« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

マイケルではないジャクソン

以前に紹介した、高山市にあるカレー専門店『弱尊』の期間限定メニュー
“冬の稲妻”
 
それを食べられるのが本日(1/31)までだったので、誘惑に負けて(笑)
ひとっ走りしてきました。
 
実際にはいろいろ寄り道をしてきましたが、
「カレーを食べるため“だけ”に高山まで行った」と言っても過言ではありません。
 
Jakson_100131
今回は別アングルで。
先日、大学の後輩に教えてもらった「美味しそうに撮る裏ワザ」
を試してみました。いかがでしょう。
今回は、最初から『FE』が真ん中に乗っています。
 
『FE』とは、Fried Egg ・・・ 揚げタマゴ でした。
味がやわらかくなるのと同時に、チゲスープと絡むとビビンバみたいな
感覚になります。
 
今回も、魔物か何かに取り憑かれたようにスプーンが止まらなくなり、
異常なまでに汗をかきながらも美味しくいただきました。
 
基本的に辛いものは苦手なのですが、なぜここまでヤミツキになって
しまったのか、自分でもよくわかりません。
 
来月(2月)からは別の期間限定メニューが登場するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阜女子まだ旅に出てる

2010___2  
 
 2/28(日) 13:00~ プレシーズンマッチ vs名古屋グランパス @瑞穂陸上競技場
-----------------------------------
 2010 Jリーグ ディビジョン2
  第1節 H vs カターレ富山 3/7(日) 13:00~ @長良川競技場
  第2節 A vs 大分トリニータ 3/14(日) 16:00~ @大分スポーツ公園総合競技場(旧九石ドーム)
  第3節 H vs ヴァンフォーレ甲府 3/21(日) 16:00~ @長良川競技場

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
2/13(土) 練習試合 vs松本山雅FC
        13:00~         @長良川球技メドウ
2/14(日) 2010FC岐阜ファン交流会
        15:30~17:30 @で愛ドーム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

ローラ・アシュリー・コール

昨日の「ゴォール!FC岐阜」は、選手のインターンシップ体験。
眞さんは“職人”という言葉がピッタリで、重成くんも楽しそうに
革製品を作っていました。
 
試合以外での選手のこういった姿を垣間見られると、より身近に思えて応援にも
力が入るような気がします。
 
それにしても。
法被だけでなく、品の良さそうなカッターシャツも違和感なく着こなしてしまう
正吾さんの適応力の高さにはビックリしました。
 
インテリアコーディネーターの資格取得に向けて勉強中ということは
公式HPで見ましたが、既に2級は取得して1級の試験を待つのみというのに
また驚きました。
 
1級の試験日が天皇杯の名古屋戦とかぶったから受験できなかった
 
なんて完璧すぎるオチまでつけなくてもいいのにと思いつつ(笑)
 
そういえば、準々決勝の開催日というのも、本来は12月12日(土)だったのが、
なぜか13日(日)になったんでしたっけ。
当初の予定通り土曜日に試合が行なわれていれば受験できたんですね。
 
うーん、残念。
今年またがんばって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

今日ココへ来たみんなはコレが見たかったんだろう

10___3

書いているのは27日と28日の間の夜なので、昨日ということになりますが、
今シーズンのFC岐阜のユニフォームとスポンサーが発表されました。
 
昨年看板スポンサーだったエイデン様が袖、
同じく看板スポンサーのコパン様がパンツの
ユニフォームスポンサーになってくださいました。
昨年以上の支援をしていただき、本当にありがとうございます。
 
そして、念願の胸スポンサーがつきました。
「リアルワールド」様。
本当にありがとうございます。
 
岐阜はおそらく、他のどのJリーグクラブよりも、スポンサーのありがたさを
感じられるクラブです。
昨年のリーグ最終戦以降、アメットビーの売り上げが急増したという話も
聞いています。
 
どうにかして、手を挙げてくださった企業様には恩返しをしたい。
商品を購入したり、サービスを利用するのもそうだし、
試合ではロゴ入りユニフォームを着て応援し、マスコミ媒体に写り(映り)まくる
というのも立派な宣伝活動になります。
スポンサー様にとって、「FC岐阜」というプロスポーツクラブが来年も再来年も継続して
支援する甲斐のあるチームになるよう、
 
試合でも、ひとつでも勝利を多く挙げて(特に強豪相手に)、ユニフォームの露出が
さらに増えるよう、がんばりましょう。
 
ちなみにまだ空いている背中も交渉中とのことで、開幕までにどこが埋めてくれるのか?
楽しみがまたひとつ増えました。
それにしても、イッキに3社も、しかも「胸」にスポンサーがつくなんて夢のようです。
早く現物を見てみたいですね。
 
しかし、今回スポンサー枠がすべて埋まったからといって、決して安心しては
いけません。油断してもいけません。
今季の経営目標である「単年度黒字」には明るい材料となりましたが、累積赤字は
まだまだたくさん残っているでしょう。
Jリーグへの5000万円の返済もあります。運営費もあります。
ユニフォームスポンサーだけの支援額では楽観視できないはずです。
そして金銭面だけでなく、地域の温かいサポートがあってこそのプロスポーツクラブ
であるということを忘れずに、今年も支えていこうと思います。
 
