« ウイニングチケットその2 | トップページ | WE WANT 勝ち点3!! »

2008年7月27日 (日)

この手につかんだ勝ち点1 ~仙台1-1岐阜~

Yursta
 
ベガルタ仙台のホーム・ユアテックスタジアム仙台。
ピッチが近くてとてもきれいなスタジアムでした。

つめかけたベガルタサポーターも1万3千人以上と、J2とは思えないくらいの入り。
広島ですらこの間1万人割っていたというのに。
実は、岐阜が「ユアスタ初の1万人割れ」を記録してしまうのではないかと試合前ひそかにガクブルしていたのですが、そんな野暮な心配は軽く吹っ飛びました。
地下鉄の車内から、すでにスタジアム内の黄色の集団が見えていたほどでしたから。
 
仙台という地域の盛り上がりがうらやましいですね。岐阜もがんばらないと。
スタジアムやサポーターだけでなく、運営に携わられているボランティアの方々や、ショップのスタッフさんもみなさんフレンドリーで、試合後もすれ違うたびに「ありがとうございました」と気持ちよく声をかけて頂きました。
そういえばビッグアーチへ行った時も同じようにスタッフの方によくしていただいたし、地域リーグながら金沢でも好印象を受けました。やはり観光都市は“おもてなしの心”の類のノウハウがあるのかもしれません。
岐阜がどうかはよく知らないけど、いちど高山の旅館の女将さんを呼んで話を聞いてみるのも面白かったりして。
 
ほんとね、こんないいスタジアムで試合が出来るというのは、応援するこちらもテンションが上げられる感じがして、岐阜サポみんなよく声出てました。
以前、15,000vs50くらいの戦いになるんじゃないかと予想してましたが、岐阜サポ100人ぐらい来てたんじゃないでしょうか?
実際13,000vs100ぐらいだったかと。
土曜ナイターということで岐阜からも関東からもまだ来やすかったことと思います。山形はもっと大変そうだからね。どうせなら山形にさっさとJ1上がってもらって、来年以降も仙台へ行きたいです(微毒)
さすがにユアスタのボランティアさんの前では言いませんでしたけどそんなこと。

試合は、ここ最近の例に漏れず、前線からのプレスは控えめのいわゆる「リトリートディフェンス」で始まります。
「リトリート」なんて英語、今年になって初めて覚えました。
そして機を見た速攻で効率よくベガルタゴールを脅かそうという作戦でしたが、いきなりこの奇襲攻撃が奏功し、コジ様&片桐のコンビで先制点を奪取!! 決めた片桐は偉いけど、いつの間にかスルスルスル~ッと抜け出たコジ様の狡猾さ(笑)が見事☆
 
が、あとは仙台の波状攻撃に晒されます。右から左から、エリアの外から中からと集中砲火を浴び、まさに新政府軍に砲撃された鶴ヶ城のよう。
 
。。。あ、その話は後日(笑)
 
しかし、リトリート=後退して自陣のスペースを埋めるように守っているおかげで、危険なエリアへの相手選手の侵入をブロックし、猛攻に晒されながらも決定的な場面は作らせません。
前線からのプレスが無いので観てるほうはものすごくドキドキしますけど。
夏場の体力消耗を防ぐには現状ベターな選択なのかもしれません。
ムダ走りしなくていいかわりに、少しのミスが即命取りになるので相当の集中力が求められそうです。

シュートコースも人数をかけて塞いでいるので、枠に飛んでもスグルさんの守備範囲で、不思議と失点しそうな感じはしませんでした。唯一枠に当たった怖いシュートがあったけど、運にも助けられて前半を無失点で抑えたのが今節のキーポイントだったと思います。
 
ユアスタのゴール裏ってほどよい高さがあるので、ピッチが近いうえに選手の動きが見えやすく、たとえばシュートコースにしてみても、きっちりコースを消しているのがよくわかりました。仙台のちびっ子はこんないい環境でサッカーを勉強できるのか。。。
 
そして後半。広島戦で課題となった立ち上がりは、無難に抑えます。やはりそのあたり確実に決めてくる広島が別格だったのかな。
しかし、15分を過ぎ落ち着いてきたところで最終ラインの連携ミスから相手FWに抜け出され失点。あとでスカパーを見ると、相手FWに突破されたコミさんが手を挙げてオフサイドをアピールするも。。。
その後ろに深っちゃんがいる(゚д゚;)!!
 
しかも決めたの平瀬かよorz 彼に決められるとげんなりするの何でだろ。。。
60分まではこっちの術中だったような気もするけど、やはりベガルタ仙台、そう甘くはありませんでした。
 
その後はお互いカウンターの応酬でしたが、互いにゴール前のラストパスとフィニッシュで精度を欠き得点できず。
終盤運動量が落ちた仙台に対し、岐阜は前半温存した体力を最後まで出して走り切りました。後半は前線からのプレスが効いていたように思います。
 
それだけに失点シーンが悔しい。ほんと悔しい。めっちゃ悔しい。
成都陥落の報を受けた姜維のごとく、スティックを地面に叩きつけていました。
いや喩えが全然わかんねぇ(笑)
ともかくよっぽど悔しかったんでしょうね、ひらっちさん。
ここ数試合、先制しながら追いつかれる試合の多いこと。。。
けど、J1経験チーム相手に1-0で逃げ切るなんて滅多にないでしょう。アウェイで勝ち点1を取れてよかったと、謙虚に受け止めます。
 
このチームとも、第3クールで最終決着をつけねばならないようですね。
また来るぜ、ユアスタ!
 
 
終盤出色だったのは、交替出場した大友。古巣相手で燃えており、キレキレのドリブルを披露して会場を沸かせてくれました。腐らずトレーニングを続けた結果が実ったようです。まだちょっと片桐と中外の動きがカブって迷走するシーンがあったけど、「ボールを持ったら何かしてくれそう」な雰囲気がプンプン漂ってました。片桐ともどもすごくよかったです。
試合前のメンバー発表時、仙台サポは大友に対し拍手半分ブーイング半分でしたが、9月の対戦ではブーイングが大半を占めるんでしょうね。楽しみ楽しみwww

【追記】
公式! ベガル“ダ”仙台ってどこやねん!
  

 
元ネタ/♪この手につかんだ未来地図(ストーリー)
     41q962scvdl_ss500__3 アルバム「BEAT GOES ON」収録

|

« ウイニングチケットその2 | トップページ | WE WANT 勝ち点3!! »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

遠征お疲れ様でした。

姜維(ゲームが人気だけど、「きょうい」って読める人いるかな?)の例ですが、三国志マニアな僕にはよっく分かりますよ。(笑。でも、蜀を滅亡に追い込んだのは孔明の6回を超える9度の北伐をして国力を消耗させては引き返すを繰り替えした奴の無謀さですが)

もうすぐ夏休みで岐阜に帰るけど、行けるかな。
行きたいけど、かなり忙しいのですよ(泣)

行けた時の目標。
応援するチームの初勝利!(現在自分が参戦して応援したチームの戦績、1分2敗……)

投稿: YM5 | 2008年7月28日 (月) 15:25

>仙台という地域の盛り上がり

 本当の『盛り上がり』は、前売り完売で当日券無しの19,000人越えなのですよ…。
ぜいたくに聞こえても、J1時代は本当にそういう状態だったのです。
本年度も観客動員目標は、15,000人なのでまだまだ努力が必要です。

《参考資料》
ユアスタ仙台収容観客数:  19,694人
ベガルタ仙台J1最多観客数: 19,497人(ユアスタ開催時)
ベガルタ仙台J2最多観客数: 19,412人(ユアスタ開催時)


7/26(土)開催試合
※J2
仙台 1 - 1 岐阜 (19:05/ユアスタ/13,262人)
鳥栖 2 - 1 甲府 (19:03/ベアスタ/ 5,621人)
水戸 2 - 3 福岡 (19:04/笠松/   3,221人)

※J1
F東京 1 - 1 横浜FM(19:04/味スタ/28,986人)
川崎F 1 - 1 名古屋(19:04/等々力/21,952人)
G大阪 0 - 1 大分 (19:03/万博/ 17,619人)
磐田 1 - 1 東京V (19:04/ヤマハ/11,057人)
神戸 0 - 1 千葉  (19:03/神戸ユ/ 9,348人)
柏 2 - 2 京都  (19:04/柏/ 9,027人)

投稿: Machiel | 2008年7月28日 (月) 18:16

ああっ、大友にブーイングしたかった(笑)

公式インタビュー
>●大友慧選手(岐阜)
>Q:選手紹介の時からブーイングもあって、仙台在籍時のプレーやその怖さは覚えられていたようですが?
>「そうですかね。でもここは僕にとって苦楽を共にした場所なんで、帰ってきたなぁという感じはしていますけど」

公式記録によると2005/4/2 J2第5節ベガルタ仙台─横浜FC以来のユアスタ登場です。
ベガルタの選手としてユアスタに出場したのは、2002/7/24 J1第1ステージ第10節ベガルタ仙台─ジェフ市原戦が最後となります。

大友慧は、私がベガルタサポになった時の人気選手でベガルタ退団後も動向を気にかけている選手のひとりです。
(もうひとり気にかけてるのは小林康剛。現所属ファジアーノ岡山/JFL得点王争いトップ)


投稿: Machiel | 2008年7月28日 (月) 18:54

>YM5さん
横山版三国志だと、蜀の最期を看取った智将というイメージですけどね。戦術には秀でていても戦略がgdgdだったんでしょうね、姜維は。
8月はホームで3試合ありますから、お待ちしています。呪いも解けたことだし(?)、みんなでがんばって、ホーム戦勝利を祝いましょう♪

投稿: ひらっち | 2008年7月29日 (火) 00:51

>Machielさん
ということは、カテゴリーや対戦相手に関わらずチームを応援する固定ファンが現在13,000人ぐらいいらっしゃるということですね。ウチはまだまだ3,000人くらいなので、やはりうらやましいですよ。仙台を見習ってもっと集客を増やさないと。。。
 
大友には、ピッチの内外で人を惹きつける魅力がありますね。彼は夏場のほうが調子が上がるタイプのように思えるので、これからが楽しみです。
9月の対戦では、思う存分ブーイングしてください。
岐阜サポとしてもうれしい限りです(^o^)
 
 
ちなみに僕は岩本輝雄がず~っと気になってました。気づいたら東海道歩いてましたけど(笑)

投稿: ひらっち | 2008年7月29日 (火) 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/22591753

この記事へのトラックバック一覧です: この手につかんだ勝ち点1 ~仙台1-1岐阜~:

« ウイニングチケットその2 | トップページ | WE WANT 勝ち点3!! »