« 正念場で試されるのが“人間力”でしたっけ | トップページ | 新チャント »

2009年6月 9日 (火)

杞憂と不安と

現地から更新したように、日曜日は母親と親戚の叔母を連れて金沢へ行ってました。
前日の夜に、「明日金沢行ってくるわー」と話していたら、
「試合中は放っといてくれていいから連れてって」と言われ、
OK出したら「じゃあ叔母さんも誘うわ」と勝手に段取り組んでました。
こんなときの母はものすごく仕事が速い(笑)
 
1人ならいつものごとく下道で行って、途中で丸岡城でも攻め落として(笑)現地入り
しようとしていましたが、高速で行くことに(^_^;)
5時間かかるところが3時間足らずで着いてしまい、しかも追加料金は1000円なので、
やはり高速道路は便利ですね。
それに北陸道は名神ほど混まないので快適です。
 
11時ころ金沢駅に到着し、少し早い昼食に。
以前にも利用した『駅の蔵』で、ランチを食べました。
Zk001
『能登産豚と旬野菜のせいろ蒸し膳』
これが上品な味でめちゃくちゃ旨かったです。
豚肉と野菜を蒸して、ごまだれにつけるだけのシンプルな料理ながら、
野菜ってこんなに甘かったっけ? と驚くほど素材の味が引き出されてました。
味加減が濃すぎず薄すぎず、ちょうどよいぐらいで、とにかく上品さが漂います。
 
見た目にもきれいな蒸し寿司は、ほんのり酢が香る程度でキツさは皆無。
おかずとの味のバランスもバッチリです。
それでいて思ったより食べ応えがあって、完食するとけっこう満腹になりました。
普段なかなか採れない野菜をたっぷり食べられて、カラダにも優しそう。
蒸してるから栄養分の流失もほとんどないですしね。
 
しばらくは金沢へ行ったらココに通いそうだわ(笑)
 
同行の2人も大満足のようで、これで役目は果たした(爆)と、2人を兼六園下で
降ろして、本日のメインイベント「ツエーゲン金沢vsサウルコス福井」が行われる
西部緑地公園陸上競技場へ。
 
この競技場、全席イス席でキャパは20,000人以上というJ1開催も可能なスタジアムで、
毎年ガンバ大阪がホームゲームを主催しているとのこと。
高さが無いので小さめの印象ですが、まとまりのあるいいスタジアムです。
長良川もコレぐらいの大きさだといいのに。
 
電光掲示板は何と長良川にも導入されていないオーロラビジョン!
今の金沢には間違いなくオーバースペックですね。生意気な(笑)
Zk004
 
バックスタンドのコアゾーンへ歩いて移動。
Zk003
ユニフォームフラッグでも練習着フラッグでもない、
Tシャツフラッグ(!) しかも2枚w(゚o゚)w
横にいる人と比べるとその大きさが想像いただけると思います。
その他にも上のビッグフラッグといい、おびただしい数のダンマクといい、
備品の充実度はすでにJリーグレベルといっても差し支えないでしょう。
 
高校のグラウンドで公式戦をやっていたレノファと同じカテゴリーに
いるなんて驚きですね。
 
試合のほうはと言いますと、長野松本にいいところ無く連敗した金沢と、
3連勝中で勢いに乗っている福井の対戦ということで、金沢が負けることが
あれば順位が入れ替わるという、絶対に落とせない試合でした。
さらに福井には、昨年まで金沢にいたデコこと高橋選手が所属しており、
試合前はちょっと不安でしたが、
 
杞憂でした。
力の差は歴然としていました。福井には悪いけど、格が違いすぎでした。
トラップやパスなどの基本技術の差が、1~2分見ただけでわかります。
「北信越1部は4強と4弱」という表現で有名ですが、僕の思っている以上に
「強」と「弱」の実力差は大きそうです。
 
前半はコンスタントに得点を積み重ね、4ゴールを奪った金沢。
ビジュがこのカテゴリーにいるのはやはり反則ですね。
バツグンの安定感で攻撃の起点になってました。
もっと反則は根本。1ゴール2アシストと結果を出したけど、明らかに流してました。
ボールの奪い方とかポジショニングを見ていても、軽々とこなしてますもん。
この試合を観た誰もが「何でこんなリーグにいるんだろ?」と首をかしげたことでしょう。
とにかくあのクロスの精度はうらやましい。
そういえば左かと思ったら右のサイドハーフでした。
 
ブラジル人2人のフィジカルの強さはハンパないけど、プレーの精度はイマイチかな?
むしろ、根本の好クロスにドンピシャヘッドを決めた#14の込山と、スピード溢れる
オーバーラップと右サイドからのピンポイントクロスで、好機を何度も演出した#29斉藤
がよかったです。
 
込山くんはキャラもいいねぇ(´▽`)/
 
一方で、手放しで喜べない点もいくつか。
 
終始圧倒的に攻めながら、後半の得点はわずか1。
キーパーと1対1になる決定的なシーンを何回か外してたり、せめて枠に行ってほしい
シュートがあさっての方向へ飛んでったり、詰めの甘さが気になりました。
もし相手が長野や松本だったら、決定機は確実に決めないと後で痛い目に逢います。
てか何回も遭ってきたか。
 
広島の佐藤寿人は昨年、「J2で試合をしている時もJ1だったらどうなのか」を常に
意識してプレーしていたと聞きました。
たとえ格下相手でも、長野松本JSCをイメージして戦えば、後半の直接対決にも
いいイメージを持てるのではないでしょうか。
 
あとヒカルは途中交代なんだから、もっと走り回らないと。
 
まぁいろいろ気になる点はありましたが、5点とって勝てたらそりゃうれしいです。
 
 
何だかんだで、僕はツエーゲン初勝利ですからね(^_^;)
 ① vs長野(H)…●
 ② vs長野(A)…●
 ③ vs岐阜(天皇杯)…● 気持ち的には岐阜が勝ってヽ(´▽`)/だけど
 ④ vs福井(H)…延期(爆)
なので、5度目の正直です。いやぁよかったよかった♪
 
これで日曜に負けてたら危うく出禁になるところでした(笑) 

|

« 正念場で試されるのが“人間力”でしたっけ | トップページ | 新チャント »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/30031355

この記事へのトラックバック一覧です: 杞憂と不安と:

« 正念場で試されるのが“人間力”でしたっけ | トップページ | 新チャント »