« 出撃準備完了!! | トップページ | あのすばらしい超アウェイ力をもう一度 »

2008年4月27日 (日)

“想い”だけでは越せない壁 ~ 湘南 4 - 2 岐阜 ~

Photo
昔好きだった女は、さらにきれいになってました

 
。。。的な(^_^;)
 
とにかく強かったです、湘南ベルマーレ。
 
これまで負け試合でも惜しい内容だったFC岐阜ですが、昨日はコテンパンにやられました。

 ~試合を簡単におさらい~
開始直後、原→アジエル→石原 とダイレクトでつながれてあっさり被弾。
湘南の流れるようなダイレクトパスに翻弄されながらなんとか喰らいついていくFC岐阜。
連戦の疲れ、相手のパスワーク、雨で滑りやすいピッチにより、徐々に体力を消耗。
その中でFKをウメさんが蹴ると、川島と相手DF&GKが交錯し、そのままゴールイン。
 公式記録ではオウンゴールですが、相手GKが触っていたとはいえボールの軌道はほとんど変わっておらず、ウメさんの得点とするのが正しいと思うのですが。W杯では同じような場面で俊輔のゴールが認められたわけだし。
さらに鋭いカウンターからゴール前でガチャが再びオウンゴールを誘発し、逆転!
すっかりテンションが上がりますます声量の上がる岐阜サポ。てゆうか負けてる時から声出そうや(笑)

スコアだけなら上々の前半。しかし湘南の速攻、パスワークはキレ味が鋭く、後半に向けて気が抜けません。ゴール裏は去年の反省からHT中も気を引き締めてるサポーターもいれば、福岡戦の再現か!? とソワソワしているサポーターもいるなど反応は様々。
 
後半開始前に円陣を組み、選手がポジションにつきますが、円陣を解いたあと、歩きや小走りで位置につく岐阜の選手に対して、全力疾走で展開する湘南の選手。
このあたりはチームのやり方なので、どっちがどうとは言いませんが、湘南の選手からは「絶対に逆転してやるぞ!」という意気込みがビンビンに伝わってきて、「これはヤバい」と感じました。
そしてこの手の不安はなぜか当たるもの。
 
後半は湘南の波状攻撃に晒されます。クリアしきれずゴール前に残っていたボールを蹴り込まれて同点に追いつかれたあとも猛攻は続き、必死のディフェンスで持ちこたえていましたが、体力を奪われて足が止まり、逆転ゴールを奪われ、後半ロスタイムには決定機をファウルで止めたとしてコミさんが退場。
(スカパーでVTRを確認すると、コミさんのタックルは石原を引っかける前にボールへ行っているように見えるので、一発レッドというのはおかしいんじゃないかと思うのですが、この日の鍋島じゃあ。。。)
その後のFKを加藤望に決められ2-4となり万事休す。スコア以上に開いていた力の差を痛感しました。
 
前節お休みで休養十分な湘南に対し、このところの連戦の疲れが溜まってきている岐阜というコンディションの差を差し引いても、ベルマーレ攻撃陣は「湘南の暴れん坊」と呼ばれていた1994年に勝るとも劣らない迫力でした。石原、原、加藤にアジエル。見事な連携でした。雨なのにパスうますぎ。
 
とはいえ、岐阜はまだまだこれからのチーム。33番目のチームなんだから。
連敗? そんなの全然気にしてねぇ。
湘南は昨年からのメンバー入替がほとんどなくて戦術の熟成が進んでいる上、リンコンというジョーカーを福岡から獲得し戦力アップに成功しているチーム。強くて当たり前です。
いっぽう我らがFC岐阜は、戦力アップしたとはいえ、それはJFLレベルからの話。むしろ選手の半分が入れ替わった中で組織として機能し、内容も結果も期待以上のものを出してくれています。点は取れているし、コンディションさえ整えば、昨日の湘南相手でもいい試合ができるはず。試合後、手を叩いて鼓舞していた片桐をはじめ、他の選手達も決してくじけていませんでした。
壁は越えるためにある。ぶち当たって成長していけばいいじゃん。選手もサポーターも。

