« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

だって、月末なんだもん!

今日は7月31日。
岐阜県南部の人はみな、毎月最後の日には海津市にあるお千代保稲荷へ参拝に行きます。
 
すみません、言い過ぎました。皆でもないです(笑)
でも、普段はのどかな神社が、月に1度この日だけは人でごった返し、とてもにぎやかになるのです。
 
狐の神様なので、境内の入り口で油揚げを買って参拝。
何を祈ったかって?
 
それはヒミツです。いやまぁ大したことは祈ってないけども。
「明日の試合FC岐阜が勝ちますように」?
そんな他力本願な願はかけません。
商売繁盛の神様に(笑)
そのお願いは去年出雲大社でしてきたから大丈夫(?)
 
そしてひらっち家恒例のカレータ~イム♪
むしろこっちがメインだったりする(爆)
080731_200401
お千代保稲荷参道の名店「ラ・リーモ」さんについてはこちらの記事で↓
http://lovedemio145.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_3948.html
 
今月は、シーフードカレーを初注文してみました♪ エビ、イカ、そしてムール貝!
ムール貝なんてオシャレな食材、初めて食べました。
味も何か日本の生き物じゃない感じがする(笑)
 
え? 明日の試合勝つようにカツカレーじゃなかったのかって?
そんなしょうもないゲンは担ぎません。
明日はちゃんと実力で勝ちに行きましょうよ!
 
てか豚カツとかカツサンドとかカツカレーとか、去年の夏にさんざん食べたっつうの。
でも全然勝てn(以下略)
 
 
元ネタ/♪だって、女の子なんだもん!
      Datte

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

会津の日本史カーニバル

先日のブログにもちょこっと書きましたが、ベガルタ仙台戦の前に、ふら~っと会津若松へ行っていました。
 
仙台を出る時に小降りだった雨が、会津若松に着いた時には激しく降っていました。
そんなわけで、お土産物屋へ緊急避難し傘を買って外へ出ると、
 
雨止んでるやん。
しかも晴れとるがな。
 
けっこう雨男の自信はあるけど、ここまで天気に嫌がらせされるとは思わんかった。
 
Castle1
でも、晴れたおかげで鶴ヶ城の写真を撮ることができました☆
ほんとにプラモデルの箱みたいやね。
 
歴代の会津藩主が居城とした、東北屈指の名城・鶴ヶ城。
 
蒲生氏によって建てられた最初の天守閣は現在のような美しい白壁ではなく、熊本城のような黒壁で、現在よりも高い7層だったそうです。
Kumamoto ※参考資料(笑)

これは、安土桃山時代には黒壁が主流だったから。
 
江戸時代に、大地震による被害を受けて大改修した際、江戸城に倣って白壁に作り直され、5層の天主に改められました。 
 
現在残っている天守閣は、明治維新時に取り壊された後、昭和40年に再建されたものです。
そして4年前に天守閣内部が改修され、歴史博物館としてリニューアルしました。
 
5階の展望台からは、磐梯山が見え。。。
Bandai
なかった、残念!
かろうじてふもとだけ見えて、雲に覆われているのがそう。
 
Brown
この写真、手前と奥で屋根瓦の色が違うことにお気づきでしょうか?
手前側は、昭和40年に再建された部分。そして、奥の南走り長屋と干飯櫓は平成12年に再建された部分です。
 
どうやらこの鶴ヶ城、奥側のように赤茶色の屋根瓦で覆われていたのが本来の姿だとか。珍しいですよね。
天守閣も赤茶色の瓦に葺き替える計画があるようで、そうなれば現在ある日本の城の中でも異彩を放つ城になり、とても楽しみです。

幕末には、徳川家を守るため薩摩藩・長州藩を中心とした新政府軍に最後まで抵抗した会津藩が、京都を追われてこの城に籠城し、1ヶ月もの間、新政府軍の猛攻撃に耐えました。
この時、十代半ばの少年達で結成された「白虎隊」の隊士たちが、城下に放たれた火を見て鶴ヶ城が落城したと勘違いし、次々と切腹した話は余りにも有名です。
城内の博物館には、このとき自刃した19名の隊士の肖像画と、彼らにまつわる簡単なエピソードが紹介されており、さすがの僕も熱くこみ上げてくるものを感じました。
そういえば涙を流していた女性の方もいらっしゃいました。
 

昔は、新しい時代を作った薩摩や長州が好きだったのですが、最近は、時代遅れとわかっていながら身を挺して徳川家の恩義に報いようとした、会津藩や新選組のひたむきさが大好きです。
そういうひたむきさって自分には無い部分だから(爆)、あこがれが大きいんでしょうね。
歴史の重みもあるせいか、これまで訪れたどの城よりも、気高く凛としたたたずまいが印象的でした。
 
やっぱりお城って、ほんとうにいいですね♪
 
ってパクリかよ。
 
ここからは城下を散策しました。
Korokke

と、その前に腹ごしらえ(笑) ちゃんとした昼食をとりたかったので、とりあえずのつもりで買った「黒豚コロッケ」
前から思ってたんだけど、ほかの食材を引き立てるなら牛肉よりダンゼン豚肉!
肉の味がしっかりしてました。
これは飛騨牛コロッケより美味しいかも。。。
 
Street
会津若松のメインストリートと思しき大通。
歩道も車道も広くとられているので、開放的な雰囲気がします。
けっこうこういう「通り」って好きな感じです。
ところどころに昔の蔵をイメージしたお店があって、歴史情緒も漂っています。
 
080726_
で、「ちゃんとした昼食」のラーメン(笑) 「大山」というお店でいただきました。
福島といえば「喜多方ラーメン」が有名ですが、ここ会津若松にも「会津ラーメン」なるものが存在しています。
スープはあっさりとしたしょうゆ味で、つけ麺のように太い平打ち麺が特徴。
ってこれじゃあ喜多方ラーメンと何が違うのかよくわかんないじゃないか(笑)
 
本場の喜多方ラーメンは食べたことがないけど、会津のほうが醤油の色が濃くて味がしっかりしてる。。。ような気がしました。
詳しい人誰か教えてください。
 
そして、メインストリートの隣を走っているのが、「野口英世青春通り」
Noguchi
 
地元出身ということで、レトロな街灯の横には同氏のイラストが。
Noguchi2
 
Noguchi3
そして通り脇の広場には銅像と、同氏を観光資源として活用しようという魂胆も
見え隠れしてました(笑)
 
会津若松の印象はというと、一応観光地として盛り上げようとしてはいるものの、それによってペースを乱されることなく、マイペースを保っている感じがしました。
数多くある観光地のように変に外面ばかりよく見せようとせず、「まぁ来たい人は来ればいいんじゃない?」的な脱力加減(笑)が気に入りました。
 
 
今度は白虎隊記念館とか、ちょっと足を伸ばして大内宿にも行ってみたいですね。
 
 
元ネタ/♪愛のナースカーニバル
      Nurse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

杜の課外授業

仙台といえば。
 
やっぱ牛タンでしょ。
 
試合後、仙台駅前の「べこ政宗」(すげぇ名前w)にて、岐阜サポの打ち上げが行われました。
 
到着が遅れたので他のサポ諸氏ほどいろんなメニューを食べることはできませんでしたが、まずいただいたのが牛タンの寿司。
Sushi
タンなのにすげぇ脂が差してんだけど!
とろける脂とあっさりした赤身の食感が最高でした。
 
そして、時間が無かったため、手っ取り早く食べられるように注文した定食。
Tangue
麦めしとテールスープ、漬物がセットになっていました。
肉は塩と味噌の2種類の味が楽しめます。
これがねぇ。。。 やっぱ旨いすよ。
 
焼肉といえばビールがつきものだけど、それ以上にゴハンとめっちゃ合う♪
肉、ゴハン、肉、ゴハン、肉、肉、ゴハン であっという間に完食してしまいました。
頼んだのは1.5人前だけど、全然足りない!
 