 
で、ここからはデザインの話ですけど、何が一番驚いたって
「黄色がやたら多い」ことですね。一昔前のジェフみたいです。
(偶然にも、今季からジェフも黄色×緑の配色が復活しましたね。メンバーもルネッサンスだし。)
 
まあ、ユベントスがトリノになってしまった往時のヴィッセル神戸に比べれば
蚊に刺されるよりも気にならないレベルです。
緑が昨年までより明るくなっていていいですね。
  
昨年終盤の新グッズに黄色が使われていたのはこの伏線だったのか?
とか、いろいろ想像してみると、それだけで楽しそうです。
想像は勝手ですから。

慣れるまでは少し時間がかかりそうですが、胸のロゴが違和感無く溶け込んでいるのは
いい感じです。海外っぽいなぁと思ったら、ナント(仏)がこんな配色でしたっけ。
 
その他、
「そのカラーリングならパンツは白じゃなくて緑だろう」
とか、
「アウェイが練習着みたいだ(でも黒パンはよい)」
とか、
「襟の形がレトロだったので気になって調べてみたら200●年モデルだった」
とか、
ツッコミどころはいろいろありますね。
 
まとめると、
 カッコイイかカッコ悪いかと言われたら正直カッコ悪いけど、
  好きか嫌いかと言われたら、
   すごく好きです。

 
高校のサッカー部っぽくて親近感があるし(そこまで狙って採用していたらすごいと思う)、
最新モデルでないのも「型落ちしたフェラーリエンジンで強豪に挑むザウバー」
のようで、燃えてきます。
 
実は、「明るい緑を最優先で選んだら200●年モデルだった。」
なんてのが真相だったりして。
と、想像に事欠きません。
 
はやく実物を見たいけど、未来会館に展示してあるのかな。。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

御礼

気づいた方はいらっしゃいましたか?
当ブログ「ひらっちの今夜も I LOVE GIFU ☆」が、
昨夜 150,000アクセス を達成しました。
ご愛顧いただきありがとうございます。
 
初対面の方から「ブログ見てますよ。」と声をかけられると、
恥ずかしいけどうれしいです。
 
今日、人材チャレンジセンターでいつも相談に乗ってもらっている
キャリアアドバイザーの方に、このブログがバレました(笑)
というか既にバレてました。
 
めったなことは書けませんね。
そもそも、会社に黙って仕事すっぽかしてFC岐阜に熱をあげているとかは
まだやってないので、見られて困るようなことは書いてないつもりですが。
 
「まだ」って。 
 
いろいろ不安になることは多いですが、たとえコメントとかのリアクションが
無くても、見てくれている人がいると思うと励みになります。
 
「前進し続けること」
サッカーだけでなく、日常生活でも多くのことに当てはめて考えることができます。
本人が気まぐれロマンティックなのであんまり肩に力の入ったブログではありませんが、
いろいろとがんばっていきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
まずは自分のことを前進させないといけないので、そちらに注力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

タイトル戻しました

このブログの画像を使いたい用事があったので、
ちょっと早いですが通常仕様に戻しました。
 
新体制発表に合わせて、こちらもサッカー応援モード!
かと言われるとそうでもなく、気持ちはまだ旅に出たままですけど。
 
いやいや、もっと現実的な問題がありますので。
 
今季開幕2節の日程だとか、プレシーズンマッチだとか、交流イベントだとか
いろいろ発表され始めました。
改めてトップの告知に追加しておきます。
 
開幕の相手は隣県のライバル富山。
ここ3年間アウェイ開幕だったので、ホーム開幕というのは楽しみです。
(でもどちらかといえばホームで最終戦のほうが好きかな)
長良川競技場がメインだけで使えるそうで、富山から多くのサポーターが
来られても問題ないですね。
富山さんは第2節でいきなりお休みらしいので、たくさん引き連れてきてください。
その上で撃破しますから。
前回はアウェイジャックに成功しましたが、今回は「ホーム力」が問われます。
 
第2節は、ウメさんが逆転再契約で残留した大分トリニータと対戦。
ガラッと様変わりした岐阜とどんなゲームを見せてくれるのか、こちらも楽しみです。
個人的には西山哲平の引退が唯一残念です。
 
さすがに日曜日の九州アウェイは大変です。
どうせJFLの開幕カードは法則があるから守山にでも行こうかー
と思っていたら、町田が変な動きをしていてアウェイで武蔵野になったのですね。
どっちも遠い。。。
この日はPVがあるかもしれないので、岐阜でおとなしくしていようと思います。
いろいろ都合がつけば大分まで行っちゃうかもしれませんが、その可能性は非常に
低いでしょう。
 
名古屋はもう飽きた。
 
 
 
と、早く言いたいのでPSMもそろそろ1勝したいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

新シーズン体制発表

本日、未来会館でFC岐阜の新体制が発表されました。
詳しい会見内容はJ's Goalに載っているので、そちらをご覧ください。
相変わらずいい加減ですが何か。
 
会見は14時開始で、13時からマスコミ関係者の受付が始まったのですが、
プレスより先にサポーターが会場に現れた、というのはよくあることですね。
待ち切れない気持ちはよくわかります。
会見場となったハイビジョンホールの定員が約200人で、その大半が埋まって
いたので、マスコミ関係者・サポーター合わせて150人ぐらいは集まったのでは
ないでしょうか?
 
予め配布された資料に、今季の陣容と背番号が書いてありました。
ポジション順に書かれていたので、改めて番号順に直してみると、
  GK 野田 /  DF 野本 /  DF 吉本(←30) /  DF 田中
  DF 川島 /  DF 秋田 /  MF 菅 /  (なし)
  FW 朴 俊慶 / 10  FW 朴 基棟☆ / 11 MF 染矢(←20) / 12(サポーター)
 13  (なし) / 14 MF 嶋田 / 15 MF 永芳 / 16 FW 西川
 17 DF 野垣内 / 18 FW 佐藤 / 19 DF 冨成 / 20 DF 山内(←29)
 21 GK 村尾☆ / 22 GK 重成 / 23 MF 橋本 / 24 DF 村上☆
 25 DF フラビオ☆ / 26 MF 阪本☆ / 27 FW 押谷        ☆…新加入
 
ちょっと見にくいでしょうか。。。
新人の朴 基棟 選手が10番ということで、期待の大きさがうかがえます。
吉本は3番。このあたりまでは予想通りでしたが、11番が染矢なのは驚きました。
(11番は押谷だと思ってたので)
で、やはり曽我部と橋内の名前が無かったことが気になります。
近いうちに発表があると信じてますが。
全部で24人。少ない気がするので、追加加入があるかもしれません。ブラジル人?
 
会見の冒頭に、今西社長から今季の目標が発表されました。
経営面では「単年度黒字必達&借金完済」
成績は、「真ん中以上」(9位以上と勝手に解釈)
観客動員目標は「平均5,000人」
とのことです。
あわせて、改修中の長良川競技場をシーズン当初に3回使えることと、
光明寺球技場(定員7,400人)を2回使えることがわかりました。
 
平均5,000人というのはかなり高い目標。
メドウと光明寺が満員になるという前提で、メモリアルには平均9,500人の集客が
必要になってきます。メモリアルが使える序盤の3回に、動員力のあるクラブが来てくれると
助かるのですが。富山からだったら近いものですね。何せ、会場まで行きながら。。。(以下略)

 
3年後のJ1昇格を目指すうえで、今年は「昇格準備の年」という位置づけ。
そして、今西社長が兼務していたGMには、今季から服部さんが就任。
クラブが大きくなっていく地盤が、少しずつできあがっているようです。
 
チームスローガンは、「前進し続けること STEP BY STEP BY STEP」
倉田新監督の発案だそうです。わかりやすくていいですね。
ヘタに小洒落たキャッチコピーではないところに好感が持てます。
 
その後、新入団選手5名が登場しました。(阪本選手は欠席)
新ユニとか新スポンサーとかも発表か?という期待もありましたが、選手は
みなスーツでの登場で、新ユニフォームの発表はありませんでした。
が、逆にこれでユニフォーム変更が確定したと思っていいでしょう。
どんなデザインなのか楽しみですね。
 
新加入選手のコメント・一問一答も「J's Goal」に載っていますので、個人的に感じた
感想やらこぼれ話やら。
 
村上選手    ・・・司会から「村尾選手」と間違えて紹介され、「。。。村上です」と訂正する
            までの絶妙な間と、口調が完全に笑いを取りに行ってました。GJ。
村尾選手    ・・・誠実そう。自己PRの最後に「キックは正確です」と答えられたら100点。
            「あと、雨にも強いです。」と言えれば200点でした。何の点数だか。
朴 選手    ・・・デカい。身長がというよりオーラが。ついつい期待したくなる選手。
            誰かに似てると思ったら諸江健太。そりゃ頼れるわ(笑)
フラビオ選手・・・目が大きくてキラキラしてる。若いってすばらしい。全体的に陽気で
          ポジティブオーラが出てるのがすごくよい。
山内選手    ・・・今年のイケメン枠。昨年の練習ではサイドハーフでプレーしていたけど、
          「本職はセンターバック」と猛アピール。
 
最後に、サポーターといっしょに記念撮影。
Dsc01943
 
平日でなければ、もっと多くの皆さんと記念写真を撮影できたと思うのですが、
土日に会見するのって難しいのでしょうか?
 
1/23(土)に、北西部グラウンドで岐阜市主催のイベントがあり、全選手・スタッフが
参加予定です。昨年と同様、サインをもらえる時間はたっぷりありそうなので、
そちらをお楽しみに。
僕も浮氣さんに挨拶しないと(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

買いたくなったよ

買いたくなったよ
いきものがかり「ハジマリノウタ」
 
G●Oにいつ行ってもレンタル中でなかなか借りれなかったので、
買ってしまいました。
そこに至ったいきさつは長くなるので割愛しますが、「初回版に付いてくるDVDがすごくよい」という評判を
聞きつけたのも、購入の決め手のひとつです。
 
前作「My Song Your Song」は、僕のなかで恐ろしく評価の高い
アルバムでした。
それこそ、「ここ数年のナンバーワン」と呼べるくらいに。
それと比べてしまうと、やはりちょっと物足りない感じはあります。
 
そもそも、「捨て曲ゼロ」という前作が異常であって、
今作にも初音源化されたいい曲が入っています。
特に「真昼の月」がいいなぁと思っていたら、ドラマのテーマソングに
なったみたいですね。
 
最初聞いたときはイマイチだったけど今ではかなり大好きな
「気まぐれロマンティック」や、最初聞いたときは「何じゃこりゃ」
と呆れたのに、聞いているうちに病みつきになってきた「じょいふる」
のように、いきものがかりには聞けば聞くほど味が出てくる曲が多いので、
しばらくしたらまた評価が変わっているかもしれません。
 
そして付録のDVDですが、噂に違わずすばらしい出来です。
吉岡さんはライブでも声が安定してます。
「心の花を咲かせよう」は気持ちがこもっていて、それが
パフォーマンスにしっかり反映されてました。
「吉岡さんは本当にこの曲が大好きで、大切に歌ってきたんだなぁ。」
というのが伝わってきます。
 
ちなみに、ブックレットに載っていた昔の吉岡さんはモンチッチみたいでした。
うん、今のほうが絶対いい。
パーツ単位では、美人顔とはちょっと言えない吉岡さん(失礼)
ファッションだったり、体の動きだったり、あるいは醸し出している
雰囲気だったりで「あぁ、かわいいなぁ(´∀`)」と感じられるのですが、
歌っている姿を見るとそれがさらに倍増しているような気がしてなりません。
 
トークではウザいだけの「神田家の妹のほう」も、歌っているときは
妙にかわいく見えるから不思議です。
「歌ってる女の子はかわいい」という結論でいいのでしょうか?
 
もう1つの事例として、「パン屋で働いている女性」もキレイに見えることが
あるので、つまり個人的には
「パン屋の制服を着て歌っている女性」
が、どストライクということになりますか。
 
何て非現実的な。
 
 
そんなくだらないことを書いているうちに、
どうやら今季序盤の日程が発表されたとか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

微鉄の微鉄による微鉄のための微鉄話

ようするに自己満足(笑)
 
ちょうど北海道へ行ったのが新しいデジカメを買った直後だったので、
うれしくてついつい撮りまくっていました。
買った当初はすごいと思っていたサイバーショットさんですが、実は
夜や屋内に弱いとか、手ブレしやすいとか特性がわかってきました。
札幌駅はJR北海道の起点となる駅なので、すべての特急列車を見ることが
できるのですが、屋根に覆われているためあまりきれいな写真は撮れません。
 
と、逃げ道を用意しておいたところで微鉄話スタートです。
誰かに向けて書くというよりは、勉強のために書いているようなものなので、
鉄い方々が見られた場合ものすごく物足りないでしょうが、ご容赦ください。
 
Jrh015
まずはこちら。「スーパーカムイ」の789系。
旭川~札幌~新千歳空港で運行されています。
今のところ、JR北海道で一番好きな車両。
白銀のボディが北海道の雪を想起させて、とてもきれいです。
車両自体は頻繁に見かけるのでそんなに珍しくはありません。
 
Jrh014
特急「すずらん」の785系。
札幌と、“鉄鋼の街&なっちのふるさと”室蘭を結びます。
「すずらん」のほか、「スーパーカムイ」(札幌-旭川)、快速「エアポート」
(札幌-新千歳空港)、通勤快速「ホームライナー」(小樽-札幌など)
としても利用されるので、よく見かけます。向かって車体右側に付いている
液晶の表示が違うだけなので、「スーパーカムイ」だから789系と思いこんで
見に行ったら実は785系だった。ってことがあるとちょっと萎えます(笑)
 
Jrh011_2
特急「スーパー北斗」。札幌と函館を最短3時間で結びます。
スーパー北斗には、札幌運輸所所属の283系と函館運輸所所属の281系の2種類が
存在し、こちらは281系のほう。
 
僕が見たときは、こんなステッカーが貼ってありました。
Jrh012
2004年には、「新撰組」ラッピング電車が走っていたそうです。
見たかった。。。
 
Jrh016
183系の特急「北斗」。同じく札幌~函館間で活躍します。
旧世代の車両ですが、雄大な羊蹄山をバックにするならば、
こちらのほうがしっくりくるような気がします。
稚内行きの特急「サロベツ」も同じ183系で運転されていますが、
1日1往復というレアキャラなので目撃できませんでした。残念。
 
Jrh002 Jrh013_2
札幌と釧路を結ぶ283系「スーパーおおぞら」。
1994年に営業運転を開始した281系の発展型で、1997年に営業運転を
開始しました。
この283系は、函館本線の「スーパー北斗」、根室本線の「スーパーとかち」
にも運用されています。大活躍ですね。
 
Jrh001
2000年から導入されたJR北海道の最新車両、261系の特急「スーパー宗谷」。
札幌と稚内を結びます。
281系と283系に採用されていた「振り子装置」のローコストバージョン
「車体傾斜装置」を搭載しています。
(車両横のロゴが「FURICO」ではなく「Tilt」なのはそのせい)
さらに2007年には、改良型の「261系1000番台」が根室本線の「スーパーとかち」
として運用されているとのこと。
しかも789系に似た顔になったので、知っていればそれも撮るところでしたが、
不勉強でした。
また来なければなりませんね。
 
