« 吹けよ風、呼べよ嵐 | トップページ | ごめんちゃい »

2008年9月17日 (水)

寿人の言葉

注文していた対ベガルタ仙台用決戦兵器、「ティンバレス用のスティック」が入荷したと連絡があったので、イオン各務原の松栄堂楽器へ行きました。
その帰りに寄った本屋で見つけたサッカーダイジェスト。
前フリちょっと長いね(^_^;)
 
月曜の試合が載ってるわけないので、余裕ぶっこいて(笑)パラパラとめくっていたら、佐藤寿人のインタビューが気になり、珍しく買って帰りました。
てっきり仙台でデビューして、そのあとずっと広島だと思っていたけどそうじゃなかったようで、市原(現千葉)→C大阪→仙台→広島 と、何度も移籍を経験していました。
 
それだけチームを移籍する選手ならば、昨年広島がJ2降格決定した時に、磐田へ行った駒野のように現実的な判断で移籍することも考えられたのですが、誰よりも早くチーム残留を表明し、J2の今年はキャプテンとしてチームをまとめ上げて、J1復帰へ向けてゴールを量産中です。
今すごく充実しているのがインタビューの端々から感じ取れます。
 
「落とした限りはとにかく自分の力で昇格させなきゃ、」
「チームがJ2降格になった途端に「はい、さよなら」は、ないんじゃないかと。」

 
泣かせることを言ってます。
他にもけっこういいこと言ってるんですよ。
 
「誰かがミスをしても他の選手が補ってくれる雰囲気が今年のチームにはあるというか。実際、僕も「たとえミスをしても周りが助けてくれる」って思ってプレーしているし、逆に後ろの選手がミスをして失点したら、点を取ってやるんだって思うし。(中略)目には見えないメンタル的な強さ、結びつきが今年のチームにはあるように思います。」
 
そして、今や彼の一番の持ち味でもある「DFラインの裏に抜ける一瞬のスピード」「シュートのうまさ」が、プロ入りしてから培われたものであるということも意外でした。
つまり、努力の仕方によっては新しいプレースタイルを身につけてそれを武器にすることもできるということ。
 
FC岐阜の選手にも読ませてあげたい。
最近特にミスが目立つけど、みんなでカバーしあえる信頼関係は築けているのかな?
試合後に自主的に集まって攻撃パターンの打合せとか、できてるのかな?
監督やコーチから与えられるもので全てという気になっていないかな?
練習後に居残って欠点の克服だとか長所をさらに伸ばそうだとか新しい武器を磨こうとか、してるのかな?
 
 
ただ、一方で僕ら岐阜のサポーターも、選手のモチベーションを高める応援ができているでしょうか?
 
「僕ら選手は、オファーが来れば移籍も選べるけど、サポーターは移籍するわけにはいかない。」
というサポーターを慮った彼の言葉に、広島サポーターとの信頼関係が強固であることを感じました。
 
「広島ではまだ野球のほうが人気がある。その目をもう少しサッカーに向けてもらえるように力になりたい。そのためには自分がもっとこのクラブを好きになることが必要だと思います。」
 
まるで広島県出身の生え抜き選手のような言葉ですが、彼は埼玉出身。
移籍してからの4年間で、ここまで広島という街を愛せるようになったんです。
 
岐阜の選手達にもこう思ってもらえるようなチーム、というかサポーターや地域活動まで含めた「FC岐阜」にしていかないと、永続するクラブにはならないんじゃないかという気がして。
 
僕ら岐阜は、選手が「来年もこのチームでプレーしたい」と思ってくれるだけのサポーティングをしてるのかな。「このクラブが好きだ」と思わせる応援ができてるのかな。
 
今いる選手達にさえ「来年は違うトコ行きたいな~」なんて思われてたりしたら、新しく入団する選手にも魅力を感じてもらえないよね。
 
今のチーム状態、成績に不満があるなら声に出すのもよし。チームのために(これ重要)厳しい言葉を投げかけるもよし。
 
ただ、「批判する」ためには「批判される」側よりもやるべきことをちゃんとやってなくちゃいけない。
 
特に、この間の試合後に最っ低な罵声を飛ばしてた人。
与えられるのを待ってない?
僕にはオモチャを買ってもらえなくて泣き喚いてる子どものように見えましたけど。
勝ちは「与えられるもの」だと思っていたら、いつまでたっても手に入らないよ。
少なくともこのチームでは。
 
ゴールも勝利も奪い獲りに行くもの。
自ら取りに行ってこそ、“苦労して掴んだ”勝利が格別に嬉しいんじゃない?
 
 
まぁココじゃ伝わんないね。
 
 
それにしても佐藤寿人、他チームながら尊敬に値する選手です。
W杯予選もがんばって(^o^)/

|

« 吹けよ風、呼べよ嵐 | トップページ | ごめんちゃい »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

現・野球五輪日本代表監督 ↓

サッカーの親善試合・FC東京対レアル・マドリード戦について、
「サッカーはTシャツと短パンでできる競技。野球の方が厳しい」
      「(レアルの人気選手である)デビッド・ベッカムよりこっち(野球)のほうが人気がある」 (03/8/5)

「スポーツ全体を応援しています」
「野球がなくなったら日本もなくなる」 (08/4/7 「カンブリア宮殿」にて)

「IOCはなぜ野球を五輪から除外するのか、この地球上で年間何千万という人達の関心を揺すって
楽しませているようなスポーツ競技は野球の他にどれくらいあるだろうか。」
「そういう部分でいうとたとえば馬術やヨット(セーリング)は
ほんのひとつまみの競技人口で、一体どういう人達が本当に見ているのだろうかと思う」 (08/04/23 自身HPにて)

(北京五輪、反町ジャパンの米国戦後)
報道陣に囲まれた星野監督は「おい、サッカーが負けたぞ」と嬉しそうに
(野球日本代表の東京ドームでナイター練習、その合間にテレビ中継をチェックしていた)
もともと星野監督は「この五輪で一番注目されているのは、サッカーじゃなく野球。あとは単体(個人種目)で
北島やヤワラちゃんがいるくらいでしょう。それに応えていかなくてはいけない」と語っていた。(zakzak記事より)

「今日サッカーはアメリカに負けましたけど野球はアメリカに勝ちますので
 皆さん楽しみにしててください。」 (08/8/7 ZEROエンディングにて)  →日本 2-4 アメリカ


現・野球五輪日本代表キャプテン ↓

ヤクルト・宮本「野球選手の息子はサッカー選手にだけはなっちゃいけない」 (07/2/10 うちくる?にて)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【五輪】野球、ソフトボール『ロンドン』除外…普及偏り、スリム化対象に 江本孟紀氏「(復活の道は)五輪をアマチュアに返すこと」★5
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1219333754/
【五輪/野球/星野JAPAN】3位決定戦 日本、米国に4-8で敗れメダル逃し4位に終わる★13
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1219499809/

投稿: お | 2008年9月19日 (金) 00:50

サッカー(スポーツ振興)くじに反対した組織
・共産党
・社会党
・公明党
・PTA
・日教組
・朝日新聞
・全日本遊技事業協同組合連合会(パチンコ屋の全国組織)
・全日本大学野球連盟(大学野球)
・日本高等学校野球連盟(高校野球)
・日本野球連盟(社会人野球)
・日本野球機構(プロ野球)


しかし法案が成立してtotoとその収益を使った助成が始まると
野球は助成金に申請しまくり。しかもこの時は団体が分裂したままで
別々に申請して別々に助成を受ける。その結果がコレ↓

http://www.naash.go.jp/sinko/kikin/jigyou_dantai18.html
財団法人日本ソフトボール協会       7,800,000 社団法人少年軟式野球国際交流協会.   3,000,000
全日本アマチュア野球連盟          2,080,000 財団法人全日本軟式野球連盟       1,500,000
(参考)
財団法人日本水泳連盟            4,800,000 財団法人日本スケート連盟          4,800,000
財団法人日本陸上競技連盟         3,600,000 財団法人全日本スキー連盟         3,600,000
財団法人日本バレーボール協会      3,400,000 財団法人日本バスケットボール協会    2,800,000
財団法人日本サッカー協会.         2,400,000 財団法人日本ラグビーフットボール協会.  1,200,000

野球離れが加速するのが、新聞社には怖い。

野球よりサッカーに商品価値が出てくることを、実は恐れているのだ。

しかも、野球と違って、サッカーの取材は難しい。
野球の場合、スコアブックに記入していくのは、数字の記号、アルファベットだけで、見事に数値化されている。
だからスコアブックを見るだけで、ある程度の試合内容が類推できる。
しかしサッカーはそうはいかない。選手一人一人の動きが全部違っていて、
しかも野球と違って三次元で動くスポーツだから、スコアブックに記入することも出来ない。
つまり取材する記者にとって、選手の動きと球の動きを追って記憶するだけで記事を書かなくてはならないのだ。
つまり簡単にサッカー取材のノウハウを、若い記者に伝授することが出来ないのだ。
だから、いつまでたっても、野球の取材は出来るが、サッカーの取材は出来ない、という記者が多い。新聞社の体質だ。

新聞社の本社でスポーツを扱う運動部では、Jリーグ発足直後、野球派とサッカー派が出来て対立した時期があった。
それだけ、日本にとって、歴史も次元も違うタイプのスポーツなのだ。

ttp://www.hokkaido-club.com/koitaro2/koitaro2_33.html

投稿: | 2008年9月19日 (金) 00:51

>お さん&名無しさん
同じ方ですよね?
面白い情報ありがとうございます。
寿人は別に野球が嫌いだとかカープファンを奪おうとかいう意味で言ったわけではないはずですよ。
僕は反町JAPANにも星野JAPANにも期待してなかったので、五輪については正直どうでもいいと思ってます。

野球にせよサッカーにせよ、プロ球団が存在するということで地域が活性化すればいいですね。

投稿: ひらっち | 2008年9月19日 (金) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/23816379

この記事へのトラックバック一覧です: 寿人の言葉:

» 広島サポの皆様おめでとうございます [恋涙]
J1昇格が決定しました [続きを読む]

受信: 2008年9月26日 (金) 13:59

« 吹けよ風、呼べよ嵐 | トップページ | ごめんちゃい »