« ユズリハ | トップページ | オンリーワンのクラブやから »

2008年9月14日 (日)

オトナの社会見学 第2弾 ~西京極に神降臨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!~

Img_5004
土曜日に京都へ行ってました。下道で。
この「ちょっとそこまで感覚」で120km離れた京都まで行ってしまうのがいいのか悪いのかはこの際置いときましょう(笑)
これぐらいだともはや全然遠い気がしませんから。
 
職場の取引先に熱心な京都サポの方がいらっしゃって。。。 というか、僕が岐阜サポやるようになって以来サッカーの話をするようになり、その方のサポ魂にも火をつけてしまったというか(笑)
 
今季になってからもよく岐阜と京都の情報交換をしていたので、僕もいつの間にか京都の事情に詳しくなり、その方がすごく楽しそうに話されるので興味がわいて今回、京都vs磐田戦をいっしょに観戦することになったわけです。
 
去年の年末は「アウェイ遠征がラクだから」という理由で思いっきり 西京極のアウェイ側にいたんですが。。。
すいません、寝返りました(爆)
 
西京極へ行く前に、いつもの帽子屋(CODE寺町店さん)に寄り道し、営業妨害世間話。
たこ焼きの話になったので、近くにあるという店を紹介してもらいました。
080913_145101
ネギ多すぎ(笑) 食べながらお盆からポロポロこぼれまくりました。
 
ネギ大好きやからうれしいねんけどね。「ゆずポン酢」味があっさりしてておいしかったです。
店長サンクス☆
 
そして西京極競技場へと向かいます。
Img_4997
さすがにゴール裏へ行ったりはしません。「Sバック」というバックスタンド側に陣取りました。こちら側は通路がピッチと同じ高さなんですよね。試合終了時には選手見たさにこの柵のすぐ後ろにちびっ子達が群がってました。選手と同じ高さですからねぇ。意外なところで「ピッチとの近さ」を感じることができます。
 
そして、やっぱり気になるスタグルメ。
種類はそんなに豊富ではありませんでした。それこそ漬物とか出てるのかと思ってましたけど。あと八ッ橋とかね。いや八ッ橋は言い過ぎや(笑)
Img_5000
で、おいしそうなにおいを撒き散らしていたので焼き鳥にしたんですが、これが相当デカかった。隣のタバコ(笑)と比べてみてください。かなり食べ応えがありました。
しかも鶏肉やから噛み切りづらくて、ひと口でパクッといかなきゃならない。
間のネギは緑色の部分が多かったので九条ねぎ。。。かな?
 
いっしょに食べた焼そばは、カレー粉がまぶしてあってまた一風変わった味でした。
でも意外とイケる。家で作る時に試してみたらおもしろそうです。
 
Img_5001
で、これが「サンガドリンク」。京都のイメージカラー・紫色の炭酸飲料です。味は、何となくブドウ味(笑) 何とな~くブドウの味がするけど、ちょっとうすかったです。まぁ焼き鳥だとか焼きそばだとかから揚げだとか、脂っこいメニューといっしょに飲むにはこれぐらいがちょうどいいかもしれませんね。
 
練習開始前には登録選手がミニボールにサインをしてスタンドに投げ入れました。
ちょうどすぐ近くに飛んできたのですが、取れませんでした。
まぁ京都の選手やし別にええわ~と思っていたら、なんと林丈統でした。
ウソ!? それやったら欲しかったのに(爆)
こういうイベントがあると、選手とサポーターの距離が近くなりますよね。
岐阜でもやればいいのに。。。 とうらやましいことしきり。ただ岐阜にとってはこのミニボールの費用もバカにならんのでしょう。
 
林といえば、ちょうど磐田戦ということもあってかマッチデープログラムの表紙を飾っていました。
080914_213501
このマッチデーがすごかったです。16ページフルカラーで何と無料配布!
改めて京都の資金力を見せつけられました。
A4モノクロ1枚のMDPなんて、岐阜のほかにあるんやろかねぇ。。。
期待していない部分とはいえ、コレを見せられると言葉を失ってしまいます。
 
Img_5008
そうこうしているうちにあっという間に時は過ぎ、キックオフの時間を迎えます。
さすがJ1。ゴール裏がびっしり埋まる大応援団です。
入場テーマに合わせて、広げたバンデーラが左右に揺れる、揺れる。
きれいですね。このあたりも参考にできないでしょうか???
 
Img_5006
対する磐田サイド。降格圏内に片足を突っこんでいる危機感か、あるいはオフト新監督への期待感か。相当数のサポが駆けつけていました。来年長良川にこの数で来られたらひとたまりもn。。。 今は言わんでおきましょう(笑)
しかも西京極のアウェイ側ベンチが水色だから、磐田サポでびっしり埋まってるように錯覚するんですよね(^_^;)
 
試合は、開始早々にスキをついた柳沢がゴールを奪い京都が先制しますが、その後は磐田が圧倒。ボール支配率で優位に立ちながら、京都が最後のところで踏ん張って点を与えません。
元日本代表候補の手島(笑)サイドは前田とジウシーニョがやりたい放題でかなり危ない。で、なぜか右サイドの最終ラインまで戻ってプレッシングに参加する柳沢(!) 何でそんなところにおんねん!? というぐらいよく走ります。このチームへの貢献度、そして最近の得点量産体制をみるに、京都への移籍は大正解だったようですね。女性サポも明らかに増えているようですし。
 
後半に入っても流れは変わらず、前半以上にテンポよくボールをつないで攻めまくる磐田。しかし、肝心のゴール前でラストパスとフィニッシュの精度が悪く得点を奪うことができません。
手島が村井を倒してせっかく獲得したPKもジウシーニョが外してしまい、その後ジウシーニョがGKと1対1のチャンスを作るもなぜかパスを選択。そしてなぜか中に詰めている選手が誰もいないというチグハグさ。とにかく打つシュート打つシュート枠に飛ばない磐田の攻撃は神様の悪戯としか思えません。
逆に、手島の代わりに渡辺大剛を右サイドバックに回して守備を安定させた京都は数少ないチャンスからコーナーキックを得ると、フェルナンジーニョがドンピシャでシジクレイの頭に合わせて追加点を奪うという超効率的な攻撃っぷり。
 
内容で優りながら最後に決め切れなかった磐田にとっては悔やんでも悔やみきれない一戦。
一方の京都は、「中断明け」と「相手の監督交替直後」という2つの負けフラグが立っていましたが、見事ジンクスを跳ね返しての勝利で、7位まで浮上しました。
シュートわずか6本で2得点ですから。こういう試合をモノにできるようになると強いですね。
 
007
勝利の後のゴール裏というのはいいもんです。
 
 
バクスタでまったり観戦でしたが、「やっぱりサッカーって楽しいんだよなぁ」と改めて気づかせてもらいました。と同時に、一番の薬はやはり「勝利」だということも。
 
そりゃ岐阜もこれだけ勝ってないとほんと勝ちたいよ。

|

« ユズリハ | トップページ | オンリーワンのクラブやから »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

京都遠征、お疲れ様でした。

京都、着々とチーム力を上げてきていますね。もしかしたら優勝争いに加わるかも?

それとともに、やはりチーム強化に必要な資金力って必要だな、とひらっちさんの日記を見て思いました。

岐阜・・・

投稿: ヨーロ | 2008年9月15日 (月) 06:38

大人の社会見学というタイトルにつられたぜ

投稿: ひろ | 2008年9月15日 (月) 09:50

>ヨーロさん
実力がありながら出番のなかった水本やフェルナンジーニョを運よく獲得できた今年は、京都が上位の常連に喰いこむ千載一遇のチャンスですね。
金が無いなら無いなりに、できる範囲で一生懸命頭を使うことも大事ですが、やはりある程度“先立つもの”は必要だと思い知らされました。
 
でも何より「楽しかった」のが収穫です。

投稿: ひらっち | 2008年9月15日 (月) 23:44

>ひろさん
2回目なんだから。。。 釣られてちゃダメでしょ(笑)

投稿: ひらっち | 2008年9月15日 (月) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/23748617

この記事へのトラックバック一覧です: オトナの社会見学 第2弾 ~西京極に神降臨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!~:

« ユズリハ | トップページ | オンリーワンのクラブやから »