Jrh003
そしてこちらが、札幌~旭川間で活躍する臨時列車「旭山動物園号」。
Jrh004
 
1号車かと思ったら実は5号車で、それぞれ
Jrh005ペンギン(5号車)、
Jrh006チンパンジー(4号車)、
Jrh007ライオン(3号車)、
 
オオカミ(2号車 ※このときは4両編成のため抜かれていました)

Jrh008ホッキョクグマ(1号車 ブレた!)
と、車両ごとに内外装のデザインが専用のものになっています。
もっとも、この列車に乗ったからといって、絶対旭山動物園に行かなければならない
というわけではありません。あくまで扱いは「スーパーカムイ」のうちの1本です。
JR北海道のホームページに、旭山動物園往復に適したお得なプランが掲載されている
ので、行かれる方はぜひご利用ください。
 
Jrh010
最後に紹介するのが、183系で運行される特急「オホーツク」。
昨年10月のダイヤ改正でこの形の車両が減ったそうなので、
今となっては貴重な存在かもしれません。
 
寝台特急も撮ってきましたが、書く気力が無くなったのでこのへんで(おい)。
 
北斗星の到着が定刻より40分以上遅れたため、時間つぶしに寄った札幌駅の
大丸でヴィヴィアンのキーケースを買えた(買ってしまった?)というステキな
おまけもついてきました。
 
 
履歴書に「趣味」を書く欄があってふと思ったのですが、「FC岐阜」ができたことで
ずいぶん趣味が増えたなぁ~、と感じる今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

年甲斐もなく。。。

夜、結婚式の2次会@名駅に呼ばれていて、その前に
企業展(就活ね)へ行ったら予想以上に時間が余った
ので、栄の漫画喫茶で時間を潰してました。
 
なかなか機会がなかったので、ここぞとばかりに
ジャイキリをイッキ読みしたら、
 
世良のダイビングヘッド(9巻)で、
泣きそうになりました。
 
満喫で。
個室で。
ひとりで。
年甲斐もなく。
 
ちっちゃい選手って、ついつい感情移入しちゃう
んだよなあ。。。
 
 
その満喫で人気ランキング第3位になってたのも
納得のおもしろさ。
 
岐阜の開幕も楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

昨日の敵は今日の友

米田コーチが退団し、刈谷で監督をされていた浮氣さんが新しくコーチに就任
と、新シーズンに向けての動きが活発になってきました。
昨日の今日でずいぶん話が早いな、というのが第一印象。
 
米田さんは練習見学でもざっくばらんに話してくれる方で、今年はもうお話が
できないと思うと、本当に寂しいです。
若い選手にとっても、熱くグイグイと引っ張ってくれる米田さんのような指導者は
とても頼れる存在であり、昨年積み上げたチームの土台を最大限活かすためには
氏の残留が最低条件だと思っていたので、とりあえず後任が見つかったことは
よかったものの、ちょっと不安です。
 
倉田監督も初めての監督職で慣れないこともあるだろうし、昨年ほどではない
にしろ、やはりシーズン序盤はうまくいかない部分も出てくるだろうなぁ、
と腹をくくっておくことにしました。
 
刈谷で監督経験のある浮氣コーチなら、うまくサポートできるかもしれないと
いうのは明るい材料かもしれませんね。
 
そういえば浮氣コーチとは、昨年末に敵味方として戦った間柄(大袈裟?)
になりますね。
これも何かの縁でしょうか。
1/23にイベントがあるようなので、機会があれば一度お話ししてみたいです。
 
来週頭のチーム始動に向けて着々と準備が整いつつあります。
同時に発表された韓国出身の大型FWへ期待が高まりますが、補強がこれだけなら、
 
。。。MF少なくないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

くせになる

月曜日にたまたま見た『インディゴの夜』が面白くて、
今週はずっと見てます。
昼ドラといえば愛憎ドロドロというイメージだけど、
このドラマはちょっと変わったホストのお兄さんたちが
力を合わせて難事件を解決するということで、ドロドロとは
無縁で楽しく見られます。
 
東海テレビ制作だから舞台は錦かと思ってたら、渋谷なんですね。
そういえば仮面ライダーで見たことのある方たちが
ちょいちょい出てきます。
ザンキさんいきなり失踪してるとは。
 
岐阜市出身の長谷部優さんと、十六銀行のCMに出演中の
森カンナさんが共演しているので、いち岐阜県民としても
ちょっと気になるドラマです。
 
さすがに真っ昼間は見られないので録画ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月12日 (火)

絶景@東濃

Dsc01803

ごぶさたしていました。
カッコつけて旅ブログとか言ってるくせに、
そのカテゴリーでエントリーを書くにはけっこう
気力がいるので、ついついほったらかしていました。
 
先日、用事で土岐プレミアムアウトレットに行ったら、
駐車場からとてもいい景色を見られたのでアップします。
 
撮影場所は東側の駐車場。
こんなに簡単に行ける場所で、これだけきれいな景色が見られるという
費用対効果(?)の高さも、岐阜のよさの1つ。。。かな。
 
 
 
J's Goalを見たら柏公式も「エ」が小さいぞ?
と思って柏公式を覗いてみたら、正しかった。
アップしてから気づいて直したのかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

久保さんっ!?

ツエーゲン正気か?

1年でJ2に行こうという気概はわかるけれど、
90分持つのか? とか、
守備ができるのか? とか、
そもそも金は。。。 とか、
期待より不安のほうがはるかにでかいんですけど。
 
前線よりも、ヒカルと三原の抜けた中盤の補強が気になります。
 
竜彦よりも嘉晴のほうがよかったなぁ。
なんて。
。。。故人か。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

にっぽん街探訪 第2弾 ~北海道石狩太美~

全国的にあまり知られてない街を訪れて紹介しようという勝手企画。
群馬県桐生市に続く第2弾は、昨年5月に訪れた北海道石狩郡当別町にある、
太美地区です。
 
おそらく道外の人間にとって、ほとんど聞いたことのない街じゃないかと思います。
僕も恥ずかしながら前日の夜まで全く知りませんでした。
ちょうど札幌戦@札幌ドーム試合後の夜、以前にも行ったことがあったSSKNの
居酒屋「吟凛」(現在は休業中のようです)で店員さんに、
「どこか近くにいい感じの田舎はありませんか?」
と聞いた時に教えてもらったのが、この「太美地区」だったわけです。
店員さんにとっても「???」という質問だったでしょうね。
 
一緒に旅行した方はご存知だと思いますが、僕は田舎の風景というのが大好きです。
さらに「北海道の一番の見どころは観光地ではなく田園地帯」というよくわからない
ポリシーを持っていて、それは観光客の目を喜ばせるために「造られた」北海道ではなく、
そこに暮らす人たちの「リアルな生活感」に魅力を感じるからです。
 
ということで旅のスタートは札幌駅。ここから札沼線で移動します。
02if001
乗ったのは、キハ201系というディーゼル車です。
一応“微鉄”なので軽く紹介させていただきました(笑)
電車に揺られること約40分。
雄大な石狩川を渡ったところに、目的の石狩太美駅があります。
 
02if002
スウェーデンのレクサンド市と友好都市ということで、北欧の面影を感じさせる
駅舎が特徴的です。
黄緑色のJRマークが軽く雰囲気を壊してますね(苦笑)
 
ここで大変なことに気づきました。
以前も軽く触れましたが、最初はレンタカーで来ようと思っていたのです。
しかし当日何社かに電話したらいずれも空車が無かったのでとりあえず電車で
来たわけなんですが、気づいてしまいました。
アシが無いことに(!)
まずはバス停が無いか探したものの見つからず(後ほど確認できました)、
レンタサイクルが無いか駅前交番に聞いてみたら「そんなのねぇよ」的な
返事が返ってきました。
 
というわけで歩くしかありません。ひたすら徒歩です。
駅周辺は民家も多く、それこそ北海道特有の形をした建物がいくつかあって
楽しめました。
02if003
郵便局も異国情緒があっていい感じです。
 
途中の橋には、
02if004
こんなかわいいオブジェ(?)も。
名前をよく見ると「スウェーデン橋」。とことんスウェーデンにこだわった街
なのでしょうね。イブラヒモビッチ!(意味不明)
 
事前に少し携帯で情報収集をして、「スウェーデンヒルズ」なる場所がある
ということがわかりました。そこへ行けば何かあるかもしれないと思い、
ひたすら歩いていきましたが、これが意外と遠かったです。
その名の通り丘の上にある地区で、駅の近くからそれらしき建物が見えていた
ものの実際に辿り着くまで4kmぐらい歩くことになりました。
 
しかも、ちょうど昼時だったので、途中に飲食店があればそこで食事しようと
思っていたにもかかわらず、飲食店なんて一切無し。影も形もありません。
あるのは民家と公共施設ばかり。
観光客誘致なんて一切考えていない潔さが逆に清々しかったのですが、
いかんせん足がないことには大変です。
やはり田舎を行き当たりばったりで旅するには、レンタカーが必需品です。
(駅前に「ラーメン中村」というラーメンと焼肉を出している店があり、そこの
  「牛テールラーメン」というのがおいしいそうです。後で知りました。)
 
ということで昼食抜きで坂を上り、ようやくスウェーデンヒルズにやってきました。
有名なところのようなので、何か飲食店もあるだろうと。
 
が、もうひとつ気づいてしまいました。
「スウェーデンヒルズ」というのは、ただの新興住宅地だということに。
 
街の様子は、
02if005 02if006
こんな感じで、北欧建築で統一された民家が立ち並ぶオシャレな住宅街を
形成しています。
僕を含め建物好きの人にとってはかなり魅力的なところなんですが、
やはり観光地ではありません。
途中、犬の散歩をされている方と出くわしましたが、観光客がこんなところに
来るわけがないと思われたのでしょう。住民かそこの来客と間違われたのか、
「こんにちは~」と挨拶されたので、ここは怪しまれてはいけないと思い、
普通に「こんにちは~」と挨拶し返しました(苦笑)
 
すいません、ただの観光客です。
 
ただ、やはり知らない方とでも挨拶できると気分がいいですし、気軽に言葉を
交わせる街というのは住んでいる方にとっても心地よいだろうと思います。
ちなみに、ベランダでジンギスカンをやっているご家庭を目撃しました。
さすが北海道。
 
丘の上なので、
02if007 02if008
こんなすてきな景色を見ることができます。
って天気がよければもっときれいだったでしょうね。
 
で、結局、昼食は坂を下りたところにあるローソンで
から揚げとポテトチップスでした(爆)
 
ここからまた駅の方向へ歩いて戻っていったのですが、駅周辺の住宅地と
スウェーデンヒルズの間には、「これぞ北海道!」という田園風景が
広がっていました。
 
02if009
どこまでも真っ直ぐな道に、
 
02if010
緑の海に浮かぶ島のような民家。
そして一列に並ぶ防風林。
できれば晴れた日に見たかったです。
 
そのまま、唯一の観光スポット(?)であるロイズの「ふと美工場」まで歩きました。
02if011
直営店が併設されており、ここでしか手に入らない限定商品もあります。
歩き疲れたのと雨脚が強くなってきたのとで、さすがにここから歩いて駅まで行くのは
大変だろうと思い、店の方に聞いてバスに乗り何とか石狩太美駅まで戻れました。
 
02if012
歩道橋の上からはこんな写真も撮れます。
 
帰りに乗ったのがこちらのキハ141系。
02if013
いかにもローカル線という角ばったフォルムがいいですね。
 
というわけで半日ほどの滞在でした。
札幌にも近く、「住めばよいところ」というのはじゅうぶんに感じましたが、
また行きたい街。。。 ではなかったです。
自転車にしろ車にしろ、何かしらアシがあれば違いましたかね?

もっとも、僕が住んでいる羽島市もそんな街なんですが。
 
こんなグダグダな行程でも、それなりに満足して楽しめるというのは1人旅の
いいところです。
「ひたすら歩き続けて住宅街を見て帰ってくる」なんて、同行者がいたら間違いなく
怒られますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

【攻城記】伊賀上野城

オフシーズンは旅の話題で、ということで、
さっそく城攻めの報告からはじめさせていただきます。
 
昨年の4月なのでもうかなり前になってしまいましたが、三重県伊賀市にある
伊賀上野城を攻めて(笑)きました。
以前のエントリーでさらりと触れていましたが、正解発表も兼ねてちゃんと書きます。
 
忍者の里としてあまりにも有名な伊賀市。
街を走る鉄道も、
Iu001
このように忍者のイラストが描かれております。通称『忍者列車』という伊賀鉄道
(旧近鉄)の車両で、漫画家の松本零士氏によるデザインだそうです。
このグリーンの他にピンクと、昨年12月にデビューした新型車両をベースにした
ブルーの3編成が運行中です。
特別なのは外観のみで、内装は通常の車両と同じです。
間違っても走行中にイスが回転して車外に脱出できるとか、イスの下に武器が
隠してあるとか、そんな仕掛けはありません。
 
この伊賀鉄道伊賀線伊賀上野駅のすぐ横に伊賀上野城があります。
もともと建っていた砦を筒井定次が改修して城とし、さらに“築城の名人”として
知られる戦国武将・藤堂高虎の大改修によって現在の形になりました。
 
ここの見どころはまず、何と言っても高石垣。
Iu002
この石垣は藤堂高虎によるもので、高さ約30mという大迫力の石垣です。
時間が無かったので横からしか見られませんでしたが、下から見上げるように
するともっとデカさを感じることと思います。
伊賀上野城は日本100名城に選ばれていますが、昭和に入ってから建てられた
天守閣よりも、この高石垣が選定の決め手となったのでしょう。
 
最近は石垣も気になりつつありますが、やはり「城の醍醐味は天守閣」というのは
変わりません。
Iu003
。。。桜満開ですね。何と季節外れな写真なんでしょう(苦笑)
藤堂時代に5層の天守閣を建造していたのですが、完成直前に暴風雨で倒壊し、
以後再建されることは無かったそうです。
今建っている3層の天守は、昭和10年に造られたいわゆる“模擬天守”で、
往時とは関係の無い建物。
天守台は5層仕様のまま残っているのに建っている天守は3層なので、石垣の面積が
大きくアンバランスな印象です。
模擬とはいえ、千鳥破風・唐破風・切妻破風と多用な屋根の形式を一度に見られて
楽しめます。現存とか復元とか模擬とかこだわらず、純粋に城郭建築として見ると
なかなか面白いと思うのですが。
 
建物の中は、他の城と違わず歴史博物館となっています。
Iu004
写真の兜は、藤堂高虎が豊臣秀吉から拝領したものらしいのですが、
こんなにもデカい飾りがついてたら戦いにくくてしょうがなかったでしょうね。
 
この城を訪れるのに最も適した季節は、やはり桜の見ごろとなる4月上旬でしょう。
岐阜からは、国道258号線を南下して、桑名東ICから東名阪を亀山方面に。
そのまま名阪国道を走って中瀬ICから国道163号を西へ進むと案内看板が
見えてくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

冬の稲妻

雪もひと段落したので、初詣と里帰りを兼ねて高山へ行ってきました。
そして、高山恒例の「 弱尊 」ですが、いつものハヤシカレー+揚竹輪に、
何をトッピングしようかと悩んでいたら、カウンターに手書きのPOPで紹介されていた
 
『冬の稲妻カレー』
 
というのが無性に気になったので、頼んでみることにしました。
 
Dsc01749
 
※揚竹輪は自分でトッピングしたので付いてきません。
 
通常のカレーに「チゲ」のスープをかけ、キャベツと長ネギを加えたメニュー。
当然ですが、辛いです。
もともとこのお店のカレーは少し辛口なので、さらに辛くなります。
そしてご存知の方も多いでしょうが、あたくし辛いのが苦手です。
 
。。。だったらどうして頼むんだと言われても、「無性に気になったから」としか
返せません。「弱尊だから大丈夫」という安心感があったからかな。
 
しかし予想通り、3口目ぐらいから口の中がヒリヒリし始めて、汗が浮かんできました。
間もなく顔じゅうから汗がダラダラと流れて、傍目にはかなりしんどく見えたようです。
が、なぜかスプーンがどんどん進んでしまう不思議な味。
カレーとチゲスープという、お互いの主張が強すぎてぶつかり合わないか心配になる
組合せなのに、お互いにお互いの味をたてるように代わるがわる味が広がる
絶妙なバランス感覚で成り立っていました。
まさに香川と乾。。。 いや、佐藤と西川と言った感じ。
 
そして、ちょっとキツいなと感じたら付け合せの野菜サラダをひと口。
これがちょうどよい箸休め(スプーン休め?)になります。
 
辛い物好きにも、そうでない人にも自信を持って薦められるひと品。
(汗っかきの人はタオルハンカチ必携ですが)
きれいに完食して満腹になっても、しばらくするとまた食べたくなる。
これぞ「スパイスマジック」と言わんばかりの味です。
ちなみに、名前の通りの冬季限定メニューで、1月末までしか食べられません。
終了してしまう前にまた食べに行かないと後悔しそうだわ。
 
そして、食べてる最中に気づいて追加したので写真にはありませんが、
『FE』をトッピングするとさらにおいしくなります。
FEとは何ぞや? 正解はお店の方に聞いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

ガチャ、水戸へ移籍

新年早々に決まってよかったです。
しかも、移籍先は岐阜より上位チームの水戸ホーリーホック。
岐阜と同じように、クラブ・選手とサポーターとの距離が近い印象があるので、
ガチャにとってよい移籍先だと思います。のびのびできる環境が一番でしょう。
 
岐阜で戦力外になったとはいえ、チーム戦術への適性もあるので、水戸でも戦力に
ならないとは限りません。
先方さんには、彼が2得点を挙げた昨年の第1クールでの印象が強く残ってたのかも
しれませんね。
昨季も練習試合ではコンスタントに点を取っていたし、実戦でも当時の「得点感覚」が
戻れば水戸にとって強力な戦力になるはずです。
(できればスタメンで出たほうが力を発揮できるタイプだと思います)
 
甲府へ移籍した片桐が、天皇杯で京都相手に決勝点を挙げたことを聞いて
やはり嬉しかったですし(知り合いの京都サポさんすみません)
他チームへ移籍したからといって、活躍を願わないわけはありません。
水戸はレギュラーの2トップが抜けてスタメンを奪える大チャンスですので、
ぜひとも昨年の分も合わせて2年分暴れてください。
 
。。。もちろん岐阜戦以外で。
 
余談ですが、松本→岐阜→水戸という彼の移籍先を見て、思わず岐阜サポMさん
(ハンドルネーム)が裏で糸を引いているのかと思いました。
 
そんなわけないけども(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

地味に

タイトル変えました。
サッカーのオフシーズンはどうしてもネタが少なくなり、
書くネタといえば昨年アウェイで遠征したところが中心になります。
 
ということで、しばらくは旅ブログになりますのでご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

今年も描き初めてみた

2010_
 
改めまして、明けましておめでとうございます。
今年の正月は、久々の大雪のおかげで珍しく家にひきこもって過ごしています。
外出しているともちろんわからないのですが、お正月のテレビ番組は
見るものがありません。
昨夜は元日というのに『Zガンダム劇場版』3部作をイッキに見ていました。
水無神社のお守りを新しいものに変えたいのと、弱尊のカレーを食べたいのとで、
高山へ行きたいです。
 
今年も「書初め」ならぬ「描初め」をしました。
少し萌え度(爆)を上げてみようと思ったぐらいで、それ以外は特に何も考えずに
描いたのですが、
過去ログを見ていたら2年連続でツエ子でした。
 
そういえば、「ツエ子」ってここでは初めて公表しましたね(痛)
 
阜女子ともども、今年もよろしくお願いいたします。
 
写真は、昨年の正月に長町武家屋敷で撮ったものですが、ちょうど門松が飾って
あったので使わせてもらいました。
 
冬の金沢も行きたいなぁ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

2010_001
 
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »