« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

結局のところお前はソレが欲しかったんだろう

結局のところお前はソレが欲しかったんだろう
というツッコミは想定内w
京都へ行った一番の目的は、実は帽子だったので(爆)
1/2からセールだけど、正月の京都はアホみたいに混んでるから、フライングして細かい柄の入ったカッコかわいいやつをゲットしてきました♪
合わせる服を考えれば春先まで行けそうやねo(^-^)o
 
家に帰って紅白をつけたら、ちょうど“逗子代表”キマグレンと、“厚木&海老名代表”いきものがかりの「神奈川ダービー」(爆)が始まるところでした。
どっちもよかったです。
 
あ、あと東方神起にヒョイルがいた(!)
 
そんなこんなで2008年もあと少しとなりました。
こんなしょうもない内容が今年最後の更新となりましたが、1年間ありがとうございましたm(_ _)m
みなさまよい年をお迎えください。。。
 
 
 
僕は寝ます(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カッフェ〜( ̄∀ ̄)/

カッフェ〜( ̄∀ ̄)/
お約束のスイーツ(笑)は、河原町オーパ向かいの「季の音」というところで♪
関西ウォーカーのグルメオブザイヤー2008スイーツ部門で、第1位になった店らしいっすわ
 
京野菜のシフォンケーキとか抹茶アイスとか黒蜜のプリンとかヤバすぎ。
プリンにきな粉と黒蜜がめっちゃ合ったから、今度家でも試してみよう。
 
しかも店内のBGMが宮崎アニメのオルゴールでした。
やばい。もってかれるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日に

大晦日に
大晦日に

京都へ来てますねん(笑)
年末休みが長かったおかげで大掃除も終わりました。
「旅」三昧だった1年をこうやって締めるのもありやね〜
 
ドラゴンゲートの岡村社長が鳥居を寄贈してました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

超独断と偏見で選ぶ今年の漢字。

超独断と偏見で選ぶ今年の漢字。
毎年、清水寺で披露される「今年の漢字」。
2008年は「変」でした。
が、個人的にはこの字しかないかなと。
 
「旅」です。
私用で行った2月の北海道に始まり、いろんなところに行かせてもらいました。そのほとんどがサッカーだったことはいわずもがな。
 
あ、つばめは使ってませんよ。乗りたかったけど。
 
ゆくゆくは47都道府県を全て制覇して「天下布武」を成し遂げたいのですが(笑)、去年と今年は特に多くの県に初訪問しました。
 
《2007年初訪問》
秋田県 茨城県 群馬県 鳥取県 島根県
岡山県 徳島県
 
《2008年初訪問》
宮城県 福島県 山梨県 広島県 山口県
香川県 愛媛県 福岡県 佐賀県 熊本県
 
2年で17県。
よう行くわ(笑) でも改めて自分が旅好きなんだな〜と気づきました。
好きじゃなきゃこんなにも行かないもんね。
しかも飛行機を使ったのは秋田だけ(爆)
 
今年行った中で一番よかったのは、どこだろう???
会津若松(福島県)かな
仙台の牛タンも捨てがたい(笑)
 
海外ももちろんいいけど、日本のよさを再発見する旅を、来年も続けていきたいですね。
 
ちなみに、まだ行ったことの無い県は、
青森県 岩手県 山形県 栃木県 和歌山県
高知県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
すげぇハードル高いんだけど(^_^;)
山形は今年行くチャンスがあっただけに悔しいなぁ〜。
 
この9県のなかで来年行けそうなのは。。。
うん、大分と和歌山ぐらいだね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

とりあえず近況報告

とりあえず近況報告
ほったらかしてごめ〜ん♪
ほんとにすいまめ〜ん♪
 
「最近更新してないね〜」
とツッコまれたのですが、
何とか人間やってます。
 
12月は師走と言うけれど、“師”だけでなく“画伯”も忙しいんですよ、
年賀状作りが(^_^;)
イラストの女の子を5人にしたことを今さら後悔しています。
2人ぐらいにしとけばよかったと(笑)
 
で、すでに気分はクリスマスなんてすっ飛ばして2009年になっているのですがそれも寂しいので(笑)、ひと段落ついたことだし明石家サンタを見ながら過ごしております。
イヴの夜はこれ見なきゃ寝られんからね。
 
てか西川貴教w
なにしてんねんwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

お(゚o゚)

このブログのアクセス数がもうすぐ
77777
ですね。
 
天気予報の下にアクセスカウンターがあるので、
もしタイミングよく踏んだ方いらっしゃいましたら、
コメント欄に一言書いてもらえるとうれしいです。
 
何も出ませんけど(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

相模国紀行~おまけ~

3日にわたって満喫してきた神奈川旅行。最後はやっぱり食べ物(笑)
 
初日、小田原でホテルを予約したのになぜ一度平塚まで行ったかというと、寄りたい店があったから。
 
1軒目は、湘南サポでこのブログにもコメントをいただく チャリ通さんのブログ で紹介されていた、「コンディトライ バッハマン」。
ここのバウムクーヘンがうまい!ということで、バウムクーヘン好きとしていてもたってもいられず、初日の夜に行くことにしました。
が、前にも書いたとおり箱根で大渋滞にはまり、店に着いた時にはすでに閉店している可能性が頭をよぎりました。すかさず花水台の本店に電話して営業時間を確認すると、「本店は20時までだけど平塚駅南口の八重咲町店は20時半まで営業していますよ」と、ていねいに教えていただきました。
 
親切に対応してもらえたので、意地で本店のほうに行きました。
西湘バイパス使ってね(笑)
 
店に着いたら、さっき電話にでてくれた女性の方がいらっしゃって、改めてお礼を言うことができました。
 
で、そのバウムクーヘンがこちら。
Bachman
何やら喰った跡があるのは気にしないで(^_^;)
ここのバウムクーヘンは「ドレスデン風」。何がどうなると「ドレスデン風」なのか?
少し調べてみると、「卵の割合が多く重厚な生地で、香りつけにブランデーが入っている」ものらしい。
なるほど、我が家で不敗神話を築いている クラブハリエ のバウムクーヘンがとにかくしっとりしているのに対し、こちらは実がぎっしり詰まっている感じ。
 
そして、シナモンの強い香り。
 
。。。僕、実はシナモンってあんまり得意じゃないんですけど(爆)
 
確かに生地だけでいただくと、シナモンの強烈な香りと味が口の中に広がるんですが、
外側にうすくほどこしてある砂糖の膜(フォンダン)といっしょに食べると、香りの強さが中和されて僕にはちょうどよかったです。
 
続いて2軒目はラーメン屋。またまたチャリ通さんに教えていただいたお店です。
今回はほんとチャリ通さんにお世話になりました。ありがとうございますm(_ _)m
ちなみに店の名前は「矢口家」。いわゆる横浜家系のラーメン屋で、こちらのほうでは何店舗かある店のよう。
 
べ、べつに神奈川で矢口だから行ったわけじゃないんだからねっ
 
あ、ツンデレ用法違いですかそうですか。
たぶん。。。 というか間違いなくあの方とは無関係です、はい。
Yaguchiya
横浜家系といえば豚骨醤油。
スープの表面に、明らかに脂が層になって浮いていて、かな~りこってりしているのかと思いましたが、意外とスープは飲みやすかったです。
好きなのでトッピングでネギを大量投入しましたが、それがよかったのかもしれません。
残ったスープといっしょに食べたゴハンもおいしかったです。
むしろそっちが?(笑)
 
そして、旅行の最終日、帰りがけに小田原の箱根登山鉄道風祭駅すぐ横にある「鈴廣かまぼこ」(説明長っ)で、小田原名物のかまぼことアジの干物を買ってきて自宅で食べました。
Odawara
ふだんアジなんて親が近所のスーパーで買ってきても絶対食べないんですけど(笑)、
脂が乗っててほんとうまかったんですよ♪
こんなアジならいつも喜んで食べるのに(爆)
 
かまぼこもいままで食べたことのないぐらいもっちりとした食感で、一緒に買ってきた
「かまぼこがもっとおいしくなるドレッシング」をかけて食べると、いやおっしゃる通りより一層おいしくなった気がしました。
 
正直、神奈川って食べ物はあまり期待していなかったんですが、「予想以上に美味しいものに出会えた」というのが今回の感想でした。
神奈川県は奥が深い。
 
また来年も神奈川には行かないといけないし、今度は“横浜でも湘南でもないディープ神奈川”厚木(出典はいきものがかりの携帯サイト)あたりでも攻めてみようかな☆
例のなんとかホルモンとか。
時期が合えば仙石原のすすきも見てみたい。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

相模国紀行~後編~

湘南戦後は、岐阜サポの皆さんを見送ったあとひとり平塚駅前で飲んでました(爆)
 
そして、翌朝も早起きしていざ鎌倉へ。
湘南純愛組でおなじみの国道134号(笑)を東へ走ると三浦半島が見えてきます。
その手前の湾部に、源頼朝が港を置いた鎌倉市があります。
 
Tsurugaoka
早朝の鶴岡八幡宮。初冬のピリッとした空気が神社には似合います。
境内では宮司さんや巫女さん(!)が総出で掃除していました。
いやぁ、なかなか見ることができない光景を楽しめました(◎´∀`)
 
続いて、長谷寺へ。
Hasedera
ここには、十一面観音像や洞窟の中に彫られた弁財天などが安置されていました。
そして、相模湾が一望できるここの展望台が絶景スポット。
Zushi
逆光だったので写真はわかりづらいですが、雲の隙間から朝の日光が降り注いで
神秘的な光景でした。
この湾の向こう側がキマグレンと北村隆二を生んだ街・逗子
この時は、何があっても隆二だけは残留すると思ってました、はい。。。
ちなみにその先が御用邸のある葉山。
 
そして次はいよいよ鎌倉の大仏へ行くわけですが、このあたり非常に駆け足(笑)
Daibutsu
急いで撮ったものの、社会化資料集に出てきそうなけっこういい写真になってると思います(笑)
 
ちょうど地元の小学生が生活科の授業か何かで見学に来ており、先生がいろいろ説明しているところでした。
もちろん物好きな僕はドサクサに紛れていっしょに話を聞いていたわけですが(爆)
 
その後、横の売店でおみやげを物色していたら、僕が年休を取っていることを知らなかった(この日は月曜日)会社の先輩から電話がかかってきて、
「今どこにおる? 試作棟(社内の施設)?」と聞かれたので
「鎌倉です」と応えておきました。先輩爆笑www
 
と、かなり駆け足で鎌倉を観光しました。何でこんなに急いでたかというと、他に寄りたいところがあったのもあるんですが、駐車場代が高かったから。
1日●●円というところがなくて、ほとんど時間制だったので長居するとけっこうな金額になってしまうのです。
鎌倉に限らずこのあたりはどこも時間制の有料駐車場ばかりなので困りました。
後で計算したら3日間で4,000円ぐらい駐車場代に使っていて、かな~り損した気分になったのは言うまでもありません。
それを考えると、タダで停められる平塚競技場はありがたいですね。
 
これ以上東には行かず、あとは帰るだけなのですが、その前に江ノ島に寄り道。

Enoshimafuji
天気にも恵まれ、めちゃくちゃきれいでした☆
ここへ来るとなぜか「希望の轍」が脳内でかかりはじめて、
そのままエンドレスループ(笑)
 
この写真を撮った片瀬東浜からは、富士山が見えるんです。
ほら、この写真にも右端にちっちゃくだけどいるでしょ?
 
ここから少し町のほうまで歩いて、江ノ電沿線を散歩しました。
Enoden
江ノ島駅にて。
江ノ電はレトロな車両から新型まで様々なタイプの車両がいて、楽しめました。
あたし鉄じゃないので詳しい型式とかまでは知りませんが。
 
とても雰囲気のよい街でした。
また行きたいぞ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

相模国紀行~前編~

しばらくブログをほったらかしてたのでもう2週間前の話になってしまいますが、今回の湘南遠征は2泊3日。
前乗り後泊という神奈川遠征ではありえないほどぜいたくな旅をさせてもらいました(笑)
 
そのかわり高速はほとんど使ってません。
 
試合前日の29日、日本平で清水vs千葉を見たあと、デミ子に乗ってのんびり移動。箱根の関所を越えて相模国に入ったところで大渋滞にハマり、いきなりアウェイの洗礼を受けました。
ちょうど18~19時頃で、関東方面からの観光客が帰る時間にカチ合ってしまったからだと思います。
来年以降遠征される方は、この時間は避けたほうがいいですよ。
以前、夜中の2時に通った時は超快適に走れました♪ ってそりゃ当然だ。
 
その日の夜はいったん平塚市内を偵察(笑)した後、翌朝動きやすいように小田原まで戻って宿泊。
日曜の早朝から、難攻不落で知られる小田原城を見てきました。
 
この小田原城で珍しいのは、城内に動物園があるということです。
動物園といっても本格的なものではなく、象のほかにちょっとした動物が飼われているだけなんですが、すごいのは場所。
広大な城の敷地内の一角ではなく、天守閣のすぐ横。
 
Umeko
このゾウの名前はウメ子
クスッと笑ったあなたはかなりの確率でデカレンジャーファン(笑)
 
Odajou
そして、武田信玄や上杉謙信の猛攻にも落城しなかった小田原城の天守閣。
愛読している漫画「センゴク」の主人公・仙石秀久にもゆかりがある城です。
それにしてもいい天気でした。
天守閣内は小田原城の歴史紹介や、戦国~江戸時代の展示物が多数陳列されており、特に鎧兜や刀剣類など武具の展示が豊富でした。歴史好きにはたまらないことでしょう。
今年は熊本城にはじまり、鶴ヶ城、唐津城、岡山城、そして小田原城と、たくさんの城を落城する訪れることができました。来年もいろんな城へ行ってみたいです。
とりあえず松山城と徳島城は確定と(笑)
 
そして1時間半ほどの観光を終え、決戦の地・平塚競技場へ移動。湘南海岸を颯爽と駆け抜ける絶好のドライブスポット「西湘バイパス」をひとっ走りして、11時前には入場ゲートに到着しました。いつもアウェイに行く時は観光してから会場入りするので到着がキックオフ30分前ぐらいになり、遅刻の常習犯のような扱いを受けていたのですが、最後ぐらいはちゃんと早く着こうとがんばりました(笑)
 
おかげで、湘南平にカップルがかけた南京錠を緑のスプレーで塗りたくるという妬み嫉みも甚だしいテロ行為(爆)は未遂に終わりました。
これはまた来年ということにして(?)
 
このとき初めて知ったのですが、平塚競技場から富士山が見えました。
Hiratsuka
メインスタンドが邪魔して湘南サポ側からは見えないかもしれませんが、アウェイ側からはとてもきれいに見えました。
富士山の見えるスタジアム。
これはなかなかいい観光スポットじゃないでしょうか?
 
Kingbell_2 
競技場で出迎えたのは、サンタルックがおそろしいぐらいハマっていたキングベル1世。
Jのマスコットの中で最も似合うのは間違いなく彼。違和感なさすぎ。
ごていねいにトナカイまで引き連れて(笑)
けどいまだ2世が出てこないということはまだ独身ってことか(爆)
 
少し早いクリスマスプレゼントは、岐阜をアウェイランキング5位に上げる「勝ち点3」かと思いきや、湘南を昇格戦線に踏みとどまらせた奇跡の「勝ち点3」でしたorz
 
試合の内容は今さらなので多くは書きませんが、いい時の湘南と悪い時の湘南がこうも違うのかと痛感させられました。引き分けた7月の長良川が「悪い湘南」なら、この日は明らかに「いい時の湘南」。
岐阜もがんばってはいましたが、モチベーションの差が大きすぎましたね。
「仕方ない」で済まされませんが、その後の状況を知っていればよくやったと言うしかありません。
 
そういえば僕って平塚競技場で1回も勝ってないんだよな。。。(岐阜で2敗。ベルマーレ平塚時代に1分)
うん、来年こそは絶対勝ちたい。
 
試合の後は、平塚競技場横のスーパー銭湯「湯乃蔵ガーデン」に単騎突撃し、激戦の疲れを癒しました。だってスティック3本も折っちゃったんですもの。
結果によっては服を完全に着替えてカモフラージュする必要がありましたが、特に着替えることもなく(ちっ)、いつものTシャツで殴りこみましたよ。
室内はふつうのお湯でしたが露天風呂は天然温泉が湧き出ていたし、広く快適な銭湯でした。
やはり、結果にかかわらず試合の後の風呂というのは気持ちいいもんです。
で、すっかりハマって会員カードを作ってしまったのはここだけの話(笑)
 
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
 
~後編へ続く~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

もうひとつのJ2順位表

今年のJ2は、圧倒的強さで優勝した広島と、2位に入った山形がJ1に自動昇格、そして3位を死守した仙台が現在入れ替え戦の真っ最中というのはご存知の通り。
 
でも、岐阜サポなら気になるランキングがあるでしょ?
ホームでの圧倒的弱さとは裏腹に、原因不明の底力を見せたアウェイ。
そう、アウェイ“だけ”の成績で順位をつけるとどうなるか?
 
やってみました(爆)
ちょうどJ's GOALに「J2戦績表」というのがあり、それをもとに勝ち点計算をした結果が下記の通りです。以前少しネタにしましたが、実はもっとすごいことになってたんです。
 
順位 | チーム | 勝点 |  勝  |  分  |  負  | 得点 |失点 |得失差 |
  1   |   広島  |   49  |  15  |  4   |   2  |
  2   |   山形  |   35  |  10  |  5   |   6  |
  3   |  C大阪 |   34  |  10  |  4   |   7  |
  4   |   仙台  |   32  |   8  |  8   |   5  |
  5   |   鳥栖  |   27  |   8  |  3   |  10  |  20   |   27  |   -7    |
  6   |   岐阜  |   27  |   7  |  6   |  8   |  29   |   37  |   -8   |
  7   |   甲府  |   26  |   6  |  8   |   7  |
  8   |   福岡  |   25  |   6  |  7   |   8  |
  9   |   草津  |   24  |   6  |  6   |   9  |
  9   |   水戸  |   24  |   7  |  3   |  11  |
  11  |  横浜C |   23  |   6  |  5  |   10  |
  12  |   湘南  |   22  |   5  |  7   |   9  |
  13  |   熊本  |   20  |   4  |  8   |   9  |
  14  |   愛媛  |   14  |   4  |  2   |  15  |
  15  |   徳島  |    8  |   1  |  5   |  15  |
 
以前書いた途中経過の通り、岐阜はアウェイだけなら6位でした。
しかも、前回は勝ち星の数で鳥栖に負けて6位と言っていましたが、
通常の順位のように得失点差によるランキングにしたら、
得失点差わずか1での6位なのでした!
 
これは悔しい。
最終戦で鳥栖キーパーの好守のせいで2点損していたので、もし仮にそれが入っていれば得失点差で鳥栖を抜き5位だったということになります。
もちろん鳥栖のキーパーはそんなこと知らなかっただろうし、知ってたからといってプレーが変わるわけでもないんだけど、それでも浅井空気を読め(笑)
 
わずかに及ばず6位でしたが、初めてのJリーグで胸を張っていい結果だと思います☆
 
ちなみに、ホームでも同じだけ勝ち点が取れていたら総合計で「54」となり、草津を抜いて9位と、シーズン当初の目標をクリアできたことになります。
福岡(総合8位)に長良川で与えた勝ち点4ははっきり言ってムダだったと思っているので、実は8位だったかもしれません。
勝負に「たら・れば」は禁物ですが、もう少しホームで勝ち点を伸ばせればもっと満足度の高いシーズンになったはずで、それが心残りでした。
来年の目標はホーム4勝(笑) アウェイはもっと勝てなくなるかもしれないしね(^_^;)
 
他のチームに目を移すと、やはり広島の強さは圧倒的。勝ち点100のうち49がアウェイで、ホームアウェイ関係なく強さを発揮しています。
だいたいどのチームも総合ランキングとの差はほとんどありませんでしたが、岐阜のほかにもう1チーム極端な成績だったのが。。。
 
湘南ベルマーレorz
 
アウェイ勝ち点はわずか22で15チーム中12位と、アウェイにめっぽう弱かった(爆)
岐阜も勝ち点3はあげなかったわけですし。
ホームの勝ち点だけなら43で山形と並んで2位だっただけに、アウェイで勝てなかったことがJ1昇格を逃した原因でしょう。
口説いようですが、湘南にはさっさとJ1へ行ってもらいたいので来年はもっとアウェイで勝てるようがんばってください。
 
ただ長良川で勝ち点をあげる気はさらさらありませんがね(笑)
 
ちなみに、徳島のアウェイ勝ち点8のうち1点と、愛媛のアウェイ4勝のうち2勝は、
岐阜が献上しましたorz

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おつかれさまでした

2
 
ホーム最終戦で、これ以上ないという内容で完勝☆
 
感動しました。
 
今週のサッカーダイジェストでも、最終節のベストイレブンに4人が選出(日野、橋内、北村、片桐)され、有終の美を飾ることができました。
 
そして、財政危機での主力放出を巧妙に置き換えた卒業式
僕のような人種が「卒業」という言葉に弱いのを知ってか知らずか(笑)、
これまでクラブを支えてくれた選手達を前向きに送り出すことができました。
 
これでFC岐阜の今季の日程もおしまい。
初めて経験するJの舞台は、10勝12分20敗の13位。
来年はこれ以上の結果を目指して、ホームの成績だけでもよくなるように、
またがんばって応援しましょう。
 
とりあえず今年はのんびり、ゆっくり、まったり。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

日本平珍百景

土曜日に清水vs千葉が行われた日本平。
陸上トラックが無いサッカー専用スタジアムなので、2階席からでもピッチが近いとてもいいスタジアムでした。
Jリーグ開幕時は、イス席が1万ちょっとしかなかったため、両ゴール裏の2階スタンドと、バックスタンドの増設という大改修をおこなったそうです。
そのおかげでヨーロッパのスタジアムのような雰囲気でした。
 
その日本平で見たナニコレ珍百景。いや100もないけども(笑)
 
パルちゃん&こパルちゃんのショー。
日本平の名物らしいのですが、クオリティ高すぎwww
 
Xmas
まずはクリスマスを思わせるサンタルックで登場。
 
Shuuchisin1
今季この演目を披露すると負けなしという「羞恥心」(笑)
あまりに完璧な振り付けに大爆笑。
この日も3-2で千葉に勝利し、羞恥心不敗神話は破られることなくシーズンを終えたのでした。
 
「陽はまた昇る」~「泣かないで」~「羞恥心」という、5分以上の長いメドレーにも関わらず、最後まで動きが落ちないのはさすがでした。
おつかれさまです、中の人パル&こパル。
 
いっぽう、千葉サポにも珍百景。
さっそく目についた一発ダンマクがこれ。
Danmaku
はっはっはっはっはw、さっぱりわからない☆
内角をえぐり込むようにシュート打ったら全部ニアサイドじゃんw
コレに込められた意味がわかる人がいたら教えてほしいです。
 
そして、キックオフ直前に現れた巨大な「残留ダンマク」
Zanryuu
白い部分には、たくさんのサポーターのメッセージが書かれていました。
これだけでは何もおかしくはないのですが、千葉サポがこのダンマクを試合中に片づけようとしたり、広げ直そうとしたり、つごう10分ぐらい格闘してたのがおもしろかったです。
 
それにしてもものすごいサポーターの数ですね。
この半分でも長良川に来られたらひとたまりもないわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

こう見えてアタシは機械が苦手です

インターネットエクスプローラーの新しいのがインストールできるとかで、今朝「インターネットエクスプローラー7」をパソコンに入れたんですが、会社から帰ってネットをやろうと思ったらどうも使いにくいんですよね。
セキュリティが強化されてるらしいのはいいんですが、今まであった場所にアイコンが無いと、軽くあせって画面中くまなく探してしまいます。
タブとウィンドウの違いとかよくわかんないし。
 
そういえばヤフーメールのリニューアル仕様(ベータ版)も、重くて時間がかかるから従来の仕様に戻したんだっけ。
 
「慣れるまでは難しい」というけど、ちゃんと慣れるのか?
 
こんなことを言い出すあたり、本格的におっさんになり始めたのかもしれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜サポーターカンファレンスが開かれます。

━━━━ サポーターズカンファレンス開催情報 ━━━━━

実施日:12月5日(金)19:00~21:00を予定
場所 :岐阜市文化センター(着席30席)
オーバーの場合は立ち席になりますのでご容赦ください。

内容
1.クラブ側代表者によるクラブの状況及び来季の構想について現況説明
2.質疑応答
3.一部補足説明

昨今の状況を考えると、ここまでで時間切れになりそうですね。
突っ込んだ話については、2回目以降の開催を要望として出した方が良い
様にも思えます。来場される皆さんはクラブへ意見交換できる
貴重なタイミングなので是非とも建設的な意見をお持ち寄り
いただいて話していただけると良いかもしれません。

以上 太字部分改定08.12.2 20:30

4.サポーターによる来シーズンに向けての行動についての討論
 →この結果については、クラブ側へ提示したいと思います。


↑時間に余裕があれば実施と言う事になると思います。
質疑応答の時間が長くなった場合は、カットすることになると思います。
ご容赦ください。

以上 太字部分改定08.12.2 20:30

5.その他情報交換

尚、テーマが大変シビアな物になる事が予想されます。
クラブの行く末を思い、サポーターの本分である応援と合わせて
クラブに対し、何か関わっていきたいと思っていただける皆さんの参加を広く募集いたします。

参加資格は
このクラブを思い、クラブの行く末を案じ、そしてこれからも永続的に存在していって
欲しいと思う方です。年齢性別は一切問いません。

また、本年1年間を通じて皆さんが感じてこられた試合会場での運営に対する
意見や改善提案などがありましたら、以下のアドレスへメールで送付ください。
集約の上クラブ側へ責任を持ってお渡しさせていただきます。

メール送信先:ted1234(アットマーク)mail.goo.ne.jp
※タイトルに【サポカン運営意見】とつけて送信願います。
※ハンドルネームでの送信はOKです。

以下 追記(08年12月1日)
尚、お送りいただく場合はご協力いただける範囲で
実名&市町村レベルでの居住地を明記いただけます様御願いいたします。
匿名投稿も含めてクラブ側へ渡しますが、その際には実名投稿と匿名投稿
を層別して渡したいと考えております。
ご意見をより強いものにしたいと思いますのでご理解を御願いいたします。


また、後日議事録を本ブログでアップするためにサポカンの間について録音もしくは
映像の撮影(音声を取るためで映像については利用しません)を行う予定です。
ご了解ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ネガティブな話ばっかりでもアレなんで

その前に。
新聞では「15選手解雇」って見出しで載ってるけど、ちょっとイメージが悪いよね。
FC岐阜を会社として考えれば、来季は雇用しないから「解雇」で間違っちゃいないんだけど、サッカー選手で解雇と言うと、戦力外かあるいは何かやっちまったかという印象があるので、クラブの財布のほうに問題があった今回の場合、せめて選手のことを思って「放出」ぐらいにしてほしかったなぁと。
 
とりあえずちょっと視点を変えて、来季残る選手をリストアップしてみることにします。
と言っても、クラブが契約解除しないと言ってるだけで、本人の意思でチームを離れる可能性はあるんでしょうけど。。。
 
GK 31 水谷允俊(21)
DF  3 菊池 完 (31)
   5 川島眞也(30)
       32 橋内竜真(19)
   34 森 洋介(23)
MF 8 吉田康弘(39)
   11 高木和正(23)
   13 大友 慧 (27)
   14 嶋田正吾(29)
   27  菅 和範(22)
   30 川崎陽介(18)
FW 10 片桐淳至(25)
   24 片山真人(24)
   25 小島弘已(19)
   29  姜 曉一(20)
 
レンタルで鳥取に行っている田村を含めても16人。
半分以上去ってしまうより、半分は残ってくれると思ったほうがいいのでしょうね。
和正・大友・嶋田・完さんが残留してくれる(と信じてる)のが救いかなと。
どれだけ事情が厳しくても、精神的支柱として隆二だけは絶対残すと思ったのですが。
とりあえずクラブ関係者はJ最終節のtotoを買って隆二のお給料に回すべし(爆)
それで外したなら諦める。
力のある選手であることは間違いないので、岐阜より上位で待遇のいいチームで活躍することを願うばかりです。  
相川も、札幌が契約満了の発表をしたので、ウルトラCで岐阜に残らないか期待してるんですが。
うちの会社の工場内で、製品を運ぶカートが走行中に流す音楽が相川のチャントなので朝聞くたびにテンションを上げてた(爆)んですが、さすがに今日はせつなかったなぁ。。。
 
 
 
で、いつになったら湘南戦を振り返れるんだ僕は(-"-;)
 
で、川島のことをすっかり忘れてた。眞さんほんとに申し訳ないm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

思い残すことなく、今季を終わらせたいですね

2008_h21
 
湘南戦を振り返る時間も無いままに投下されたビッグボム。
そしてそのことについてじっくり考える時間もなく、土曜日には今シーズンの最終戦を迎えます。
 
「このメンバーで戦えるのもあと少し」
シーズン終盤になるとよく聞くこの言葉も、今年は格段に重く聞こえてきますね。
 
ただ、できることはただ1つ。悔いの無いように今シーズンを終えること。
今年一年、安い給料(?)でがんばってくれた選手、監督はじめチームスタッフに感謝の気持ちを込めて、全力で応援すること。
とりあえず来年のことはそのあとで。
 
僕も燃え尽きてる場合じゃない。
 
 
あ、キックオフ時間がいつもより早いので
お気をつけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »