« ウルトラC | トップページ | ひらこ大いに不満 »

2010年9月12日 (日)

なぜ吉本一謙はこんなにもカッコいいのか

そして、なぜ野垣内俊はこんなにもテレビがもらえないのか。どーん
 
家に帰ってスカパー!を見ていたら、マンオブザマッチが吉本と発表された後の
野垣内の落胆(?)ぶりが面白かったです。
まぁ試合後に彼と吉本2人が呼ばれた時点で感づいていたとは思いますが、
残念でしたね。
いつかもらえる日が来ると信じてます。
その前にアナログ放送が終了しないといいけど。。。
 
しかし、あの吉本顔負けの打点の高いヘディングシュートは見事でした。
僕も明日のフットサルではジャンピングヘッドの練習をしようと思います。
ええ、フットサルで。
 
今日の対戦相手は、ギラヴァンツ北九州。
JFLみたいなスタジアムでJFLみたいな相手(と言ったら失礼ではあるけれど)で、その
相手にはFC岐阜のJFL昇格に貢献した池元がいてと、何か久しぶりにJFLで
戦っているような気分でした。
まぁもともと「Jリーグのクラブ!」という意識も無いんですが。
先週は、個人的にはあまりにもモチベーションが低かったけれど、今回は、試合を
見に来れないサポ仲間から「僕の分も応援してきてください」と頼まれたので、
2人分はがんばったつもりです。
自分がJFL気分だったせいか、当時の雰囲気を思い出しながら応援していました。
あの頃の雰囲気って楽しかったなぁーと、改めて思います。はい。
 
さて試合。
あとから記録を見ると、お互い2桁のシュート数で、撃ち合いの試合だったようですが、
北九州はゴール前にずいぶん人数を割いてるなとーいう印象が強かったです。
岐阜は引いた相手を崩すのは大の苦手ですからね。ボールを支配していたと
いうより持たされたと言ったほうが正しそうです。
カウンターから危ない場面を何回も迎えていて、相手の雑なプレーに助けられて
いなかったら、どうなっていたことやら。
 
内容が決してよくなかったのは誰もが認めるところ。
でも、「相手は引いて守って岐阜は攻めあぐねる」というある程度予想された展開の
中できっちり結果を出したことはよかったです。今日の試合は「内容よりも結果」
でしたから。
 
そして、唯一のゴールがとてもすばらしいゴールだったので、僕は満足です。
これでPKでもらった1点だけとかだったら、また違うんでしょうね。
野垣内のヘッドもさることながら、永芳は置いたボールを蹴らせたらJ1級だということ
を再確認しました。ナイスアシスト。
 
それにしても吉本。
去年はフィジカルだけの選手というイメージだったけど、今季のプレーを見ていると
すごくクレバーな選手に成長したなぁと感動させられます。
読みが鋭い!
完全にチームの中心選手になりましたね。
もうヒラコ・デラックスさんでなくても惚れます。
来季以降もぜひ岐阜に残ってほしいし、クラブも残してくれるよう最大限の努力を
してほしいです。
たとえどんな汚い手を使ってでも(おい)
 
 
余談ですが、今日のアニキは攻守でプジョルみたいでした。
そういえば、顔も何となく似てる。。。か?

|

« ウルトラC | トップページ | ひらこ大いに不満 »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/36702073

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ吉本一謙はこんなにもカッコいいのか:

« ウルトラC | トップページ | ひらこ大いに不満 »