後半は岐阜ペース
だったような気がします。
金沢の先制点は根本が左足のアウトでふわっと浮かせたボールに
鳴海が走りこんで決めたきれいなゴールでした。
さすが根本。あの左足は錆びていません。
岐阜の同点ゴールは、もっちゃん(阪本)のごっつぁんゴール(笑)
 
後半はほとんど岐阜ペースだったこともあり、後半から出場した金沢のGK
タッシーこと田代選手は大忙し。それでもバーとポストを味方につけて
ゼロで抑えたのは見事でした。
 
岐阜のほうは、シーズン前に大ケガを負った新井きゅんが出場。柔らかい
ボールタッチとオシャンティーなパスで魅せてくれました。
そしてこの日一番盛り上がったのはおそらくこの瞬間。
 

Hrk004
 
ついにハンジェ復活です!
細かいことは書けませんが、かなり効いてました!期待大です。
あー書きたい、けどあまり書くのもよくない。えーい、1枚だけ。
 

Hrk005
コーナーキック蹴ってました!
 
少しずつプレー時間を延ばしていくところだと思います。
 
そして、このひらこ杯の名物といえば、ツエーゲン金沢の上野監督。
およそ監督と思えない優しい笑顔と低い腰がとても好印象です。
試合後の挨拶でも、
 
Hrk006
 
この通り深々とお辞儀。足まできれいにそろっています。
しかも今回、今西社長にお土産までいただきました。ありがとうございます。
 
この後、FC岐阜の木村監督、ツエーゲン金沢の上野監督、両氏が隣り合って
ゴールを片づけるという衝撃の光景が!(笑)
2人ともお人柄がよすぎです。
 
 
観戦に来ていた多くの岐阜サポの方々にとっては、下のカテゴリーの相手に
1-1で引き分けというのは、物足りなかったかもしれませんが、あたし的には
いじりどころ満載で大満足でした♪
 
なお、負けたほうの非公式マスコットが勝ったほうのユニを着させられるという
屈辱の罰ゲーム「阜女子・コントラ・ツエ子」ですが。。。
 
引き分けた時のことを考えてませんでした!\(^o^)/どーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

命日

今日6月13日は、戦国の天才軍師・竹中半兵衛重治公が亡くなった日です。
 
そうとは知らず、たまたま偶然に、昨日半兵衛さんのお墓参りに垂井町へ
行ってきました。あとから命日を知りました。
 

Dsc03161
 
垂井町でも、ほぼ関ヶ原町に近い西の外れにある禅幢寺(ぜんとうじ)に
半兵衛さんは眠っています。といっても、遺骨はここではなく、陣没した三木市
に安置されているようですが。。。
 
息子の重門が建てた寺なので、屋根瓦に竹中家の家紋があしらわれています。
境内に入って左手に墓地があり、その中央上段ほどに墓がありますが、
非常にわかりづらいです。10分ぐらい探し回りました。
 

Dsc03164
 
これ↑が、全国にその名を轟かせた稀代の天才軍師のお墓。
あまりにも質素。
権力や名声を嫌った半兵衛さんらしいですね。
 
命日が近かったせいか、花やら酒やらいろいろなものが供えられていました。
 

Dsc03168
 
菩提寺の近くに「竹中氏陣屋跡」があり、銅像が建てられています。
実はこの門をくぐって中に入るとそこは。。。 小学校!
 
 
 
そういえば最近、ブログ上でFC岐阜の話題をほとんどしていない。。。
まぁアレだ。千葉戦ですごかったのは、
オーロイさんよりも高く飛んでヘディングシュートを決めた秀人!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

通いすぎ

通いすぎ
通いすぎ
昼から一宮でフットサルなので、アルベロ・ブルでオシャンティーな
ランチをいただいています☆
プッタネスカのベーコンがジューシーでうまいです!
厨房を見てると、サーモンのクリームソースが一番人気みたい。
いつもちょっと変わったパスタがあるので毎回楽しみです(^o^)
 
先週は週3でユニオンスポーツに通い、
今週は週3でアルベロ・ブル。
通いすぎやね。
 
「ひらっちの今夜も I LOVE GIFU☆」では、あたしに週3で来てほしい
サポートショップを募集していm(ry
 
この間さしはらをディスってたあの人に説教しに行こうと
思ってたけど、オールナイトニッポンを最後まで聞いてたら
起きれませんでした\(^o^)/どーん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

今日の一言

ゆったん選抜入り
さしはらひと桁
ゆきりん神7撃破
 
あたし大勝利\(^o^)/
 
「ないわ」って言ったやつ出てこいやwww

Dscf4252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

続・チラシの裏に(ry

何か、昨日の代表戦PV@笠松町某所で、僕が喋りすぎてて試合に集中
できなかったという苦情が寄せられました( ̄○ ̄;)
 
すみません、普段はもっと口数少ないんですが。。。
 
「岐阜サポ1のおしゃべりクソ野郎」と呼んでいただいてけっこうです。。。
 
さてさて、楽曲うんぬんという話を先ほどさせていただきましたが、
AKBにも好きな曲はあるんです。いや、むしろ曲だけなら娘。より
AKBのほうが好きな曲は多いかも。
そもそも曲数がハンパないですから。
 
以前読んだ雑誌に、全メンバーにアンケートを取って好きな曲ベスト5を
選んでもらう企画がありましたが、同様に「俺ランキング」を
決めてみました。
 
あくまでこのエントリーを書いている時点での順位なので、
明日になれば変わる可能性も非常に高いわけですが。
 
1.涙の湘南
2.日付変更線
3.大声ダイヤモンド
4.初日
5.MARIA
 
と書いてみたものの、他にも「てもでもの涙」とか「口移しのチョコレート」
とか「Bird」とか「片想いの対角線」とか「鏡の中のジャンヌダルク」(ホルモンver.)
とか、枚挙に暇がないとはこのことですね。
 
ただ、シングル曲がここまでハズレる歌手も珍しいですよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チラシの裏にでも書いてろ

最近、いろんなところで選挙の話を聞いて、意外とたくさんの人が
興味持ってんだなぁと思うわけですが、
あ、もちろん国政ではなくAKBのほうです(!)
 
ちなみにこれだけさしはらさしはらうるさい僕なんですが、
めちゃくちゃハマってるかというと、そうゆうわけでもない
んですよ。
 
ちょっと離れたところから見てるというか、当事者じゃないというか。
 
なぜかというと、まぁ自分の年のことはもちろんあるし、
のめり込んだらまたとことんハマってしまうだろうから
あえて踏みとどまってるというのもあるんですが、
 
やっぱり比べるとモー娘。黄金世代(1〜4期)のほうが
よかったなぁと思うんですよね。
個々の能力はもちろんのこと、メンバーのバランスもすごくよかった。
 
その証拠をフォーメーションで見てみましょう。
 
       後藤
吉澤 安倍 石川
    矢口 市井
辻 中澤 保田 加護
       飯田
 
11人にならないから、とりあえず市井ちゃんも入れましたが、こうしてみると
けっこういいチームのように見えてきませんか?
上がったら帰ってこない超攻撃的両サイドバックとリベロ保田のフォローは
ボランチのやぐっちゃんが何とかしてたわけです(^_^;)
 
そんなわけで、AKBの選挙は投票しません!
むかし少しだけミュージシャン(!)だった人間として、やっぱり
「CDは楽曲の評価として買いたい」というのはぶらしちゃ
いけないと思うんです。
 
一度だけ、握手券ほしさにCDを買ったことがあるけど、そのCDは
聞くどころか開けてすらいません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »