« 13年目のミステリー | トップページ | ショウゲキ☆ »

2010年6月13日 (日)

記録に残らない熱闘

中断前最後の試合、ファジアーノ岡山戦は1-0で岐阜が勝利しました。
 
左サイドバック(アニキ)のセンタリングを右サイドバック(野垣内)が決めるという、
W杯も顔負けの現代サッカーを見せてくれましたが、不可解な退場劇で岐阜が
ひとり少なくなると状況は一変。
相手の猛攻に晒されることになります。
 
今朝録画を見返したけど、どう見てもただのファウルです。
故意でもないし悪質でもないし、イエローになる理由がわかりません。
これをイエローとるなら、前節横浜戦のホベルトの バカタレスライディングキック
にもカードをあげてください。プロレスにしか見えません。 
 
しかし、この10人になったあとの選手の気迫はほんとうにすごかった。
あんな判定のせいで虎の子の勝ち点3を奪われたら納得できません。
選手はもちろん、会場の岐阜サポみんながひとつになった気がしました。

入った得点は1点だけ。スタッツを見ればシュート数は相手より少ないし、ボール
支配率も負けているでしょう。「途中で1人退場したけど何とか逃げ切った試合」
としか判断できないかもしれませんが、数字には表れない“熱いもの”がビンビン
伝わってきた試合でした。
 
大事なのはリーグのカテゴリーだったり、試合のクオリティじゃないよね?
 
FC岐阜に一番求めているのは、“カッコいいプレー”よりも、“ひたむきなプレー”。
それは多くの人にとっても同じだと思います。
 
昨夜は10人になったことでそれが再確認されました。
選手にとっても、かな?
 
そして、恭平の神セーブと野垣内のJ初ゴールに隠れてあまり触れられないけど、
1トップになった西川が、最前線で文字通り体を張ってボールキープ&チェイスを
おこなっていたことも付け加えておきます。
 
まぁそれにしても、岡山のシュートが岐阜の選手の正面へ飛ぶこと飛ぶこと(^_^;)
これがドッヂボールなら岐阜の選手全員外野に送られて岡山の勝利だった
だろうけど、サッカーなので。
 
 
 
ちなみに、ホーム戦の成績はここまで
 
○●○●○●○●○○
 
ということで、貯金2というなかなかの成績です。
第2クールは強豪チームとのホーム戦が多くなるので厳しい戦いが予想されますが、 
“長良川”と名のつく会場は演出過剰が仕様なので、たとえ格上相手であろうが
泥臭く、粘り強く、気持ちを込めて戦ってほしいです。
 
そうすれば昨年の雨のセレッソ戦のように何かが起こる、かも?

|

« 13年目のミステリー | トップページ | ショウゲキ☆ »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/35238465

この記事へのトラックバック一覧です: 記録に残らない熱闘:

« 13年目のミステリー | トップページ | ショウゲキ☆ »