むしろ丼がほしかったくらい。
 
。。。なんか太っ腹なあの人のブログみたくなってしまいましたが(笑)
 
肉質はもちろんのこと、焼加減が上手いんでしょうね。
厚めに切ってあるけど柔らかくて。
 
個人的には味噌味のほうが好みでした☆
 
 
あとはお土産類。
Moon
仙台銘菓の「萩の月」。
同じようなお菓子って日本全国にけっこうあると思うんだけど、やっぱり本場のカスタードクリームは旨いね。めっちゃ濃い。
日本全国津々浦々にあるホワイトチョコ&ラングドシャーの菓子で「白い恋人」がバツグンに旨いのと同様、カスタードケーキのぶっちぎりNo.1は「萩の月」!
 
実は僕、この菓子の存在こそ知ってましたが、ずっと山口県の菓子だと思ってました(爆)
 
だって「萩」って言ってるじゃんねぇ。。。
では、なんで「萩の月」なのか? 
Wikipediaによると、「宮城県の県花「ミヤギノハギ」であることと、商品が月を連想させる黄色い丸の形であることに由来する。」んだとか。
 
包み紙をめくり、箱を開け、個箱を開けてさらにビニール袋を開けて初めて食べられるという、4重の過剰包装(笑)
 
でも、写真に写っている個箱はきれいなので、何かに使えないかな~と考えています。
 
 
そして、予告どおり会社へ買って行った「ベガルタ仙台クッキー」!
Cookie

ユアスタの物販コーナーのすみっこにひっそりと売ってました(笑)
いやでも、お土産に使えそうなお菓子がクラブ公認グッズとして売っているのがすごいことです。
岐阜は山中製菓さんががんばってるのど飴しかないもんなぁ。。。
 
中味はというとこんな感じ。
080729_214101
マスコットキャラクターがプリントされてました。
ただ誤算だったのが、中の個袋のどこにも「ベガルタ仙台」と書いてなかったこと。
何も聞かされずにただ机の上に置いてあった会社の人は、誰のどこの土産なのかわかんなかったでしょうね。
 
味は、まぁぶっちゃけふつうのクッキーだけど、某国の意味不明な土産よりは喜ばれたに違いない(笑)
 
楽天イーグルスのクッキーもあったから、次回はそっちにしてみようかな。
今回、滞在時間がほとんどなかったにもかかわらず、これだけ充実した食文化を楽しめるあたり、さすがは東北随一の都市・仙台。懐が深い。
次回は仙台市内でじっくり時間を使えるため、さらなるグルメを探求しようと今から楽しみです。 
 
辛味噌ラーメンとかね。
 
 
元ネタ/♪恋の課外授業
      Datteシングル「だって、女の子なんだもん!」収録

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年7月28日 (月)

だいじょうぶ!! my Zweigen

。。。あんたのツエーゲンじゃないだろう。
 
とツッコんどいたところで。
 
20089
 
先週の土曜日、ユアスタで岐阜の応援をした後に衝撃的なメールが飛び込んできました。
 
「2-5で山雅の勝ち」
 
 
。。。は?(゚д゚;)
 
逆じゃねぇの? と思ったけど間違いじゃなかったようです。
ユアスタで山雅のユニフォームなんか掲げるからいけないんだ。
という冗談はさておき。全く関係ないから。
 
5失点か。。。 ちょうど同じ日に犀川の花火大会があったとはいえ、こんな花火はキツイなぁ。
もともと守備は心配だったけど、ここへきての5失点は痛い。兎に角、残された時間での建て直しが急務です。
 
でもね、自力Vが消滅しただけで、まだ可能性は残されているわけですよ。
ありがたいことに(?) 首位の長野がJSCに敗れたので順位が入れ替わり、JSCが勝ち点31で首位。29の長野をはさんで、金沢が27。その差4です。
次節、JSCが山雅に負けか引き分けた場合、最終節で金沢が勝ち点で並ぶor追い越す可能性が残されており、得失点差の勝負になればJSCに対し現状+5のアドバンテ-ジのある金沢が逆転します。
 
まだ優勝の可能性はあります! しかもかなりの高確率で。
「あとは全社で。。。」と、及び腰になってはいけません。
あくまでもリーグで勝ち上がるんです。
 
(そして、とりあえずここはひとつ、今回の5ゴールで山雅が確変モードに入ったことを信じましょう。)
 
しかし、この計算も、金沢の2連勝が絶対条件。
特に次節の長野戦、負けた時点でVが消滅します。
まさに現代版末森城の決戦! 相手は富山じゃなく長野だけど。
 
ツエーゲンサポの皆さん。
今回の敗戦は確かにショックが大きいかもしれません。僕も去年、岐阜がホームで佐川に負けたときはかなりショックでした。
 
でも、知っていますか?
最終節で得失点差7をひっくり返して上位リーグに昇格したチームがあることを。
 
知っていますか?
地域決勝の緒戦でカウンター1発に沈んだものの、そこからの4連勝でJFL昇格を果たしたチームがあることを。
 
知っていますか?
JFL最終節目前で自力昇格消滅の危機に瀕したものの、ライバルチームが0-6で大敗し、最終節にもきっちり勝ってJリーグに昇格したチームがあることを。
 
まぁ、全部岐阜なんだけど。
 
強い気持ちがあればきっと何かが起こる。
「あの時もっと声を出せばよかった」と後悔しないために、精いっぱいの声を選手に届けてください。
ハーフタイムにアルウィンの途中経過なんて気にしてちゃダメです。
目の前の試合に集中し、強敵長野を相手にぜひとも「勝ち点3」を奪えるよう、がんばってください。応援しています。
 
 
 
。。。ん? どこからかはわかんない。
 
 
 
 
元ネタ/♪だいじょうぶ!! my friend
    41q962scvdl_ss500__3 アルバム「BEAT GOES ON」収録

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

WE WANT 勝ち点3!!

2008_h14
 
7月の戦績は、1勝2分1敗の勝ち点5。
松永監督が掲げた目標「勝ち点6」には、惜しくも1点届きませんでしたが、強豪チーム相手に5分の星勘定で終われたのはお見事と言えるでしょう。
鳥栖を除いて岐阜より下位チームとの対戦が続く8月は、確実に「勝ち点3」を積み上げていきたいところです。
欲を言えば「10」はほしい。
 
また、第2クール全体で見てもここまで3勝6分3敗で全く五分。
てゆうか引き分け多っ!!
勝ち越すためにも、今度の水戸戦は是が非でも勝ちたいです。
 
要注意人物はFW荒田選手。強烈なシュートと当たり負けしないフィジカルが持ち味という印象です。前回の岐阜との対戦でも得点し、ここまで10ゴールと好調です。
ここは、水戸でプレー経験のある深っちゃんにぜひとも完封してもらいたいですね。
あと、因縁の佐川から移籍した堀選手も、現在レギュラーで活躍しています。
御給の影に隠れがちですが、昨年のホーム最終戦で2得点を挙げた天敵。
御給以上のブーイングを浴びせるべし!
 
