« 三人寄れば? | トップページ | 手力雄神社の火祭 »

2009年4月16日 (木)

いずれ血となれ骨となれ

昨日の対戦相手・ベガルタ仙台は、セレッソとの激戦から中2日だったせいかそんなに強い印象もなく、運動量も今ひとつでしたが、悪いなりに勝ちきる巧さがありました。
また、両チームともミスが多かったけど、守備でも攻撃でも「ここが大事」という肝心要のところでのミスが目立った岐阜とそこを巧妙に突いた仙台、あるいは危険なところだけは集中を切らさず守った仙台と、数少ない仙台の危険なミスを活かせなかった岐阜の違いが出た試合でした。
 
スタメンのうち大卒ルーキーが6人、10代が1人という若いメンバーだったのが裏目に出たかな。
 
水戸戦のようなミラクルはめったに起こらないからミラクルなわけで、やはり仙台クラスが相手になると厳しいですね。
 
結局は、経験ある仙台の選手の「巧さ」に負けてしまったわけですが、今の岐阜にそれは求めません。
 
「経験」を上回る「勢い」こそが、岐阜に残された最大にして唯一の武器。
 
前にも書きましたが、ミスは誰だってします。
大事なのは、そのミスを挽回しようといかにがんばるか。
 
ミスが失点につながってしまい、ほろ苦デビューとなった野垣内くんですが、その後は強気のプレーで奮闘し、効果的なオーバーラップも見せました。
 
そういうひたむきな姿が観てる人の心を動かし、勇気を与えてくれます。
 
 
そして、「心を動かす」と言えばこの男。
ついに帰ってきた“岐阜の最終兵器”佐藤洸一。
交代出場したときの大歓声が期待の大きさを表してました。
みんなわかってるねぇ〜(^o^)
 
福岡戦で募金のところにいて、「あとはガーン!といくだけです。」と言ってた通りの気迫あふれるプレー。
空中戦では誰よりも高く跳び、ルーズボールを誰よりも追いかけ、「何かやってくれそう」と期待せずにはいられませんでした。
トラップが完璧だっただけにあの空振ったボレーは惜しかったね。
 
ただ、まさかシャイニング林(卓人・仙台GK)にシャイニングウィザードを見舞って(角度的にそう見えたw)警告もらうとは思いませんでしたが(爆)
 
そこガーンと行くなよ(笑)
 
でも、魂は感じました。
 
がんばれ四日市コンビ!

|

« 三人寄れば? | トップページ | 手力雄神社の火祭 »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/29148614

この記事へのトラックバック一覧です: いずれ血となれ骨となれ:

« 三人寄れば? | トップページ | 手力雄神社の火祭 »