 

でも何か今日は湘南のことえらい誉めてるな(笑) まぁいいや。
 
ひさしぶりに行った平塚競技場。「あぁ、ここのゲート(ホーム側立見席。現在は封鎖)から入って応援したなぁ」と懐かしく感じました。でももう11年も前のことだなんて(苦笑)
昨日は雨が降ってたせいで客足が遅く、ガラガラのスタンドを見て「J1狙うチームが大丈夫かっ!?」と思いましたが、スカパー観てたらホーム側のゴール裏にけっこう人がいたので安心しました。(現在の平塚競技場は、ホーム側もアウェイ側もサポ席がバックスタンドなので相手の状況がよくわからないのです)
 
僕がサッカーを好きになったきっかけっていうのが、ストイコビッチとR・バッジオとベルマーレ平塚だったので、昨日の試合は恩返しというか、おかげで楽しく岐阜のサポーターやってますよってのを見せたかったんですよ。
いや、特に誰にというわけではなく。 あえて言うならキングベル爺さんか(^_^;)
J2昇格が決まった時から、このアウェイ戦だけは何があっても絶対行こうって決めてて、昨日まですごく楽しみにしてました。
で、岐阜ってまだマイナーだけど、すげぇチームなんだぞって示したくて。
だからとにかく勝ちたかったんですよ。
自分の中では「ここだけは他の13チームの試合とは違う」って思ってたので、試合前から相当気合入ってたし、スネアも序盤から相当とばしてました。たぶんこれまでの試合でいちばんノってたはずです。ひらっち的にはベストパフォーマンス(笑)
おそらくJFL時代から通じても。
 
だからこれだけ力の差を見せつけられて、正直かなり凹みました。
「まだ(僕の)力が及ばないのかorzって。」 思い上がりかな。
僕ひとりの応援がチームの実力に直接リンクしているだなんてもちろん思っちゃいないけど、それでも昨日は90分間全力で共に戦っていたと胸を張って言えるし、その結果の完敗だったので、すげぇ悔しかったです。
悔しかったのと、ショックだったのと。
さすがに試合後はヘタりこんだもんなぁ。。。
 
まぁでもJの洗礼を受けたのがベルマーレでよかったのかなぁという気もしつつね。
 
まだまだ借りを返す機会はありますから。7/19はホーム長良川で、そして11/30には再び平塚競技場で対戦します。特に最後のアウェイ戦は、湘南が昇格レース真っ最中の可能性もあります。岐阜はどうだろ? 今度は思いっきり足ひっぱってやろうじゃん。
残る2戦。ふたつとも勝つ気でまたがんばろうと思います。

でも、ひそかに「あんな強いベルマーレなら、さっさとJ1へ帰れ!!」って思ったのも事実(笑)

 

いやぁ~、さすがに昨日の試合は完全燃焼して、からっぽになりました。今日は1日中寝てた(笑) 正直復活には時間がかかりそうですわ。
29日は仕事で行けないので、5/3のホーム・愛媛FC戦に照準を絞ってまたエネルギーを再充填します。

僕らの「応援する力」というのも、きっと選手に届くはずです。
水戸戦に行かれる方々、カフェや柳ヶ瀬でPV観戦される方々、選手が絶対に勝ち点3を取って帰ってきてくれるよう、精いっぱいの応援をお願いします。

 

 

それにしても。。。
2つのオウンゴールにも関わった湘南の松本選手はさぞかしホッとしただろうなぁ(笑)

|

« 出撃準備完了!! | トップページ | あのすばらしい超アウェイ力をもう一度 »

FC岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/20614604

この記事へのトラックバック一覧です: “想い”だけでは越せない壁 ~ 湘南 4 - 2 岐阜 ~:

« 出撃準備完了!! | トップページ | あのすばらしい超アウェイ力をもう一度 »