 
Photo
 
 
元ネタ/♪愛 WANT YOU!!
       Want

| | コメント (6) | トラックバック (0)

この手につかんだ勝ち点1 ~仙台1-1岐阜~

Yursta
 
ベガルタ仙台のホーム・ユアテックスタジアム仙台。
ピッチが近くてとてもきれいなスタジアムでした。

つめかけたベガルタサポーターも1万3千人以上と、J2とは思えないくらいの入り。
広島ですらこの間1万人割っていたというのに。
実は、岐阜が「ユアスタ初の1万人割れ」を記録してしまうのではないかと試合前ひそかにガクブルしていたのですが、そんな野暮な心配は軽く吹っ飛びました。
地下鉄の車内から、すでにスタジアム内の黄色の集団が見えていたほどでしたから。
 
仙台という地域の盛り上がりがうらやましいですね。岐阜もがんばらないと。
スタジアムやサポーターだけでなく、運営に携わられているボランティアの方々や、ショップのスタッフさんもみなさんフレンドリーで、試合後もすれ違うたびに「ありがとうございました」と気持ちよく声をかけて頂きました。
そういえばビッグアーチへ行った時も同じようにスタッフの方によくしていただいたし、地域リーグながら金沢でも好印象を受けました。やはり観光都市は“おもてなしの心”の類のノウハウがあるのかもしれません。
岐阜がどうかはよく知らないけど、いちど高山の旅館の女将さんを呼んで話を聞いてみるのも面白かったりして。
 
ほんとね、こんないいスタジアムで試合が出来るというのは、応援するこちらもテンションが上げられる感じがして、岐阜サポみんなよく声出てました。
以前、15,000vs50くらいの戦いになるんじゃないかと予想してましたが、岐阜サポ100人ぐらい来てたんじゃないでしょうか?
実際13,000vs100ぐらいだったかと。
土曜ナイターということで岐阜からも関東からもまだ来やすかったことと思います。山形はもっと大変そうだからね。どうせなら山形にさっさとJ1上がってもらって、来年以降も仙台へ行きたいです(微毒)
さすがにユアスタのボランティアさんの前では言いませんでしたけどそんなこと。

試合は、ここ最近の例に漏れず、前線からのプレスは控えめのいわゆる「リトリートディフェンス」で始まります。
「リトリート」なんて英語、今年になって初めて覚えました。
そして機を見た速攻で効率よくベガルタゴールを脅かそうという作戦でしたが、いきなりこの奇襲攻撃が奏功し、コジ様&片桐のコンビで先制点を奪取!! 決めた片桐は偉いけど、いつの間にかスルスルスル~ッと抜け出たコジ様の狡猾さ(笑)が見事☆
 
が、あとは仙台の波状攻撃に晒されます。右から左から、エリアの外から中からと集中砲火を浴び、まさに新政府軍に砲撃された鶴ヶ城のよう。
 
。。。あ、その話は後日(笑)
 
しかし、リトリート=後退して自陣のスペースを埋めるように守っているおかげで、危険なエリアへの相手選手の侵入をブロックし、猛攻に晒されながらも決定的な場面は作らせません。
前線からのプレスが無いので観てるほうはものすごくドキドキしますけど。
夏場の体力消耗を防ぐには現状ベターな選択なのかもしれません。
ムダ走りしなくていいかわりに、少しのミスが即命取りになるので相当の集中力が求められそうです。

シュートコースも人数をかけて塞いでいるので、枠に飛んでもスグルさんの守備範囲で、不思議と失点しそうな感じはしませんでした。唯一枠に当たった怖いシュートがあったけど、運にも助けられて前半を無失点で抑えたのが今節のキーポイントだったと思います。
 
ユアスタのゴール裏ってほどよい高さがあるので、ピッチが近いうえに選手の動きが見えやすく、たとえばシュートコースにしてみても、きっちりコースを消しているのがよくわかりました。仙台のちびっ子はこんないい環境でサッカーを勉強できるのか。。。
 
そして後半。広島戦で課題となった立ち上がりは、無難に抑えます。やはりそのあたり確実に決めてくる広島が別格だったのかな。
しかし、15分を過ぎ落ち着いてきたところで最終ラインの連携ミスから相手FWに抜け出され失点。あとでスカパーを見ると、相手FWに突破されたコミさんが手を挙げてオフサイドをアピールするも。。。
その後ろに深っちゃんがいる(゚д゚;)!!
 
しかも決めたの平瀬かよorz 彼に決められるとげんなりするの何でだろ。。。
60分まではこっちの術中だったような気もするけど、やはりベガルタ仙台、そう甘くはありませんでした。
 
その後はお互いカウンターの応酬でしたが、互いにゴール前のラストパスとフィニッシュで精度を欠き得点できず。
終盤運動量が落ちた仙台に対し、岐阜は前半温存した体力を最後まで出して走り切りました。後半は前線からのプレスが効いていたように思います。
 
それだけに失点シーンが悔しい。ほんと悔しい。めっちゃ悔しい。
成都陥落の報を受けた姜維のごとく、スティックを地面に叩きつけていました。
いや喩えが全然わかんねぇ(笑)
ともかくよっぽど悔しかったんでしょうね、ひらっちさん。
ここ数試合、先制しながら追いつかれる試合の多いこと。。。
けど、J1経験チーム相手に1-0で逃げ切るなんて滅多にないでしょう。アウェイで勝ち点1を取れてよかったと、謙虚に受け止めます。
 
このチームとも、第3クールで最終決着をつけねばならないようですね。
また来るぜ、ユアスタ!
 
 
終盤出色だったのは、交替出場した大友。古巣相手で燃えており、キレキレのドリブルを披露して会場を沸かせてくれました。腐らずトレーニングを続けた結果が実ったようです。まだちょっと片桐と中外の動きがカブって迷走するシーンがあったけど、「ボールを持ったら何かしてくれそう」な雰囲気がプンプン漂ってました。片桐ともどもすごくよかったです。
試合前のメンバー発表時、仙台サポは大友に対し拍手半分ブーイング半分でしたが、9月の対戦ではブーイングが大半を占めるんでしょうね。楽しみ楽しみwww

【追記】
公式! ベガル“ダ”仙台ってどこやねん!
  

 
元ネタ/♪この手につかんだ未来地図(ストーリー)
     41q962scvdl_ss500__3 アルバム「BEAT GOES ON」収録

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

ウイニングチケットその2

ウイニングチケットその2
さきほど、名古屋発仙台行きのバスが発車しました。
 
勘違いで予約開始日の翌日に電話したらすでに初日で売り切れてしまい、大慌てで代替ルートを探しましたが、増便が決まり無事乗車できました。
ちなみに鳥栖行くための福岡便でも同じ目に遭ったのですが、そちらは取れなかったため、別ルートになりました。
 
夏休み恐るべし(°□°;)

でも席は運転手側の最前列で、前と横のスペースがちょっと広めです。ラッキー☆
 
とにもかくにも、夜行バスの必需品・マスクと冷えピタを装着して準備は万端。 
何とか寝れますように...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

汎用“棒”型決戦兵器

突然ですが
7/6の山形戦からスネアの音が変わったのに気づいた人って、どれくらいいます?
 
実はちょっと叩き方を変えたんですよ。
それまでは、ふつうにヘッド(皮が張ってある叩く面ね)を叩いていたんですが、山形戦から「リムショット」という打ち方に変えました。
どういう叩き方かというと、スネアのヘッドと、それを押さえている金属のフチ(リム)を同時に叩く方法です。
ドラムやってるとよく使う方法なんですが、同時に金属を叩くことで「スコーン!!」という抜けのいい音が出ます。
音色の好みに関しては各人で様々あると思いますが、僕はこの「抜けた音」がラテンっぽくて好きなんですよね。
ただ、スティックの先端と腹の部分を同時に当てないといけないので、すこし難しいのです。先端だけが当たるとフツウのスネア音になります。それならばまだいいほうで、腹だけリムに当てた時は、「ガッ!!」という鈍い音が出て、
 
。。。あ、ミスったな(笑)
 
とバレバレになってしまうのです。
その代わり「スコーン!!」と決まるとすごく気持ちいい。
この音で選手や声出し部隊の皆さんをさらに勢いづけられたらいいなと思います。
 
しかし、このリムショットにもけっこう切実な問題が。。。
まず、マメのペースがめちゃくちゃはやい。
金属を叩くためそれだけ衝撃が強く、スティックを支える指にも負担がかかります。
特に湘南戦は気合が入ってたらしく、両手のマメが一気につぶれました。おかげで風呂が大変大変(笑)
 
もうひとつは、スティックの消耗が早いこと。
リムを叩く腹の部分が裂けて、すぐ折れてしまいます。
場合によっては1試合でささくれだらけになってお払い箱になります。
 
080723_232401
写真が、いつも使っているひらっちモデル(笑)
ZildjanのJAZZという種類で、高校生の頃から使っています。といっても半分くらいブランクだけど(笑)
昔はヤマハで作られていたモデルだったのですが、久しぶりに買いに行ったらいつのまにかヤマハと提携しているジルジャンの製品になっていました。そのあたりの経緯は謎。
当時、ヤマハと契約していたPENICILLINのO-JIROが、雑誌で「細くて軽くて叩きやすい」と薦めていたのを見て試したら意外にフィットしたのがきっかけです。
確かにすごく叩きやすいんだけど、ちょっと値段が高いのが玉にキズ。90分で折れてしまうんじゃもったいない。写真のスティックも上側が既にささくれ始めています。
 
というわけで、湘南戦の序盤で使っていたのがこのモデル。
080723_232501
La'cryma ChristiのLEVINモデル。
バンドはすでに解散したのに、スティックだけはしっかり売られていました。
LEVINは高校生の頃大好きだったドラマーで、彼が演奏中にスティックを回すのがカッコよく、憧れてよく練習していました。
。。。スティック回しを(爆)
 
少し太めなので、多少キズが入っても叩けるだろうということで最初使っていましたが、
重くて手がついていかねぇ(爆)
 
どんだけ体力無いんだか(苦笑) 結局、途中からいつものJAZZに戻して調子を取り戻せたわけで。
しかもこのスティック、左右で模様が違うのが特徴なんですが、ちょうどリムに当たってボコボコになってしまう部分なんです。意味無ぇ(笑)
 
やはり細いほうがいいと改めて探してきたのがこれ。
080723_232601
Pearlの「103A」というモデル。残念ながら有名人のモデルというわけではありません。
径はφ14mmでJAZZ(φ13.7mm)に近く、握りやすかったです。
また、材質がオークなのでコストパフォーマンスにも優れています。
そして、一般的なスティックに比べ2cmほど短めなので、リムショットもしやすそうな気がします。
 
さあ、果たしてこの3代目の叩き具合はどんなものなのか?
今度の週末がとても楽しみです
 
。。。ってもう明後日の夜には出発じゃないか!(焦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

0463 ~私の愛したクラブ(過去形)~

もう土曜日の話ですが、湘南ベルマーレとのリベンジマッチは、0-0のドローで終わりました。

4月の対戦では、幾度も岐阜ゴールに襲い掛かって4ゴールを奪い、格の違いを見せつけた湘南。
流れるような美しいパスワークと、怒涛のように攻めてくる様は、まさに「ビッグウェーブ」そのものでした。
岐阜にしてみれば、開幕の甲府戦から直前の横浜FC戦まで、負けはしても“そこそこ”の試合を展開していたのに初めてコテンパンにやられたわけですから、今回の試合では、選手もサポも、あの時の悔しさを晴らそうと期するものがあったに違いありません。
 
しかし、土曜日に対戦した湘南は、時おり鋭い攻めが見られるものの、前線で起点となるアジエル選手の不在が響き、脅威となる攻撃はついぞ繰り出してくることはありませんでした。
(もっとも、岐阜も前半招いた2度のピンチでスグルさんの神業セーブに救われたのは間違いないわけで、あまり偉そうなことを言えた内容では無いのですが。)
 
アジエル選手のいる・いないで全く別のチームに見えるほど、湘南の攻撃が前回と違っていました。
そういえば、昔から「ベッチーニョ頼み」「中田頼み」など、司令塔への依存度が高かった気がしないでもない。
 
ただこちらとしては、それでもキッチリ勝って星を五分に戻し、第3クール@平塚で完全決着をつけたかったので、引き分けというのはやっぱり悔しいです。
 
攻め手を欠いた湘南と、決め手を欠いた岐阜。
お互いの出来に不満が残った試合でした。
「勝ちたい」のはもちろんだけど、それ以上に「いい試合をしたい」というのがあるからね。
湘南相手だと。
 
 
しかし、これで11月の対戦が楽しみになったのは間違いありません。
片桐も言ってたように今回の湘南が「70%」だったとしても、大先輩のクラブと互角以上にわたりあったのだし、序盤や終盤に迎えた劣勢の時間を集中して守りきり、相手をゼロに抑えたことは大きな収穫でしょう。
11月までにさらに強くなって、今度は「100%」の湘南と全力で戦える機会があります。
そして、その時に勝てば待った分喜びも大きくなるし。
 
ここまで岐阜も順調に強くなってきていて、100%の湘南相手でもいい試合が出来るだろうし、勝機もあると思います。
セレッソに袋叩きに遭って戦術を見直して以降、2失点以上許したのは広島のみで、無失点試合も10試合中5試合。ルーキーということを差し引いても立派な数字でしょ。
1試合あたりの平均失点も0.8点なわけで、つまり

計算上1点さえ取れれば勝てるということ。
 
で、ここ10試合で6点、1試合平均0.6点しか取れていないので勝ちきれないんですね(^_^;)
でも、湘南戦であった片桐のクロスから深っちゃんのヘディング(というか顔面?)など、いい形はできつつあるわけで、これを何度も続けていけばおのずと決定機も増えていき、そうすればシュート本数も増えて得点の確率も増える。。。はず。
前節より今節、今節より次節と徐々によくなることを信じて応援して行きましょう♪
 
 
本来はね。
ゴール裏のサポーターって、対戦相手がどこであれ、相手サポーターが何人であれ、変わらない“熱さ”で応援するべきなんだけど。
僕もまだ人間できてないから、どうしても湘南相手だと燃えるのね。だから、1つ勝つまでは目の色変えて「緑と青のビッグウェーブ」に向かっていきます。悪いけど。
 
そして、遠路はるばる応援に来られた湘南サポーターの皆さん、おつかれさまでした。ひとりひとりの声量、チャントの練度など、さすがJの先輩という応援で、勉強になりました。
僕が瑞穂や長良川で見かけた時からはだいぶ人も変わっているのでしょうが、しっかり受け継がれていると感じました。
岐阜サポも次の世代に受け継がれる応援を残していきたいものです。
 
08h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

超アウェイ到来☆

2008_a13
この3連休、いろいろ行事があったり、
盆休みに友人(非サポ)と行く旅行の計画作りに追われてたり(むしろこっちが主犯)で、
ブログを書く時間がなかなか取れないので、湘南戦の感想もろもろはちょっと落ち着いてから書こうと思います。
 
というわけで、今週末は強豪・ベガルタ仙台とアウェイゲーム。
去年のソニー仙台戦(JFL)には行っていないので、僕は宮城初上陸になります♪
こうやって少しずつ未訪問の都道府県に遠征し、全国制覇(笑)していくのもまたアウェイの醍醐味。ついでに福島にも行く予定なので、一気に2県クリアーです。
 
会場のユアテックスタジアム仙台は、J2でもナンバー1の盛り上がりを誇るスタジアムと聞いています。
甲府と小瀬で戦った時は、岐阜から近かったので500人くらい来てたそうですが、今回はさすがに50人くらいかな? 夏休みだし、15,000vs50という、ドM的にはたまらない状況になるかもしれません☆
 
ほとんど岐阜サポの声は聞こえなくなるかもしれませんが、少しでも多くの声が選手に届くよう、がんばってこないとね。
全席屋根つきで反響がいいスタジアムなので、スネアの音もどう聞こえるか楽しみです。
仙台に行けない皆さんも、カフェで、あるいはご自宅や友人のお宅などで、FC岐阜の勝利をいっしょに祈りましょう♪
 
 
こういう時こそ、柳ヶ瀬でパブリックビューとかしたら盛り上がるのに。
今のところ公式には何も告知が無いけど。。。 どうなんだろ?
 
 
 
08a

お求めはアクトス楽天市場店まで☆
http://www.rakuten.co.jp/axtos/1082944/1205739/1205745/
 
ただ、やっぱり大人気のためアウェイも現在品切れ中orz

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

狼はマスクの下で牙を研ぐ

広島から帰ってからというもの、すっかりノドをつぶしてしまっているひらっちですこんばんは。
 
声出しでバモった試合後に声をからすというのはよくあることでしたが、
帰りの車内でのエアコンが決定打となったせいか、声がガラガラで全く出ないだけでなく、ノドの痛み・咳・痰・鼻水・しまいには体のだるさと、ひとしきり風邪の症状らしきものに襲われてました。
もっとも、エアコンをOFFにしてたらもっと大変なことになってたと思うし、それよりも銭湯で頭を洗った後しっかり乾かさなかったことや、隣で終始爆睡してた某BF氏のように毛布をかぶっていなかった自分の不用心さに原因があるのですが、とにもかくにも終わってしまったことはしょうがない。次の試合はもう土曜日に迫っているのです。
 
とりあえず家にあった咳止めの薬をかき集め、さらに家や会社のエアコンからノドを守るため、食事時以外は常にマスクを着用していました。
 
このクソ暑いのに。
マスクの下は汗ダラダラ。
 
案の定、会社では「こんな時期にカゼか!?」と白い目で見られ、聞いてきた人に「クーラーにやられたのと、あと叫びすぎです。」と答えたら「アホ。」と返され、立体型を使っていたせいで「キ●シャーンか」と蔑まれながらも耐えに耐えたこの一週間(笑)
 
羽地も。。。 いや、恥も外聞も投げ捨ててノドの復活に専念していたおかげで、だいぶ回復してきました。
マスクつけてるだけでだいぶ違います。
まだ咳と痰が出て声は少しかれていますが、土曜日までにはなんとか治りそうです。
てゆうか治すよ。
 
次の相手は特別やから。
コンディションだけは万全に整えとかないと悔いが残るしね。
かかってこい、アジエル、石原、リンコン、加藤、坂本、ジャーンetc.
&湘南サポの皆さん。
 
あと2日。
この暑苦しいマスクももう少しの辛抱や。
まぁつまり、湘南戦後にまたマスクはめることは考えてない(^_^;)
 
 
 
08a

お求めはアクトス楽天市場店まで☆
http://www.rakuten.co.jp/axtos/1082944/1205739/1205745/
 
ただ、やっぱり大人気のためアウェイも現在品切れ中orz

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

広島行ったなら。。。

先週広島へ行って、
来月友達と観光で広島行く計画をしていて、
さらに9月にまたビッグアーチで試合があるので遠征と、
3ヶ月連続で広島へ行く破目になったため、今回はお土産を買ってきませんでしたが、ちょうどビッグアーチでもみじまんじゅうが売っていたので、それだけ買ってきました。
 
Momiji
やはり本場だけあって、あんこだけかと思いきや、いろんな味が売ってました。
そういえば大垣名物の水まんじゅうも、金蝶園へ行ったらびわやら抹茶やら桃やらバリエーションがあるもんね。
 
で、ビッグアーチでは、8種類の味がバラ売りされていて、好きな味を好きなだけ買えるようになっていました。
こしあん、つぶあん、りんご、チーズ、芋、チョコレート、抹茶、餅 の全8種。
でも写真に7個して写っていないのは、この時点ですでに「つぶあん」がうちのオカンの胃袋の中にいたから(笑)

おいしかったのは、意外にもチーズ。
最初の口あたりはただのカスタードクリームなんだけど、あとからチーズが広がってくるという、ちょっと得した気分になれる味♪
 
あとは。。。 なんだかんだ言ってあんこがいちばんおいしかった。無難に(笑)
 
今度はチーズを多めに買ってこよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

巡(まわ)れ、ルー列島♪

2 
 
最近欠かさず観ているテレビ番組に、金曜日の22:00からフジテレビ系でOA(オーバーエイジちゃうで)されている、「一攫千金!日本ルー列島」というのがあります。

取材VTRを見て、どこの都道府県かを当てるクイズ番組で、
カジノのルーレットのように、正解と思われる都道府県に手持ちのコインを賭けていき、
最後にコインを最も多く持っていたチームが優勝というルールです。
 
正解に自信があれば、高倍率の「1県賭け」。
ちょっと自信がなければ「2県or3県賭け」や「地方賭け(中部地方など)」。
全く自信がなければ手堅く「西日本賭け」など、賭け方を選ぶことができます。
 
最初は、みどりちゃん(松尾アナ)目あてで見始めた番組だったけど(爆)、
意外と知られていない日本全国の情報が多くて、勉強になります。
 
で、けっこう楽しいのが、「この山の感じは高崎で見たから群馬県!」とか、「この右折車線の表示は高松で見たから香川県!」など、旅先で気になったことがヒントとなって正解につながること。
もともと、ふらふらと旅するのが好きだったけど、この番組のおかげでさらに旅行(遠征とも言う)が楽しくなりました。
 
さて、「岐阜県」はというと、パッとしないイメージの通り(笑)、僕が見た中ではまだ1回しか登場していません。佐賀はもう2回見てるのに。。。
その時は、まず長良川が映ったのでピンと来ましたが、「相撲ののぼりを作っている会社がある」とか、「韓国の春川市と交流があり、『冬ソナストリート』がある」とか、地元の人間ならすぐわかりそうなヒントが多かったです。でも決定打は、
岐阜サポのおばちゃんが出てたこと!
まったくのミラクルだけど、あれはすげぇと思ったわ(笑)
 
こんな「ルー列島」、今週の金曜日は3時間スペシャルだそうです。
週末は楽しく日本の勉強をしてみてはいかがでしょう?
 
で、その次の日はみんなで湘南ベルマーレにリベンジと。これ大事ね。 
 
 
 
そうそう、中身が無いことで有名なこのブログなんですが、おかげさまで50000アクセスを達成できました。
いつもいつもありがとうございます。
最近は遠征ばかり行ってて県内の記事が無いせいか、某ファンタジスタにタイトルを「今夜もI LOVE YOU」とカン違いされてました(笑)
 
I LOVE 岐阜」が正解ですからorz
 
落ち着いたら岐阜のことも書きたいのですが、もうしばらくは遠征が続くので、それまではがんばって日本列島を巡りますよ(^o^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

いよいよラストスパート! …やわぃね(笑)

20088

ツエーゲン金沢 7-0 グランセナ新潟
 
難敵グランセナを撃破して9勝目!
エース奈良のハットトリック&キムタツの2ゴール2アシスト&ひろにー(って言うらしい(笑))こと広庭くんのゴールで快勝☆
 
岐阜サポの友人から“ひろにー”を勧められたけど、なかなかいいじゃん。
僕が観に行った試合では途中出場ながらPKを獲得して気を吐いてたけど、最近はすっかりスタメンに定着したみたいです。
 
今節は上位4チームが危なげなく勝ったため、順位は変わらず3位。
首位を走るパルセイロを勝ち点差2のまま追走し、6/25(土)からは
いよいよ北信越クライマックスシリーズ(勝手に命名)へ突入します!
 
この3強潰し合いは地域リーグとは思えないほど盛り上がりそうだから見たいんだけどなぁ。。。
山雅戦の日は仙台だし、長野戦はアウェイだから遠いし、JSC戦の日は広島だし、
日程的に厳しそうだわ。
地域決勝も近くて鳥取やからなぁ。。。
天皇杯で近くに来てくれることを祈ってますわ。
 
で、ひさびさにキムタツさんのブログ見たら、短髪になってました。
いつ切ったんだろうと思って遡ってみたら、実はけっこう前で(^_^;)
やっぱ短いほうがカッコええよ。
http://ameblo.jp/tatsudiary/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ride on BIG WAVE

2008_h13
 
やってきました、湘南戦。
広島戦での反省が今節に活かされるか。
そして、第1クールで喫した逆転負けの借りを返せるか。
 
選手はもちろん、応援する僕らにとっても90分間戦い続けられるかどうか
試される一戦です。
 
個人的にはやはり、昔の女(ただし片想い)への雪辱戦。
前回はほんと悔しかったから。
 
当日はちょっとピリピリしてるかもしれませんが、そのへんはちょっと汲んでやってください。
 
こんなイベントも開催されますので。。。
Photo
詳しくはFC岐阜オフィシャルサイトまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

負けてから始まるのがプロレs…フットボール

Bigarch
~広島 4 - 0 岐阜~
 
前回の対戦では健闘した岐阜ですが、今回は“本気の広島”の実力をまざまざと見せつけられた形となりました。
手も足も出ませんでした。完敗ですm(_ _)m
まぁ、ほんとはJ2にいちゃおかしい戦力を揃えたチームなのだから、ある意味順当な結果と言えなくもないのかも。
 
パスへの反応、スペースへ飛び込む速さ、こぼれ球への反応など、様々な局面での「判断の速さ」で広島は岐阜の上を行っていました。
 
また、42分・44分・48分という失点した時間帯からもわかるように、前半ラスト5分&後半開始5分という最も重要な時間帯に、集中して攻撃を畳み掛けた広島と、集中力を欠いてしまい失点を重ねた岐阜。
そういえば前節も危ない場面が続いた時間帯でしたが、そこで決められなかったために岐阜に勝ち点を献上した他チームと、確実に決める広島の差が如実に現れた場面でもありました。
 
岐阜にしてみればそれまでの40分をうまくしのいでいただけに、クリアボールが相手の目の前に転がった不運な最初の失点(ただここでも広島・盛田選手の反応のよさを忘れてはいけません)だけで前半を抑えていれば、また違った展開になっていたかもしれません。
もっとも昨日の試合内容では引き分けが精いっぱいだったでしょうが、いちばん気をつけなければいけない時間帯であまりにも簡単に2点目を献上してしまったのが、引き分けに持ち込めるか大量失点を喫するかの分岐点でした。
 
個人的な見解ですが、上位リーグと下位リーグの差は、技術の高さや戦術の熟成度もさることながら、「集中力の持続」が大きいと思っています。
 
当然ながら、上位リーグへ行くにつれて集中力の途切れる時間帯がなくなっていくのですが、おそらく全くゼロにすることはできないでしょう。人間だもの。
大事なのは、たとえ集中力を欠いたとしても、致命的な場所・時間帯では絶対に集中力を切らさないこと。
今回の試合ではそれを改めて思い知らされました。
 
広島ビッグアーチ。
またひとつ、岐阜にとって因縁のある場所が増えましたね。
 
しかし、本来ならJ1でも中位クラスにいるであろう広島との力の差を測れたということは、大きな収穫となったはずです。
次回第3クールの対戦は、はやくも9月にやってきます。現在の戦績は1分1敗、まだ星を五分に戻すチャンスは残っています。
今回の反省を活かして、次回成長した「FC岐阜」を見せてやろうじゃん。
 
もちろんゴール裏の応援もね。
 
J2では最終クールになると、昇格のかかった相手には専守防衛&カウンター狙いで何としても勝ち点3を渡さない戦術を敷くチームが多いようですが、岐阜は今度の対戦でもスタイルを崩すことなく真っ向勝負で広島に向かっていき、そして勝ち点3を奪う試合になればいいなぁと思います。
 
 
最後に。
入場前からダンマクの掲示方法など親切に説明していただき、試合後も声をかけてくださった会場スタッフの方、どうもありがとうございました。
優しそうな笑顔がとてもステキでした。
 
またお邪魔しますけど、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

オトナの社会見学

先週の土曜日に、J1磐田vs鹿島を観にエコパまで行ってきました。
 
View
 
2002年W杯が開催されたところというのは当日知りました(笑)
静岡県西部の袋井市にあるってのも当日知りました(恥)
清水のホームってイメージを持っていたので、ついつい静岡市とかそっちのほうにあるかと思ってたんですが、意外と岐阜から近かったりするのです。
 
会場までの道路沿いにはお茶畑が広がり、静岡らしい風景が広がっていました。
W杯の時にここを訪れた外国の方も、「Japanese green tea!!」と言って喜んでくれたのかな~、と思ってましたが、最寄の愛野駅は茶畑を抜けてエコパから1kmぐらいのところにあるので茶畑は通らず(笑)
 
このエコパ。収容人数は、58,000人以上! 近くへ行くと、さらにその大きさを実感します。
Entrance

見ろ! 人がゴミのy(ry
日産スタジアムもすごかったけど、ここも迫力があります。
 
競技場周辺には当然のごとく屋台村が広がり、スタグルメが楽しめます。
Goulmet
浜松餃子や富士宮焼きそばなど、静岡名物もたくさん。全部で20店舗ぐらい出店していたでしょうか? 何を食べようかかなり悩んだ挙句、「今はそんなに食べたい気分じゃないな~」と何も買わず場内へ(おい)
 
Ecopa
バックスタンドに浮かぶ「ECOPA」の文字! そして緑とオレンジを基調としたスタンドが広がってきます。やはり、この緑とオレンジというのは静岡名産の「お茶」と「みかん」にちなんでなのでしょうね。東海道線の「湘南カラー」と言えなくもない。
いや、「緑と青の勇者」のほうではなくて(笑)
 
それにしても、バックスタンドのイスの色で文字を描くのってヨーロッパ風でカッコいいですね。長居の「OSAKA」や、KKウィングの「KUMAMOTO」なんかもイイ感じなので、メモリアルでも「GIFU」って書いてくれないかな~
ってバクスタ芝生じゃねぇか(笑)
 
そうこうしてたら、やっぱり小腹が空いてきたので、競技場内の売店でスタグルメ探し。
で、買ったのがこれ。
Katsu
ジュビロカツ重(\500)
豚肉ではなく、何か鳥類の肉を使ってました。食べた感じ鶏じゃなさそうなんだけど、何の肉なんでしょ???
あっさりしているので応援前にかきこむにはいいかもしれません。
 
そして両チームのサポーター。
Jubilo
ホームの利を活かし大声援で選手を後押しするジュビロサポーター。
Infight
遠く茨城から駆けつけた鹿島の大応援団。静岡ならまだ近いかもしれないけど、この人数には驚き。長良川に来た甲府サポよりも多いです! って当たり前か。
 
見比べてやっぱすごかったのは鹿島の応援。スタンドが屋根に覆われていて、声が反響するのもありますが、声援のデカさがハンパなかったです。
ホームよりアウェイのほうが声出てるのは何も岐阜に限ったことではないようですね。
そして反対側から見ていると手拍子が揃っててとてもキレイ。みんな「手拍子は顔の上で叩いて、叩かない時は腕を開いて伸ばす」という基本事項がちゃんと徹底されていました。ほんと基本的なことですが、これだけでも見た目が全然変わってきます。ゴール裏の右端から左端までガンガン跳べ!とまではさすがに言いませんが、この手拍子だけでも岐阜の応援に取り込めないかと思います。
 
Game
ここエコパはサッカー専用スタジアムではないので、ピッチとスタンドの間には陸上用のトラックが走っています。そのせいで少し遠いのですが、そんなに見づらいとは思いませんでした。専スタに慣れてる人は不満かもしれませんね。
Euro
2層目(2階席)から見たピッチ。さすが高さがあると人の動きがよく見えます。
 
Aurora
でも、なんだかんだ言って一番うらやましいのは全席スタンドでも2階席でもなく、このオーロラビジョン。しかもホーム側とアウェイ側の2箇所に設置してあるんです。
ひとつぐらい長良川にくれてもいいのにねぇ。。。 あ、ダメですかそうですか
ってロスタイム7分て(笑)
 
極上のエンタテインメント空間に囲まれ、90分があっという間に過ぎました。
さすがJ1という試合内容でした。。。 と思ってたんだけど、サッカーダイジェストによる試合内容の評価はどうもイマイチ。確かに後半鹿島が引いて逃げ切り狙いだったってのはあるだろうけど、それでもなお見ごたえのある試合でしたよ。
 
やはりハコがしっかりしてるといいんですかね?
長良川では「凡戦」とばっさり切り捨てられる試合でも、エコパのようなビッグスタジアムではそれなりに見えてしまうんでしょうか。
 
だとしたら岐阜にもでっかいスタジアム作らないと(笑)
岐阜羽島インターの南に土地余りまくってるし♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

待ちに待った発売!! だけど。。。

ようやくレプユニが発売されました☆
で、それに合わせて描いてたのもようやく完成しました。
ここまで長かったぁ~、いろんな意味で(笑)
 
 
08
すでに購入された方によると、昨年までのユニに比べ軽くて肌触りがよく、汗の発散がとても速いとのこと。それをこの値段で作ってくれるのは、さすが日本が世界に誇る「ミズノ」ですね。
 
 
。。。いや、スポンサーを入れるコストが不要だったから安く作れたとかそんなんじゃなくてw

お求めはアクトス楽天市場店にて☆
http://www.rakuten.co.jp/axtos/1082944/1205739/1205740/#1096390
 
でも、あまりに大人気のため全てのサイズ売り切れ中orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

男児たるもの何事も早くないと

広島戦と一緒に、7/26の仙台戦のチケットも買ってきました。
ついでに交通手段のチケットも入手してきたので、これで仙台遠征の準備は整いました。
080709_201901

当初、名古屋→仙台の夜行バスが申込開始と同時に売り切れたのでチケットを入手できず、パピヨン号で東京に出てそこからJRで。。。 などと考えてましたが、バス会社が仙台便を増便してくれたので無事行きの交通手段を確保することができました。
朝の7時に仙台へ着くので、ちょっと足を伸ばして会津へ行こうと思います。
こんな感じで。




7/25(金) 20:45 尾張一宮 発
       ↓ (JR東海道線 \290)
              20:55 名古屋 着
              21:30 名古屋駅名鉄バスセンター 発
               ↓ (夜行バス \10,190)
7/26(土) 07:10 仙台駅東口 着 ※急いでコインロッカーに荷物を入れる(笑)
              07:50 仙台駅東口 発
       ↓  (高速バス \2,800)
              10:25 鶴ヶ城合同庁舎 着
           ~観光~
              14:30 会津若松駅 発
               ↓     (高速バス \2,800)
              16:55 仙台駅東口 着
               ↓     ※翌日のバスチケット確保&スネア回収(笑)
              17:37 地下鉄仙台駅 発
               ↓     (仙台市営南北線 \290)
              17:53 泉中央 着
               ↓     (徒歩)
              18:20ぐらい? ユアスタ着
 
  ~めんどくさいので中略(爆)~
 
7/27(日)  08:00 仙台駅東口 発
               ↓     (高速バス \3,000)☆
             13:30 新宿駅南口 着
             13:52 JR新宿駅 発
               ↓     (JR中央線快速 \190)
             14:06 東京駅 着
             14:26 東京駅 発
               ↓     (東海道新幹線 ぷらっとこだま \7,900)
             17:16 名古屋 着
             17:30 名古屋 発
               ↓     (JR東海道線 \570)
             17:52 西岐阜 着
 
 
☆は、JRバス東北設立20周年の特別価格が設定されていて、格安で利用できるのです。
すげぇ。。。
 
仙台→新宿のバスが遅れて14:26の新幹線に乗り遅れると、「ぷらっとこだま」を使えなくなる非常事態になるのですが、もう少し様子を見て一本後のこだまに変更可能か、そのままGOをかけるか判断しようと思います。
 
それにしてもこれだけの情報がパソコンの前で入手できるなんて、インターネットってほんと便利ですよね♪
 
 
 
ちなみに8/10の鳥栖戦も、勢いに任せて京都⇔博多の夜行バス押さえました!
。。。名古屋⇔博多がソッコー売り切れたので(:_;)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月 8日 (火)

やべぇ、忘れてた!

すんません、北信越のことをすっかり忘れてました(^_^;)

で、ひさしぶりに北信越のサイトを見たらえらいことになってます。
全14節中、10節を消化した現在の順位表です。
 
1位 26 … AC長野パルセイロ
2位 25 … JAPANサッカーカレッジ
3位 24 … ツエーゲン金沢
4位 15 … 松本山雅FC

 
残り4節で、山雅のVは消滅しました。山雅の勝ち点は最大で27。しかし、うち3節は4強の直接対決のため、上位3チームのうちいづれか1チームは勝ち点28以上が確定します。
2トップとスーパーサブに加え監督まで離脱してしまったことはもちろんのこと、
やはり短期決戦の序盤でつまづいたツケは大きかったようです。
 
さぁ、それははさておき。
おもしろいのは上位3チームの勝ち点。いずれも8勝で並び、勝ち点差2の中にひしめく大混戦となっています。

長野・JSCに連敗して失速するかに見えたツエーゲンも、以後のリーグ戦では手堅く3連勝を収め優勝戦線に踏みとどまっています。
後期の直接対決に全勝すれば逆転優勝で決勝大会への道が開けてくるので、最後まで諦めずに戦ってほしいです。
 
そして次節の相手は、山雅とJSCに勝った難敵・グランセナ新潟。
4強直接対決の前に絶対落とせない試合となります。
後期好調の木村選手と、DFながら前節のサウルコス福井戦で2得点と大暴れした大河内選手の活躍に期待したいですね。
あ~、あと広庭くんと。やはりちっちゃくて速い選手は気になる(笑)
 
また、ラスト3節で鍵を握ってくるのが、北信越で昇格の目がなくなった松本山雅。
JFL昇格のためには全社で優勝して地域決勝への枠をつかまなければなりませんが、その道はかなり険しいです。
なんとかモチベーションをキープして、リーグ戦で上位3チームに対して意地を見せるようなことがあればがぜん面白くなってきます。
最終節は長野対松本の長野ダービー。最後の最後まで目が離せそうにないですね☆
 
20087
~千里浜にて。。。 って羽咋市やんけ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

万感のホーム2勝目☆

片桐のフリーキックは何回見ても興奮します。
キック自体はすげぇパワフルだとか、ものすごい回転がかかってたとか、そんなわけではなく、狙いすまして軽く蹴った感じだったけど、ボールが片桐の足を離れてネットを「パサッ」っと揺らすまでの一瞬は、ほんとうに時間が止まったようでしたね。
 
ペナルティエリアのすぐ外って近すぎて逆に狙いづらいと思うけど、よく決めてくれました。
 
あまりサッカーを知らないうちの母親がたまたまスカパーで見てて、「あの試合は面白かった」と太鼓判を押してたので、見た人の満足度はきっと高かったはず。
 
2位の山形相手にある程度試合を支配して、先制して追いついて終了間際に再び勝ち越して、しかも2点とも地元出身のエースが決めて、危ない場面もあったけどスグルさんの神業セーブが飛び出して、などなど、興行としても盛り上がる要素がいっぱいあったし。
 
昨日の試合をナマで観てた3,100人ちょっとの人たち。。。 山形サポの人もいたから3,000人くらいか。ほんと幸せ者ですよ。
 
勝ったあとのゴール裏&バックスタンドの狂喜乱舞といったらそりゃもう。
失礼かもしれないけど、「順当勝ち」だった徳島戦からさらに遡って、去年のガイナーレ鳥取戦ぐらいの熱狂度だったように思います。
やはりホームで勝つってすばらしい。
「相手サポがキレて殴りこんでくるんじゃないか」とか「帰りのバスに間に合うか」とか気にすることなく、思う存分喜べるもんねv(^o^)v
 
アウェイで勝つのは「気持ちいい」。
これはこれでたまらないけど、特に昨日のようにホームで会場が一体となってFC岐阜を後押しした試合で勝つと、終了後の雰囲気がほんとうに「すばらしい」。
 
ようやくホームゲームらしい試合運びで勝ちました。応援も含めて今季のベストゲームだと胸を張って言えます。
こんな試合を続けていけば、すべての試合に勝てなくても、お客さんはもっと増えるでしょ。
 
次のホームゲームは19日土曜日。
“3”勝目はみんなでアホになろう!!
 
。。。お? しかも相手はあのベルマーレ。
今度こそ倒すよ。意地でも。
 
 
 
実は昨日の試合後、スネア片付けようとケースを取りに芝生のほうへ行ってたのに、
いろんな人とハイタッチしてたら目的を忘れてしまい、
そのままバックスタンドにダンマク片付けに行っちゃってました。
タオマフも置き忘れてました。
 
どんだけ物忘れ激しかったんだかw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さぁ、ついに広島上陸だ!!

2008_a12

前回の対戦では、マキノ(※)に先制されるも菅和範のミドルシュートで同点に追いつき、あわよくば大金星か!? というところまで広島を追い込みました。
 
今回は相手も締めてかかってきますし、前回は出場停止でいなかった守備の要・ストヤノフがいます。(前節熊本が2点取れたのも、彼の不在が大きかったかもしれませんねぇ)
しかもエースの佐藤寿人(個人的には好きな選手だけど)が絶好調。
 
今度の相手は「本気の広島」です。
 
J2を席巻する(?)、岐阜の「超アウェイ力」の真価が問われる試合になりますね。
バスツアーも催行されるようですし、1人でも多くの声を選手に届けましょう!

 

※長良川の電光掲示板が槙野選手の「槙」の字に対応していなかったらしく、カタカナで「マキノ」と書かれていました。それぐらい何とかしてYO☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

停滞気味だけど

どうも、ここ最近更新が滞ってますひらっちですこんばんは。
PCの前にいる時間も少ないんですが、仕事が忙し。。。いわけでもなく、ただの怠慢です。
 
文章が浮かばないのでとりあえず描いてみました。 
Spain  
スペインです。
7番の彼女ですが、いちおうスペイン&フェルナンド・トーレス好きという裏設定があったので(笑)
 
ユーロ2008。
決勝だけリアルタイムで見てたのですが、スペインはすごかったです。
優勝してほしいと思いつつ、またいつものようにベスト8止まりだろうと思ってたので正直驚きました。
 
イタリアの狡猾さに負けるだろうと思ってた準々決勝。
「6月22日に準々決勝でPK戦になると負ける」という呪縛をふりほどくカシージャスのスーパーセーブに脱帽でした。イタリアもそんなにPK戦は強くないけど、ブッフォンに勝ったんだから、間違いなく世界No.1GKでしょ☆
 
問題なく勝つだろうと思ってたロシアとの準決勝は、得意のパスワークが炸裂し圧勝。イニエスタ→シャビのホットラインもすごかったし、セスクの浮き球ラストパスもすごかったし、3点目の起点になった自陣でのダイレクトパスも鳥肌モノでした。
さすが「クアトロ・フゴーネス=4人の創造者」。これにディフェンス職人のセナを含めた5人は、80年代のブラジルやフランスを超える中盤を形成していました。
悪いけどアルシャビンとは役者が違ってましたね。
 
そして決勝。経験と勝負強さで、悪いなりにもドイツがセコくしぶとく勝つだろうと思ってましたが、ここでも試合を支配して完勝。フェルナンド・トーレスの決勝ゴールには、早朝で寝ぼけてた目をイッキに覚まされました。
ふつうDFの外に回ったら追いつけないじゃんねぇ。なんで外からラームを追い抜いて、しかもGKがさわるより一瞬早く足を伸ばしてシュートを打てるのか。しかもそれをゴールに流し込めるのか。速くて巧い。しかも顔もいい(笑) すごいFWになったもんだ。
前線にこれだけ身体能力の高いフォワードが1人でもいたら楽でしょうね。
そのうえビジャも絶好調だったし。控えのグイサも結果を出して、もうラウールがいなくても大丈夫か。
 
。。。ファン的にはすげぇ寂しいけど、これだけのパフォーマンスを見せられたら文句言えません。ラウールはレアルでがんばってください。
 
ただ今回のスペインがこれまでと違っていたのは、華麗な攻撃陣よりもむしろタフな守備陣。
いつも強国との対戦では守備が危なっかしくてリズムが作れない試合が多かったけど、今回はものすごく安定していて、そこで奪ったボールをすばやく中盤につなぐことで前線にいいリズムが作れていたと思います。
 
スペイン人ってヨーロッパの中では決して体格のいい方ではないのですが、ドイツとの決勝を見る限り、ポジショニングのよさで大柄な相手に空中戦で競り勝ったり、ラストパスを通される前にカットしたりと、とても頭脳的な守備が光っていました。極端な話、コミさんが4人いた感じ(笑)
屈強な相手にぶつかる前にすばやくパスを通す能力と、受け手のスペースへの動き出しと、多少のマークがついてても確実にコントロールする技術があれば、体格のハンデを乗り越えられるということがよ~くわかりました。
同じく体格の小さい日本人の目指す姿もこのようなスタイルなんでしょうね。
そのためには、90分走り続ける体力だったり、パス&トラップの正確さだったり、スペースの作り方&そこに飛び込むタイミングだったり、スキルアップさせる項目はたくさんだけど、これまで内容だけだったスペインのパスサッカーが「内容で魅せて試合も勝つ」強さを示したことで、世界のサッカーがより“おもしろい”方向へ行けばいいな~と思いました。
 
というか岡田ジャパンが。
 
というかむしろFC岐阜が。
 
ガチャにトーレスみたいな動きを期待するのはやっぱ酷やろか?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »