« 何じゃこりゃ | トップページ | 今朝の中日新聞 »

2007年7月20日 (金)

風(Vent)と林(Foret)に思いをよせて

さかのぼること5日前、茨城まで行ったものの、FC岐阜vs流経大は翌日に延期となり、今夜はどうするよ? と考えていたときのこと。
ネットで情報収集していると、ナビスコカップの準々決勝は予定通り開催されるということで、せっかくだから観に行こうと急遽予定を組みました。
カシマと国立どっちへ行こうかと悩み、最初は鹿島vs広島を観に行こうとしてましたが、件の台風で鹿島線が運休というニュースを聞き、どうせカシマへ行っても佐藤寿人はいないんだし、一度は国立へ行かなきゃね~ と、川崎Fvs甲府を観戦することにしました。

初めて訪れた国立は、スタンドのデカさに驚かされました。代表の試合だとバックスタンドの最上段まで満員になりますが、それがいかにすごいことか痛感しました。

それでいて、遠くの上のほうからでもピッチがよく見えるというか、意外と近くに感じられるというか。傾斜がきついからなのかよくわかりませんが、これなら端っこのほうの席でも楽しめます。

スタジアムもすごかったですが、それよりすごかったのが甲府サポーターの多さ。僕は岐阜サポのヨーロさんに会えないかと思いアウェー側のチケットを買いましたが、正直甲府サポはそんなにいないと思っていたし、ちょっと探せばすぐ会えるとタカをくくっていました。

が、スタンドに入ってびっくりしました。

アウェー側全体が青、青、青!

070715_185701

甲府から東京って、岐阜から大阪に行くようなもんですよね? それなのにこの大観衆! 1000人は軽く越えていたと思います。台風で開催が危ぶまれ、しかも時折強い風と雨に見舞われる悪天候の中をこれだけの人が来たことに、サポーターのチームへの愛を強く感じ、甲府サポでもないのになぜか感動しました。
そして、量だけでなく、質でも甲府サポは熱かった。3倍近い川崎サポにも負けないぐらい、声援に力強さを感じたし、ゴール裏の一番熱い人たちは、試合中常に跳び続け、叫び続けていました。
後半、同点に追いついた時は僕も興奮して一緒に応援したくなるほどでしたが、さすがに遠慮しときました。よく知らんし、緑のTシャツだったので。

試合は最後の最後に川崎Fにひっくり返されて、残念ながらベスト8止まりでしたが、雨でパスが通りにくい中、甲府の選手は一生懸命走っていたし、甲府サポも延長後半の最後の最後まで大きな声を出し続けていました。
リーグでは危険地帯にいるので、ナビスコでは何としても好結果を出したかっただろうし、第1戦で勝っていただけに、この逆転負けは甲府サポの皆さんにとってとても悔しかったことと思います。
それでも、終了後の選手たちに文句一つ言わなかった彼らは、本当の意味でサポーターなのでしょう。
流経大に負けて打ちひしがれていたFC岐阜の選手に対し、思わず厳しい口調になってしまった僕には学ぶべき点でした。選手を信じること、力の限り応援すること、頭ではわかってるのにな。。。

自分が選手だったら、負けてしまった試合、サポーターにどんな言葉をかけて欲しいだろうか。。。 そんなことを考えたりもしました。

|

« 何じゃこりゃ | トップページ | 今朝の中日新聞 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です!
ちょっとばかし旅に出ておりました(笑)
緑緑してていいですね♪

さて、僕らも今一度甲府サポさんのように選手を信じ切って、そして楽しく応援していきましょう!土曜日会えるのを楽しみにしてます。

投稿: ウチュン | 2007年7月20日 (金) 07:38

>ウチュンさん
お帰りなさい☆ 心配してましたよ(笑)
いま甲府の勝率って23%ぐらいで、4試合に1回勝つ程度なのに、それでもサポーターは勝利を信じて一生懸命応援してるんですよね。ほんと脱帽です。
土曜はパワー全開で、ぜひ僕らの力で勝利を引き寄せましょう!!

投稿: ひらっち | 2007年7月20日 (金) 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115974/7208033

この記事へのトラックバック一覧です: 風(Vent)と林(Foret)に思いをよせて:

« 何じゃこりゃ | トップページ | 今朝の中日新聞 »