« 甲州流軍学に曰く | トップページ | つぶやいてみる »

2009年12月 6日 (日)

魂のペナルティキック

今日は、地域決勝の最終日を見に松本市のアルウィンまでひとっ走りしてきました。
 
第1試合 YSCCvsツエーゲン金沢
第2試合 日立栃木UVAvs松本山雅
 
結果的に、第1試合の結果で第2試合に出場する両チームの2位以内とJFL昇格が
決定したので、この第2試合は、実質ホームの松本山雅にとって、これまで数年間
続けてきた苦労が報われるような、セレモニー的要素の強い試合だったように思えます。
が、最後まで気を抜くことなく2-1で日立栃木に逆転勝利し、大会にも優勝と、最高の
形で今シーズンを終えることになりました。
おめでとうございます。
お祝い関係は改めて書かせていただきます。
 
 
壮絶だったのは第1試合。
PK戦でも勝てば松本の結果次第でわずかに2位以内の可能性を残すツエーゲンと、
JFL昇格のためには90分以内に勝利して3位に滑り込まなければならないYSCCの一戦。
 
ツエーゲンは前日の試合で日立栃木に0-3で敗れた(内容は知りません)ため、
選手のメンタルが心配されましたが、開始早々にコーナーキックからあっさりとフリーの
選手に頭で決められて先制を許します。
やはり前日のショックを引きずって思い切りが悪くなっているのか、ボールを
支配してもなかなか決定機を作れません。
持たされているような感じで、とにかくゴール前を人垣で固めるYSCCの守備に手を
焼きます。
諸江のヘディングはキーパーに抑えられ、ヒカルがドリブルで切れ込んで難しい体勢から
シュートを撃つも、またしてもキーパーのファインセーブに遭いゴールならず。
 
相手は簡単に奪ったのに、ツエーゲンにとっては遠い遠い1点。
 
そういえば2ヶ月前に、ここアルウィンで圧倒的に攻めながらカウンター2発で撃沈した
チームがあったっけ。しかも同じ赤いユニフォームで。
などと嫌な予感が頭をよぎります。
 
2トップのどっちかが洸一だったら。。。
なんて訳のわからない考え(苦笑)も大慌てで振り払うものの、コーナーキックの本数だけが
いたずらに増えていく一方、徐々に少なくなってゆく残り時間。
 
もう自動昇格はいい。
 
まず1点を。
とにかく1点を。
 
そうして迎えた後半42分の、この試合十何度目かのコーナーキック。
キッカーは根本だったか、三原だったか。
ファーサイドでの混戦でボールの行方を見失った次の瞬間、目に飛び込んできたのは
両手を突き挙げて喜ぶ赤い選手たち。
トラックが無いとはいえ、やはり反対側のゴール前で起きていることはよくわからない。
 
ゴール? いや違う。
ペナルティースポットを指す主審。
 
。。。PK? PKだ!
 
この土壇場で、千載一遇のペナルティキックを獲得。
最後の最後で結実した執念。
夢じゃない。
何が起きたかはわからなくとも、突如差しこんだ光。
(どうやらハンドがあったらしい)
 
キッカーはクリゾン。
 
心臓がとび出しそうな緊張の中、崩れ落ちるのを必死でこらえ、誰からともなく手を
繋ぎあってゴールだけを信じるツエーゲンサポーター。
 
助走に入るクリゾン。
左右にステップを踏んで揺さぶりをかけるYSCCゴールキーパー。
シュート!
キーパーの読みは左。
 
ボールは。。。 右だ!
 
揺れるネット。
起死回生の同点ゴール。
その瞬間、堰を切ったように沸き返るツエーゲンサポーター。
 
そして一気に逆転を果たすべく、残る力を出し尽くすように声援を送る。
さっきまでは折れそうなのを必死でこらえて何とか声を絞り出していたのに、
今はこんなにも自然に声が出るなんて。
 
まだ行ける。
まだ取れる。
勝利を!
 
しかし、勝つしかないYSCCもそれまでの超守備的布陣から一変し、別チームの
ように猛攻を仕掛けてくる。
GK木寺が左サイドに釣り出され、守護神不在のゴールにYSCCのシュート。
 
やられる!
 
が、何とかライン上でフィールドプレーヤー(誰?)がクリアして危機一髪。
虎の子の1点をフイにするわけにはいかない。
 
一方で、YSCCが前がかりになったことで得意のカウンターもはまりだし、
勝ち越しのチャンスを得るも、そこはYSCC決死の守備に阻まれて得点できず。
 
87分間よりも長く感じるような3分間+αを耐えしのぎ、1-1の引分けで90分が終了。
 
PK戦が残されているとはいえ、勝っても勝ち点2で、ツエーゲンの勝ち点3に
及ばないYSCCはこの時点でJFL昇格が絶たれました。
終了の笛とともに崩れ落ちるYSCCの選手。
 
しかし、このPK戦がさらに凄まじかったのです。
フィールドプレーヤー10人が蹴っても決着がつかず、お互いのゴールキーパーも
ともに決めたため2巡目に突入。
最後は残念ながら金沢が11-12で敗れましたが、意地と意地をぶつけあって死闘を
繰り広げた選手たちに、両チームのサポ以外の観客からも惜しみない拍手が
贈られました。
 
昇格がなくなっても、最後まで試合を諦めないYSCC選手のPKは、どれも枠ギリギリの
きわどいコースに決まりました。その集中力すばらしかったです。
そして、何とか昇格の可能性を残してほっと一安心する場面でも、気を抜かずPKを
決め続けたツエーゲンの選手たちもよくがんばりました。
全員一度は決めてますからね。
 
ただ、3試合を戦って得点はPKの1点のみ、1試合も90分以内で勝てなかったチームを
そうやすやすと昇格させてくれるような甘い大会ではないということでしょう。
 
ツエーゲンは何とか3位を獲得したことで、昇格の行方はホーム&アウェイで
行なわれる入替戦の結果に委ねられることになりました。
相手はJFL17位のFC刈谷。日程は12/7(月)に発表されるそうです。
 
いやぁ、ブログの途中で一部文体が変わってしまうほど劇的な試合でした。
「地域決勝の魔力に取り憑かれる」とはこのことか。
ただ、応援するチームのある人にとっては、2度と経験したくない大会であることも確か。
このチャンス、絶対逃しちゃいけません。

|

« 甲州流軍学に曰く | トップページ | つぶやいてみる »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

お陰で生き残りました。ありがとう。

確かに決定力不足は課題ですが 選手はタフになりました。

何としてでも 昇格します!!

投稿: いのっち | 2009年12月 7日 (月) 00:39

>いのっちさん
おつかれさまでした。
試合後、YSCCのサポの方にあいさつされた時に、
ついつい「ウチは。。。」なんて言っちゃいましたけど(^_^;)、
激しく心を揺さぶられた試合でした。
苦しい戦いでしたが、それを乗り越えたチームはきっと
強くなります。
刈谷は強いけれど、絶対大丈夫。
最後までいっしょにがんばりましょう!

投稿: ひらっち | 2009年12月 7日 (月) 12:53

アルウィン、カオスな雰囲気でしたね。
PKが長引き過ぎたため、隣のゾーンでは山雅サポが次の試合の為に陣取っている。
そんな中、延々と続くPK合戦。
確かにY.S.C.Cの選手たちは基礎技術がしっかりしていて、
シュートコースも隅に上手に狙っていました。
あんなスコアのPK戦見たのは始めて。
何はともあれ、自動昇格ならずも次に繋がったね。
おめでとう。

投稿: 流石 | 2009年12月 7日 (月) 18:45

>流石さん
いやいや、まだ「おめでとう」は早いっす。
主力が揃ったYSCCは確かに手強かったです。
ただ、帰り際に会ったYSCCサポに「がんばってください」と思いを託され、
「ウチらは絶対上にあがりますよ!(b^ー°)」
と約束したので、負けるわけにはいきません。
 
 
 
。。。“ウチ”?(@_@)

投稿: ひらっち | 2009年12月10日 (木) 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/32516654

この記事へのトラックバック一覧です: 魂のペナルティキック:

« 甲州流軍学に曰く | トップページ | つぶやいてみる »