« 冬の稲妻 | トップページ | にっぽん街探訪 第2弾 ~北海道石狩太美~ »

2010年1月 6日 (水)

【攻城記】伊賀上野城

オフシーズンは旅の話題で、ということで、
さっそく城攻めの報告からはじめさせていただきます。
 
昨年の4月なのでもうかなり前になってしまいましたが、三重県伊賀市にある
伊賀上野城を攻めて(笑)きました。
以前のエントリーでさらりと触れていましたが、正解発表も兼ねてちゃんと書きます。
 
忍者の里としてあまりにも有名な伊賀市。
街を走る鉄道も、
Iu001
このように忍者のイラストが描かれております。通称『忍者列車』という伊賀鉄道
(旧近鉄)の車両で、漫画家の松本零士氏によるデザインだそうです。
このグリーンの他にピンクと、昨年12月にデビューした新型車両をベースにした
ブルーの3編成が運行中です。
特別なのは外観のみで、内装は通常の車両と同じです。
間違っても走行中にイスが回転して車外に脱出できるとか、イスの下に武器が
隠してあるとか、そんな仕掛けはありません。
 
この伊賀鉄道伊賀線伊賀上野駅のすぐ横に伊賀上野城があります。
もともと建っていた砦を筒井定次が改修して城とし、さらに“築城の名人”として
知られる戦国武将・藤堂高虎の大改修によって現在の形になりました。
 
ここの見どころはまず、何と言っても高石垣。
Iu002
この石垣は藤堂高虎によるもので、高さ約30mという大迫力の石垣です。
時間が無かったので横からしか見られませんでしたが、下から見上げるように
するともっとデカさを感じることと思います。
伊賀上野城は日本100名城に選ばれていますが、昭和に入ってから建てられた
天守閣よりも、この高石垣が選定の決め手となったのでしょう。
 
最近は石垣も気になりつつありますが、やはり「城の醍醐味は天守閣」というのは
変わりません。
Iu003
。。。桜満開ですね。何と季節外れな写真なんでしょう(苦笑)
藤堂時代に5層の天守閣を建造していたのですが、完成直前に暴風雨で倒壊し、
以後再建されることは無かったそうです。
今建っている3層の天守は、昭和10年に造られたいわゆる“模擬天守”で、
往時とは関係の無い建物。
天守台は5層仕様のまま残っているのに建っている天守は3層なので、石垣の面積が
大きくアンバランスな印象です。
模擬とはいえ、千鳥破風・唐破風・切妻破風と多用な屋根の形式を一度に見られて
楽しめます。現存とか復元とか模擬とかこだわらず、純粋に城郭建築として見ると
なかなか面白いと思うのですが。
 
建物の中は、他の城と違わず歴史博物館となっています。
Iu004
写真の兜は、藤堂高虎が豊臣秀吉から拝領したものらしいのですが、
こんなにもデカい飾りがついてたら戦いにくくてしょうがなかったでしょうね。
 
この城を訪れるのに最も適した季節は、やはり桜の見ごろとなる4月上旬でしょう。
岐阜からは、国道258号線を南下して、桑名東ICから東名阪を亀山方面に。
そのまま名阪国道を走って中瀬ICから国道163号を西へ進むと案内看板が
見えてくるはずです。

|

« 冬の稲妻 | トップページ | にっぽん街探訪 第2弾 ~北海道石狩太美~ »

《城攻め》」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/32887024

この記事へのトラックバック一覧です: 【攻城記】伊賀上野城:

« 冬の稲妻 | トップページ | にっぽん街探訪 第2弾 ~北海道石狩太美~ »