« 有言実行 | トップページ | 馬六甲紀行その3 »

2006年8月 6日 (日)

馬六甲紀行その2

マラッカは、16世紀から東西交易の中心地として栄えた歴史の街。

重要な拠点だったことから、イスラム系のマラッカ王国から、ポルトガル、オランダ、イギリス、そして太平洋戦争中は日本と、めまぐるしく支配が交替し、それぞれの文化を残した建物がたくさんありました。

Sultan  

 

 

これはイスラム時代の王宮を再現した建物。多くの模型や人形で当時の人々の様子を再現しています。

China  

 

 

Doll  

 

 

 

Doll2

 

 

 

まさに蝋人形の館 ていうかキモス!!

|

« 有言実行 | トップページ | 馬六甲紀行その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有言実行 | トップページ | 馬六甲紀行その3 »