« 腑抜けども岐阜の魂を見せろ | トップページ | 改めて思うこと »

2008年8月 5日 (火)

牛に轢かれたコンサ男

Zen
先週の土曜日に、長野へ行ってきました。
 
と言っても善光寺でおやきを食べたかったわけでも八幡屋の七味がほしかったわけでもなく(買ったけど)、
北信越クライマックスシリーズ第2戦(正しくは北信越第13節) AC長野パルセイロvsツエーゲン金沢を観るのが一番の目的。
やや場違いなオーラを出しまくってる“コンサ男氏”も、前期のリベンジを果たすためにはるばる長野までの遠征でした。
 
朝6:00に岐阜を出発し、東海北陸道→中央道と乗り継いで中津川ICで一旦降り、ETCカードを交換。
再び中津川ICから中央道に乗って伊北ICで降り、あとは下道をのんびり走って南長野総合運動公園を目指します。
通勤割引を利用して本来4,600円の区間を2,700円で走ることができたため、気分は上々♪
 
会場に着いたのはまさにキックオフ直前でした。
我ながら天才的なペース配分に感動(おい)
 
Hfl
メインは圧倒的に長野サポが多いけど、ゴール裏の人数はほぼ互角。
バック側にもツエーゲンサポが多数陣取っていました。
Flag
まさに「必勝」を祈願して金沢からやってきたビッグフラッグ。
小耳に挟んだ情報では、折りたたんでもバスの座席2つ分を占拠したとか。
この試合にかける金沢サポの意気込みが伝わってきます。
ゴール裏では、がんばって声を出すサポーターに桶や散水器で水を撒いていました。
さすが、用意がいい。
 
試合は序盤から金沢がエンジン全開でとばしまくり、前回の対戦では全くつながらなかったパスがうまくつながります。中盤も最終ラインもみんなよく走る走る。
前日、涼しいナイターなのに全く走れなかったどこぞのチームとはえらい違いやね。
まぁそれはどうでもいいとして。
特に、2番上田選手の攻撃参加と、28番広庭選手の高速ドリブルがいいリズムを生み、10番キムタツの個人技とパスも冴えわたって、再三長野ゴールに迫ります。
 
が、最後に立ちはだかったのが長野に途中加入したGK、ノグチピント・エリキソンフランキ選手。
決定機で驚異的なセーブを連発し、金沢の得点を阻止し続けます。
 
金沢はさらに波状攻撃を仕掛け、9番永井選手のパスから7番のキャプテン権藤選手のゴールで1点を奪いますが、前半は1-0で終了。
長野はここで1失点に抑えたのが大きかった。
金沢は、前半のうちに追加点を取れなかったことが痛かった。
 
この日の長野の予想最高気温は34度。そしてキックオフは12時。
逆転優勝のため何としてもこの試合に勝ちたい金沢は序盤からとにかく走り回り、一方の長野は、走れなかったのかあるいは走らなかったのか。。。
 
しかし後半、長野が一瞬の隙を突いてロングスローから押し込んで同点にすると、後半20分頃から金沢の運動量が急落し、長野がボールキープする時間が長くなります。
見ているだけで熱中症になりそうなこのコンディション。やっぱり足が止まったかとは思ったけど、何とかふんばって勝ち越しゴールを挙げてほしい。
 
しかしつながらないパス。遠いゴール。
長野の運動量も決して多くないため、前半抑えて後半勝負という作戦ではなく本当に動けなかったのでしょうが、それ以上に足が重い金沢イレブン。
 
すると、金沢の最終ラインを抜け出した長野の選手がGKと1対1に!
いつの間にかゴール裏に移動していたコンサ男氏の目の前で無情にもボールはゴールに吸い込まれ、長野が逆転。
 
これを狙っていたのかという巧妙な試合運び。
残り時間も何とか前に出ようとするけれど長野の守備網を崩せず、枠にも嫌われゴールが遠い金沢。
結局このまま試合は終了し、1-2で金沢の敗戦。
北信越リーグでの優勝&地域決勝進出はなくなりました。
 
試合後の選手の落胆振りがいたたまれなかったのか、あるいは2日連続の敗戦でげんなりしたのか、件のコンサ男氏はこっそりとゴール裏を離れましたが、
 
まだ全社がある!
 
日曜の試合で山雅がJSCを破ったため、長野が再び首位に返り咲き。
全社北信越予選で再び顔を合わせる金沢と長野ですが、残された唯一の道に全力を注ぐ金沢と、これに負けてもリーグで地域決勝へ進む可能性が残されている長野。
 
このメンタルの差がどうでるか?
それに同じ相手に3度も負けるわけにはいかんでしょう。

リーグ戦も、首位の長野対確変中の山雅という最終節・長野ダービーでひと波乱起きそうで目が離せないですね。
 
それにしても、この日は長野とは思えないくらい暑~い一日でした。
Apple
善光寺の参道で買ったリンゴソフトのおかげで生き返りました☆
さっぱりしてておいしかったです。

|

« 腑抜けども岐阜の魂を見せろ | トップページ | 改めて思うこと »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

“信濃ダービー”もしくは“信州ダービー”と表記しないと
松本サポから怒られそうな気がします…

投稿: Machiel | 2008年8月 5日 (火) 20:08

ゴール裏に来られた時に、気付きました。
試合後、話をしたかったんですが・・・

もー泣けて、泣けて
人間廃業でしたね・・・orz

しかし、改めて思いましたが・・・

私、こう見えてかなり涙もろいもんで
テレビや映画で、すぐボロボロくるんですが
それは感動したり、可哀想なシーンでの事。

それがこの歳になって、まさか「悔し涙」を
流すとは・・・

「悔し涙」なんて、小学生の頃に喧嘩で
負けて以来じゃないかなー。

いい歳したオッサンを、ここまで熱くする
サッカーって・・・

どーんだけーー!(古っ!!)

投稿: いのっち | 2008年8月 5日 (火) 23:50

>Machielさん
え~、もうめんどくさいから長野ダービーでいいじゃん~? どっちも長野県なんだし。
 
ってわけにはいきませんかね(^_^;)
使った人間が言うのもアレなんですが、「ダービー」が多すぎて辟易してるんですよ。

投稿: ひらっち | 2008年8月 6日 (水) 00:10

>いのっちさん
遅くなってすみませんm(_ _)m
先日はおつかれさまでした。
 
試合は残念の一言では片付けられないとは思いますが、全社は気持ちを新たにがんばってください。
 
で、思ったのですが、いのっちさんのように「自分の街のクラブを誇りに思い、選手といっしょに一生懸命がんばる」とか「悔しくて涙ボロボロ流せるクラブがわが街にある」ってことが、実はJリーグに昇格することと同じぐらい大事なんじゃないでしょうか。
もちろん勝って上のカテゴリーに上がるのも大事ですが、地域のサポートなくしてクラブは存続しませんから。
 
ツエーゲンはしっかりしたクラブだと思うので、地域に根づくようがんばってください。

投稿: ひらっち | 2008年8月 7日 (木) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/22786799

この記事へのトラックバック一覧です: 牛に轢かれたコンサ男:

« 腑抜けども岐阜の魂を見せろ | トップページ | 改めて思うこと »