« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

ある日の日常

今週末の徳島戦は、APECの会議と信長まつりとトリプルブッキング。
駐車場大変だ。
 
で、その信長まつりで信長公に扮するのは、Dr.コトーの作者さんですが、
昨年の信長公だった伊藤英明が今とんねるずの番組ではじけまくってます。
この人おもしろすぎる。
 
それより何より。
ちょこちょこ見切れる指原が気になって気になってしかたないです。
モジモジ君の格好似合いすぎ。
貴さんに無茶ぶりされキョドりすぎ。
水に落ちたうえ海猿に助けられるなんておいしすぎ。
 
 
 
。。。推し変しそうです。どーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

はァ?

トヨタがダイハツからOEM供給で軽自動車販売
 
って、だったらダイハツの存在意義って何なのさ。
 
やってることがセコくないか? トヨタのくせに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

久しぶりに。。。

久しぶりに。。。
“錆びた刀で斬りつけ合う試合”ってのを見た気がします。
アウェイ札幌戦。
 
昨年、観光気分が抜けきらないまま札幌ドームへ行ったら
完膚なきまでに叩きのめされてしまったので、今年はちゃんと
気を引き締めて臨んだつもりです。
さすがにもう5度目の対戦なので、“特別な相手”という感じは
しなくなりました。
相川には悪いけど。
 
試合前から相手サポがやたら長い横断幕を掲げており、選手ひとりひとりを
鼓舞するメッセージを送っていたので、ああいうのって選手も
発奮するだろうなーと感心する一方、もしうちらが負けたら向こう側は
狂喜乱舞するであろうことと、こっちがすげぇ悔しい想いをすることは
容易に想像できるので、何としてもそれだけは阻止しないといけませんでした。
 
さて試合なんですが、どうもお互い動きが悪い。
風が強いとかピッチが悪いとかありましたが岐阜の調子は明らかに
悪かったし、相手も良くないみたいでした。
そうなると個人の差がモロに出てきますね。
 
時々岐阜ペースの時間帯があったものの、90分を通してほぼ札幌ペースの試合。
ほんと時間の経つのが長かったです。
内容からすれば完全に負け試合でしたが、ゴールを許さず0‐0の引き分け。
 
下位相手に勝ち点3を取れなかったことは悔しいですが、悪いなりに
引き分けに持ち込むということは、今までできなかったこと。
徐々にではあるけれど、チーム力がついてきている証でしょう。
 
「勝ち点1を取ってきただけの試合」といえばそれまでですが、
デビューから2試合完封で村尾くんが自信をつけたであろうこと、
秀人が本来のポジションで輝きを取り戻したことなど、
収穫のある試合だったと思います。
 
今年も何とかここまでチーム力を上げることができました。
昨年、一昨年のように、積み上げたはいいがまた翌年イチから
作り直さなければならないといった事態にならないように
しないといけませんね。
 
 
金曜は試合前なので言いませんでしたが実は、
 
カツゲンうめー!
 
(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

こんな時間に。。。

こんな時間に。。。
ただいま23時20分。
ホテルの近くに適当な店がないので、隣のコンビニで
「とりあえず北海道らしいもの」を調達。
 
噂のカツゲンは。。。
レモン牛乳よりはうまいと思います。あははw
 
ホテルは北大のすぐ横。
北大といえば2年前、学生のフリして潜入し、学食で昼ごはんを
食べたことがあります。
まぁバレてるだろうけどね。
 
 
太陽が丘?
 
 
その北大ちゃうよ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

拝啓、北の大地より

ごぶさたしています。
ひらここと
ひらっちこと
平田です。
 
先週末は父の実家(高山)で稲刈り
木曜日は仕事
 
で、草津戦大分戦と現地観戦はおろか映像すらろくにチェック
できておらず、完全に岐阜サポの流れに乗れていません。
 
こんなあたしが北海道には行くというのは申し訳ありません。
 
 
 
もう来ちゃってるんですけどね。
 
それにしてもさすが北海道。
快速エアポートの席がなかったのでデッキに立ってたら、
駅で停まって扉が開く度に
 
「さむっ!」
 
と震えます。
そらTシャツ1枚じゃそうなるわな。
まわりの道民の方々はみんなパーカーやらウインドブレーカーやら
ばっちり着てますもん。
 
「あいつ内地のジンだ。」と思われながらも、リュックから上着を出すのがめんどくさいので
このままがんばります。
 
来られる方、長袖のTシャツと上着は必須ですよー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

ひらこやや不満

昨夜は、久々に岐阜へ凱旋した菊池完さんのフットサル大会に参加してきました。
 
完さん何かやせた気がする。
顔も締まって精悍になってました。
が、城島じゃないだろう。。。
 
フットサルって、例えば「最後のシュートはワンタッチだけ」とか
「全員がボールタッチしたらゴールできる」とか、いろいろな“しばり”を
作って楽しむことができますが、今回は
「試合中、足を止めたら相手ボール(その後罰則がPKになった!)」
とか、
「敵陣に全員が入ってないとゴールしても認められない」
とか、
「ゴールを決めたら派手なガッツポーズをすること」
とか、
面白いルール盛りだくさんでした。
 
顔見知りが多かったことや、完さんが軽妙なトークで盛り上げてくれたことで、
すごく楽しいイベントでした。
 
また開催してほしいな。
 
完さんも言ってたけど、「FC岐阜」があることで多くの人たちと
出会えて仲間の輪ができ、それが広がってこうしてみんなで楽しめる
というのは、本当にありがたいことです。
 
そして、岐阜を離れた今でも岐阜のことを気にかけてくれる完さん、ありがとう。

だからFC岐阜を無くさないようにがんばらないとね。
 
あたしですか。
左足で狡猾にゴールを決めたのがうれしくて、コーナースポットでフラッグを
持つ“ふり”をしてご満悦でしたが、そういえば「ガッツポーズ」
はしてない気が(!)
まぁパフォーマンスやればOKだったのかな(^皿^;)
 
で、何がやや不満だったかというと、
ドリブルがイマイチだったことでも
パスミスを連発しまくったことでも
ヒュンメルのジャケットで一番欲しかった色が品切れだったことでもなく、
 
 
「点取ったら『大声ダイヤモンド』を踊る」と言ったのに、
タイミングを逃して果たせなかったこと!
 
『恋愛レボリューション21』にしとけばよかった。違うか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

自爆

ヘディングのしすぎで
 
首が痛いです。どーん
 
 
昨夜教室が終わったのが23時。
痛みはじめたのが翌日の15時。
 
潜伏期間16時間。
 
うん、まだまだ若い若い(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

ひらこ大いに不満

今日のフットサルでヘディングを決められなかったことに!
 
。。。ではなく、自分の運動量に。
 
今夜は珍しく涼しくて(つかこれが普通の秋なんだよな)、体も軽かったので、
ゲームの後でも余力が残ってて、もう少し走れたなぁーと思ってしまったのが
ちょっと悔しかったです。
先週までは、フラッフラになって最後のストレッチもしんどいぐらいだったのに。
 
教室に通い始めて1ヵ月半ぐらい。近いこともあって毎週欠かさず参加している
効果なのか、少しは走れるようになったなーと実感しています。
それでも一般人以下だけど。
 
まさに「継続は力なり」
 
そのうち週1じゃ物足りなくなってくるんだろなー。
 
以前、正吾さんがドリブルからまたぎフェイントを入れてシュートを決めた熊本戦の
翌日のフットサルでは、ひたすらまたぎフェイントの練習をしていたひらこさん。
 
今日は空き時間に黙々とヘディングの練習をしていました。ワラ
影響されすぎだろう。
時々コーチにボールを出してもらってヘディングの基礎を教えてもらいましたが、
これが意外と楽しい。
 
つかすげー楽しいよジャンピングヘッド。
ドンピシャでインパクトした時の頭に来る反動と、真っ直ぐ飛んでく弾道が快感です。
誰か相方がいてボールを出してくれれば一番いいけれど、壁があったら1人ででも
やってしまいそうなぐらい楽しいです。
 
趣味は!
ヘディング!
ひ!ら!こ!
それヒットエンドr(ry

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

なぜ吉本一謙はこんなにもカッコいいのか

そして、なぜ野垣内俊はこんなにもテレビがもらえないのか。どーん
 
家に帰ってスカパー!を見ていたら、マンオブザマッチが吉本と発表された後の
野垣内の落胆(?)ぶりが面白かったです。
まぁ試合後に彼と吉本2人が呼ばれた時点で感づいていたとは思いますが、
残念でしたね。
いつかもらえる日が来ると信じてます。
その前にアナログ放送が終了しないといいけど。。。
 
しかし、あの吉本顔負けの打点の高いヘディングシュートは見事でした。
僕も明日のフットサルではジャンピングヘッドの練習をしようと思います。
ええ、フットサルで。
 
今日の対戦相手は、ギラヴァンツ北九州。
JFLみたいなスタジアムでJFLみたいな相手(と言ったら失礼ではあるけれど)で、その
相手にはFC岐阜のJFL昇格に貢献した池元がいてと、何か久しぶりにJFLで
戦っているような気分でした。
まぁもともと「Jリーグのクラブ!」という意識も無いんですが。
先週は、個人的にはあまりにもモチベーションが低かったけれど、今回は、試合を
見に来れないサポ仲間から「僕の分も応援してきてください」と頼まれたので、
2人分はがんばったつもりです。
自分がJFL気分だったせいか、当時の雰囲気を思い出しながら応援していました。
あの頃の雰囲気って楽しかったなぁーと、改めて思います。はい。
 
さて試合。
あとから記録を見ると、お互い2桁のシュート数で、撃ち合いの試合だったようですが、
北九州はゴール前にずいぶん人数を割いてるなとーいう印象が強かったです。
岐阜は引いた相手を崩すのは大の苦手ですからね。ボールを支配していたと
いうより持たされたと言ったほうが正しそうです。
カウンターから危ない場面を何回も迎えていて、相手の雑なプレーに助けられて
いなかったら、どうなっていたことやら。
 
内容が決してよくなかったのは誰もが認めるところ。
でも、「相手は引いて守って岐阜は攻めあぐねる」というある程度予想された展開の
中できっちり結果を出したことはよかったです。今日の試合は「内容よりも結果」
でしたから。
 
そして、唯一のゴールがとてもすばらしいゴールだったので、僕は満足です。
これでPKでもらった1点だけとかだったら、また違うんでしょうね。
野垣内のヘッドもさることながら、永芳は置いたボールを蹴らせたらJ1級だということ
を再確認しました。ナイスアシスト。
 
それにしても吉本。
去年はフィジカルだけの選手というイメージだったけど、今季のプレーを見ていると
すごくクレバーな選手に成長したなぁと感動させられます。
読みが鋭い!
完全にチームの中心選手になりましたね。
もうヒラコ・デラックスさんでなくても惚れます。
来季以降もぜひ岐阜に残ってほしいし、クラブも残してくれるよう最大限の努力を
してほしいです。
たとえどんな汚い手を使ってでも(おい)
 
 
余談ですが、今日のアニキは攻守でプジョルみたいでした。
そういえば、顔も何となく似てる。。。か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

ウルトラC

とあるところからDVDを借りて、今日から個人的にダンスレッスンを
始めたんですが、予想以上に難易度が高くて苦労しています。
早い動作が多いので、振り付けの確認作業からすでに手こずっていて、
マスターできるかどうか不安です。
ちょっとバカにしてたけど、すげぇ難易度高いです。
 
 
大声ダイヤモンド。どーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

初戦敗退。。。 で?

あの思うんですけど、天皇杯で同じカテゴリーの相手と初戦をやるって
何なんでしょうね? しかも昨年と同じ相手。
都道府県代表と戦えるようもっと強くなれと言われればそれまでですが、
前日のフットサルの疲れもあって、何とな~く倦怠感に包まれていました。
なので、確かに選手もイマイチ試合に入り込めてないなーという感じは
しましたが、自分が一生懸命やってない以上批判する気はありません。
 
心ここにあらずで無理矢理大声を出すのも好きではないので。
 
栃木とはリーグのホーム最終戦でまた戦うので、その時にはビシッとした
試合になればいいです。
 
後半の途中で相手が1人退場したことで、逆に栃木が何が何でも1点差で
守りきるサッカーになってしまったのが、岐阜にとって不運だったと思います。
岐阜がドン引きしてる相手を崩したところなんてまず記憶に無いですから。
 
終了間際に染がエリア内で倒れたシーンも、審判によってPKにするかダイブと
みなすか判断が分かれるぐらいの微妙なプレーだったように思います。
仮に3-3の同点だったら、PKだったかもしれませんね。
PKにしたら延長の可能性が高かったわけで、審判も微妙なプレーで延長まで
やりたくはないでしょう。
 
もっと早い時間に3点目を取るべきでした。
いや、そもそも3点も取られるほど強敵じゃなかったでしょう。
両サイドバックの2人は猛省して1週間練習に取り組んでください。
あれはさすがにふわっとしすぎです。
 
 
そういえば後から思い返してみると、試合後に相手のサポ側から鳴り物風の
音が聞こえてませんでした?
その時は仲間と話してたから、何かタイコみたいな音が4分音符で聞こえるなー
ぐらいでスルーしちゃってたけど、冷静に考えて禁止事項じゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

好きな言葉 その2

狡猾【こう-かつ】[名・形動]
①ずるく悪賢いこと。また、そのさま。
②「変態」と同じく、サッカー界では誉め言葉として使われることが多い。
   シュートの冷静さ、ポジショニングの絶妙さ、裏への抜け出しの巧さなどを
   評して、「狡猾」と称することがある。
   「狡猾な選手」といえば、ラウール・ゴンザレス、フィリッポ・インザーギ、佐藤寿人
   などが挙げられる。というか勝手に挙げる。
 
<解説>
ラウールのゴール集DVDを見ても、スーパーなゴールはあまりありません。が、
ゴールを確実なものにするための動き、つまりシュートを撃つまでの動きが巧いなぁ
と驚かされます。「何でこんなところでフリーになってんだ!?」という。
もちろんシュートのうまさもあるんだけど。
実際にはシュートにいたるまでにDFとの駆け引きとかおとりの動きとかで苦労はしてる
んだけど、それを表に出さずに「簡単そうに決める」というのが、狡猾な点取り屋の
条件だと思いますね。
 
ちなみにひらこさんも、相手のパスミスをかっさらってゴールに流し込むのが得意
なので、狡猾っちゃあ狡猾です。“なんとなく狡猾”ぐらいで。
ただ、あまりセコいゴールばかり決めて顰蹙を買うのはよくないので、味方を活かしたり
守備もこなせるように少しずつ努力します。
 
ディフェンスに定評のあるひらこ!
 
 
ココログのブログネタに、「続編が見たいアニメや漫画といえば何?」という
お題がありました。
そんなんスラムダンクに決まってるやろ。
ちなみに僕の好きなキャラクターは池上。
 
。。。ではなく信長です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

好きな言葉

辺鄙【へん-ぴ】 [名・形動]
①都会から離れていて不便なこと。また、そのさま。
②岐阜県関市のこと。以前、県外在住の岐阜サポに「中池公園」の説明を
   する際に「ヘンピなところ」と言ったところ、それを曲解した関市在住の
   岐阜サポからクレームがあったことがきっかけ。しかし、本来、中池公園
   周辺を指して「ヘンピ」と言っていたのが、いつの間にか関市全体を指す
   言葉になっている。関市に対する悪意は全く無い。
<類義語> 「わびれた所」「ほぼ関市」
  
<解説>
そもそも、この「辺鄙」という字ヅラが好きなんです。三国志の武将にいそうで、
カッコイイ感じがしませんか?
「辺鄙将軍、お待ちくだされ!」
みたいな(笑)
字面という意味では、「飛騨」も好きです。飛騨ナンバーのクルマって憧れます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

マクドにて

店員さんとひらこのやりとり。
 
ひ「ホットティー、レモンで。」
店「SとM、どちらになさいますか?」
ひ「じゃあMで。」
店「レモンとミルク、どちらになさいますか?」
 
!?
 
さっきレモンって言ったよね?
あたしレモンって言ったよね?
 
ツッコみたい衝動をこらえてもう一度「レモンでお願いします。」
と言ったら、ホットティーが出てきました。
 
Sサイズでした。
 
 
あたし何か変なこと言ったかしら。
 
安くなったから別にいいんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

○にあてはまる言葉を答えよ

○にあてはまる言葉を答えよ
もはや○○ではない。
 
今の心境だったら、迷わず“若者”と入れます。
 
月曜のフットサル教室は、
「ゴールはワンタッチのみ&ゴレイロ無し」
というちょっと変わったルールでゲームをしました。
 
ワンタッチゴールのみ。
誰かさんが喜びそうなルールですね。
 
カウンターで抜け出してちょこんと蹴る。
 
カウンターで抜け出してちょこんと蹴る。
 
イメージ通りのプレーができて、さぞかし気持ちよかったんでしょうねえ。
気づかないうちに、いつも以上に走ってました。
 
そしたら、
今日になって筋肉痛が来ました。
 
2日後というやつです。
ここまではっきり2日後に来たのは初めてです。
最近ようやく心肺機能が何とかもつようになってきたと
思ったら、筋肉が劣化してましたorz
 
毎日少しずつでも運動するのが大事。
ということで、夜ケッタ継続中です。
 
おまけ。
もはや“8月”ではない。
9月や。
暑すぎるねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇空間☆長良川球技メドウ

_10_37_vs

ホームゲームあと 1
試合!!
 
★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
 
You&Me(夢)募金がバージョンアップ!
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
_2010_01_2 _2010_02_2 _2010_03_2 _2010_04_3 _2010_05_2 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »