« 20位! | トップページ | ダブルオークアンタ »

2010年4月18日 (日)

サイテーな興行

こんばんは。
 
いやぁ~、今日の試合はひどかったです。
開場前、「芝が相当ヒドい」という話を聞いたのでショックは少なかったけど、
それでもじゅうぶんヒドいヒドい(^_^;)
 
あれだけボロボロの芝だったら、パスワークが持ち味(だったはず)の東京ヴェルディも
ロングボールを放り込むしかないでしょう。
おたがい中盤省略の縦ポンサッカーはバレーボールみたいで、正直つまんなかったです。
「Jリーグ」の試合というにはあまりにお粗末でした。
 
改善の方法はあるのか、夏芝がしっかり定着するまでこんな状況で耐えるしかないのか、
気になります。
選手のケガも心配ですから、打てる手があるなら何とかしてほしいですね。
 
試合内容の質が著しく低いと、一番の売りである“臨場感”についても魅力が半減して
しまいます。とりあえず選手の声がよく聞こえてきたことは面白かったですが。
味方にキレる東京V主将富澤選手など、いい感じでした。

あのような荒れたピッチでは個人の能力差がモロに出ます。
そのあたりさすが“ヴェルディ”の名前は伊達じゃありませんでしたね。
ただ、その辺りを覆すだけの何か、あるいは覆せなくても何とかしようとする必死な姿が
岐阜の選手から伝わってきたかというと、そうでもなく。
 
シュート2本じゃね。
 
自分達のホームで今季初白星を献上など、屈辱の極み。
次節までにしっかり立て直すのと、次回ホームゲームまでに荒れたピッチでの戦い方を
確立させるのはお願いします。
 
 
応援も、鳴り物無しだったりサポーター席が横に長くなったりでほんとやりにくかった
ですね。。。
いろいろ課題が見つかったので、こちらも次回のホームゲームまでに改善をしなければ
いけません。
 
もっとも、これだけヒドい試合のあとのほうが、
「僕らは僕らができることで何とかしないと!」
と、逆にモチベーションが高くなるのも事実。
 
終わった試合のことをどうこう言っても仕方ないから、
例えば「次回までにゲーフラを作ろう」とか、「今度練習を見に行って選手を励ましてこよう」
とか、前向きなことを考えるいいチャンスだと思います。
 
選手・コーチングスタッフは試合内容を改善する。
運営スタッフは試合運営を改善する。
そしてサポーターは応援内容を改善する。
 
それでいいんじゃないですかね?
 
 
いやほんと、やることが多くて仕事してる場合じゃないんだってば(爆)

|

« 20位! | トップページ | ダブルオークアンタ »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

まああれだ昼間から下ネタはあかんよね

投稿: ひろ | 2010年4月18日 (日) 23:17

>ひろさん
反省してください(笑)
まぁそのあとバクスタで昼間から「加●鷹」という
単語が出てましたけど。

投稿: ひらっち | 2010年4月18日 (日) 23:23

お互いに「前向きな」意見交換をして自分に出来る事を次の試合に向けてやって行きましょう。
悔しいのはみんな一緒・・・・・だよね?

投稿: TBS | 2010年4月19日 (月) 06:05

>TBSさん
おつかれさまでした。
ボランティアの方もいろいろ大変だったと思います。
初めてのことだから、課題が出て当たり前。今は1つでも
多くの問題点を洗い出して、次の試合に備えることが大事ですね。
悔しい。。。 はずなんだけど、次までにやらなきゃならないことが
山積みで悔しがってる余裕が無いってのが今の気持ち。
 
いやぁ、いいことだ(笑)

投稿: ひらっち | 2010年4月19日 (月) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/34286914

この記事へのトラックバック一覧です: サイテーな興行:

« 20位! | トップページ | ダブルオークアンタ »