トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

ジョン・トラブルタ ~フライデーナイト・フィーバー~

今日は午前中仕事をサボってイオンTCSC(Tebrau City Shoping Center)へ。SEIさんが「吉野家へ行きたい」と言い出して、ちょうど時間が空いたので行くことにしました。

ここはほんとにキレイ&デカい。まるで日本にいるみたいでしょ?

Img_2391  

 

 

若者向けの服屋もたくさんあって(その割に当たりの店はほとんど無いけど)、

平日なのに人がたくさんいました。みんな何やってんだか。。。 (自分含む)

しかしこんなことをやってたらやはり後がコワい。

ちゃんと仕事を終えて帰ろうとすると。。。

タイヤがパンクしとるがな!!

まぁでもスペアタイヤがあるし、とりあえず付け替えて新しいタイヤを買いに行けば。。。

タイヤサイズ合うてへんがな!!!!  165/65R14履いてんのになんでスペアが185/50R15やねん。。。穴合わへんし

というわけで約1時間半レンタカー業者を待つはめに。

人生うまいことできてんねやなぁ。。。

| | コメント (0)

2006年6月29日 (木)

ひらっちオススメのマレー料理

JBへ来てもう1ヶ月なわけなんですが、ここで僕のオススメ料理をひとつ。

Img_2358  

 

 

↑が、オススメのハイナンライス。中国南部の海南島と、何の関係があるのかは知りませんが、マレーシア料理のチキンライスを中華風にアレンジしたもの。オリジナルのチキンライスは、表面を香ばしく焼いて照り焼き風のタレがかかっている(そして肉は骨付き)んだけど、ハイナンライスは、蒸した鶏肉(骨無し)にあっさり系のタレで味付けしてあります。チキンスープでごはんを炊くのは一緒です。それで、超辛いタレや超甘いタレがついてくるので、それに肉をつけてご飯と一緒に食べるんだけど、これはかなり両極端なので、好みが分かれます。ちなみに僕は何もつけずに食べてます。

たいていの中華系レストランやホテルで食べられるんだけど、中でも僕のお気に入りは、「LAVENDER」というファミレス(チェーン店)のハイナンライス。セナイ空港やジャスコの中など、最近の施設には必ずと言っていいほど入っているので、わりとどこでも食べられます。さしずめ「サイ●リヤのミラノ風ドリア」といった感じでしょうか。。。

そこそこのボリューム+スープ付で400円くらいと、日本からしてみればリーズナブルです。中には150円くらいで食べられる食堂もあるんだけど、そこもまぁまぁイケる。

ここのえびせんべいもおいしいですよ♪

Img_2357_1  

 

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

逃亡記その4

Paella  

 

 

。。。3時間後には川沿いのスペイン料理店にいました。

ほんとに喰ってばっかりやね。。。

ここの料理もみんな大当たり。一緒に行った仕事関係の人の奥さんは、ちょっと油っぽいのがしんどかったみたいだけど(確かにどの料理もオリーブオイルどばーって感じ)、じゃがいもとソーセージの炒め物も、エビを炒めたのもみんなおいしかったです。

スペインといえばパエリヤ! ってことで頼もうとしたんだけど、40分かかるということで、写真のパエリヤ風パスタ(笑)をオーダー。味は一緒だよね? これも箸が、もといフォークが止まりませんでした。

やっぱりシンガポールはきれいだし食べ物おいしいし最高!! 物価は日本の7割くらいだから正直高いけど、また遊びに行きたいじょ。。。

~喰ってばっかのシンガポール逃亡記 とりあえず終わりm(_ _)m~

今日は問題も無く、大丈夫そうだなぁと早めにホテルに戻ったら、夕方になって問題連発orz

しかもスペインがまけた。。。 これで僕のW杯も終わった。。。

| | コメント (0)

2006年6月27日 (火)

逃亡記その3

超美味な小籠包をたくさん食べた後は、やっぱり甘いものでしょ!!

ってことで、高島屋3Fにあるお店でデザートタイム。

Cake  

 

 

このケーキ、チョコレートを練りこんだガナッシュ地の上にチョコレートが乗って、さらに生チョコクリームと練乳がかけられているというチョコづくし。というかチョコ地獄。さすがにちょっとヘビーです(^_^;)

味は甘さ控えめで、もちろんおいしいんだけど、食後3時間くらいはず~っと胃の中にいます。

で、これを食べた3時間後に。。。     ≪続く≫

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

逃亡記 その2

というわけで、昨日に引き続きシンガポール旅行記です。

中心部へははじめて行ったけど、名古屋よりも都会だったのでびっくりしました。

それに緑も多いし、ビルも斬新で、とてもきれいな中心部です。

昼ご飯に鼎泰豊(?)という点心の店で中華を食べました。

Img_23842 

 

 

ここのメニューは、炒飯もワンタンメンも酸辣湯も出てくるものがことごとく美味しい!!

さすがはニューヨークタイムズが選ぶ世界のレストランベスト10(の支店)

特においしかったのが、小籠包。箸で持ってるだけで中にスープがたっぷり入ってるのがわかるんだけど、一口食べると、ほんとにブワッと口の中にスープが広がるのね。ほんとにブワッと! それがねぇ、もうこれぞ肉の旨みって感じ。いくつでも食べられますよ。日本にも支店があるそうなのでぜひ!!

今日は仕事で アホか!! というしょうもない(けど大変な)トラブルが起こってしまったので、ひらっちさんのご機嫌は70°くらいにナナメってます。

| | コメント (0)

2006年6月25日 (日)

亡命

Photo  

 

 

 

ちょっくらシンガポールへ行ってみました。

楽しみにしていたマーライオンは工事中で、すぐそばにいたミニマーライオンのマーちゃんをパチリ☆ いちおう水吐いてます。

詳しくは後日!

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

異国の地で新しい自分を発見

っていう話をよく聞きますが、マレーシアに来て約4週間、僕も新しい発見がありました。それは。。。

ボウリングは左手で投げたほうがいい(!)

...そんな話か、って感じでしょうけど、本当に驚きだったからちょっとつきあってくださいな♪

僕はもともと左利きだったんだけど、子供の頃に字を右に矯正したから、箸と絵を描くの以外はバッティングもサッカーも右利きなんですよ。で、当然ボウリングも今まで右で投げてたんだけど、回数やってる割にノーコンで(笑)、たまに140~150くらい出ても、普段は100~120くらい。

で、こっちってボウリング3ゲーム+貸靴が400円くらいで気軽に行けるから、ちょくちょくSEIさん改めカマオさんと行ってたんだけど、昨日は特に絶不調だったわけですよ。もう、80~90とか。こりゃ今日はダメだな~っと3ゲーム目は適当に左で投げてたら、なんと108! で、気をよくして今日もボウリングに行ったらこれまたビックリの120が出ちゃったんですよ!!

まだたまにとんでもないところへ行くけど、コツをつかむと、左のほうが変な癖が無くて狙った三角へ転がってくし、投げるときに薬指にひっかかるから、うまく回転がかかってよく倒れるんです。右じゃ絶対取れないスペアを、左で狙い通りに取れたときの気分ったら最高っすよ☆

左投げを練習しようかなぁ~、と本気で考えてます。

それが新しい自分(嘲笑) 別にいいじゃん、ショボくたって!!

_1  

 

 

ちなみに↑は僕にさらに輪をかけてヘタレなカマオさん。右肩下がりまくり(笑)

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

ジョホール・バルの日本料理店 その②

昼間の続き。。。

②あげ半

ひらっちが滞在するホテル内にある日本料理店。仕事の帰りが遅くて、ホテルでも仕事をせにゃならんという時など、ササッと食べたい時によく使います。

が、味はイマイチ。利用頻度はかなり高いけど、いまだに「これだ!!」という主食メニューにあたったことがない。でも、ポテトサラダはそこそこいける。

ホテルの宿泊者は多少割引があるから利用するんだけど、元が高いからそれほど魅力的なわけではなかったりする。

まぁそれでも日本食だし一番近いから、ついつい通っちゃう(笑)

③八起(やおき)

本ブログでも度々登場する日本料理店、SEIさんイチオシのツンデレ娘・サンホーや、ひらっちの芸人魂をそそるメガネ(チョイー)がいる店。とにかく店員のキャラが濃い。それに、小さなお店だから、店員もすごいフレンドリー。で、この店のお勧めは「冷しとろろうどん]

| | コメント (0)

2006年6月22日 (木)

ジョホール・バルの日本料理店

僕が今、滞在しているマレーシアのジョホール・バルは、日本料理店がけっこう多かったりします。やっぱり香辛料どっさりの地元料理はちょっと苦手という日本人も多いから(ひらっち含む)、いろんなお店があるけどどこも日本人でいっぱいなんです。ただし値段は日本よりちょっと安いぐらいだから、こっちの相場だと高め。

というわけで、僕が行ってる日本料理店を紹介します♪

①霧島酒造

Crystal Crown Hotelの2階にある居酒屋で、JBで日本料理といったらココというぐらい有名なお店。ガイドブックにも載ってるから、いつも日本人でいっぱいです。

ココのイチオシは和歌山ラーメンと札幌ラーメン。ラーメンかよ。。。

店員は中国系よりマレー系が多め。接客態度はとてもしっかりしているけど、ちょっと冷たいというか、キャラが弱い。そういうのを求めない人には一番お勧めの店です。

この店の「イラッシャイマーセー」はちょっと独特で面白い。

うわっ もう時間ない!  続く。。。

| | コメント (0)

2006年6月21日 (水)

ラウールキタ――(゚o゚)――!!

S4523555  

 

 

 

昨日のことになるんですが、スペインVSチュニジアは熱かったですね。

こっちの時間で朝3時KICK OFFだったから最初すっごい眠たくて、半分寝ながら観てたらいきなりスペイン失点(!!)

試合は押し気味に進めてるのに、相手ゴール近くで全然パスが通らないから、こりゃヤバいって雰囲気になってくるじゃないですか。

チュニジアのプレスも速かったし、雨でスペイン得意のダイレクトパスも機能しないし。

やってる側は余裕だったんだろうけど、みんなダイレクトでボールを回して、しかもそれがことごとくカットされるもんだから、観てるこっちは「うわ焦ってる! こりゃカウンターで2点目取られるかも。。。」と心配になったわけですよ。

まぁ次はサウジだから勝てるし、せめてドローで終わってくれと。

ところがさすがはスペイン、というかゴンザレス(ラウールね)。

味方のシュートのこぼれ球にうまく反応し、ラウールらしい狡猾な(笑)ゴールで同点に追いつくと、これで落ち着いたのか徐々にパスが通り始め、さらにフェルナンド・トーレス(イケメン)の2ゴールで終わってみれば3-1の快勝☆ 決勝トーナメント進出しました!!

仕事のほうは相変わらずトラブル連発で、とうとうSEIさんのパソコンが壊れた(!)

結果的に無事だったみたいだけど、僕のPCを貸してる間にこのブログや秋山奈々の画像が見られてないか心配だ。。。

| | コメント (0)

2006年6月19日 (月)

財布の中身は・・・

13リンギット(約400円)! 仕事が忙しくて下ろしに行ってる時間が全然無いお

Img_2337  

 

 

土日も休み無しで働きつづけてるよ。。。 日本にいる時よりマジメに働いてる(笑)。

せっかくマレーシアに来たってのに

それでも、周りの人がみんないい人(※約1名を除く)だからなんとかやれてるけど、今日って月曜日なんだよね。なんか木曜日くらいの気がする。もう明後日くらいからリゾートでのんびりしたいけど、多分また何かトラブるから仕事でしょうな。。。

リゾートの近くにいるのにリゾートに行けないこのツラさ(笑)

明日もオカンにいじられながらがんばるか!!

3時からのスペイン-チュニジア戦に備えて今夜はもう寝ますzzz

| | コメント (0)

2006年6月18日 (日)

男はみんなコスプレフェチ

昨日も今日も仕事でした。せっかくマレーシアまで来たのに遊べないじゃん~、と半ギレ状態で仕事してた時のこと。現地のワーカーがイスラム教徒の女性なので、みんなケープをしているんだけど、そのケープ姿のおばちゃんたちがバケツリレーのように箱を運んでいるのを見てSEIさんが一言、「何かいいなぁ~」 どうもSEIさんは、ケープにadidasとかのジャージが萌えるらしい。。。

ちなみに自分はどんなコスプレが好きかというと、ナース服だったりします。

普通? でもちょっとコダワリがあって、イメクラの偽ナースが着てるようなエロいナース服じゃなくて、丈の長い、ヒザ丈くらいのジャンスカがお気に入り。しかもピンク。で、紺のカーディガンにサンダル(!) 昼休みに買出しに出かけてそうなユル~い感じがすきなんですよ。これぞイモカワ♪

今日こそ日本に勝ってほしいよね。 どちらかといえば(醒)

| | コメント (0)

2006年6月17日 (土)

メガネかわいいよメガネ

SEIさんがサンホーに入れ込んでいるのは既に有名な話だけど、僕も最近同じ店に気になる店員がいる。 といってもSEIさんみたくマジじゃなくて、キャラがツボにハマったと言ったほうが正確なんだけど。

その名はメガネ(!)。 もちろんSEIさんと僕にだけ共通のコードネームで、本名はチョイー(笑)と言うのだが、もうメガネでいいんじゃないかということで、メガネに決定。まぁチョイーでも十分面白いよね。 

で、どんな人かというと、中国系で背がちっちゃくてメガネでデコッパチでいつも7分丈パンツで、やたらサイズのデカいスリッパをはいていて、ちょっと人生を達観してる感じ。ツンデレまではいかないけど、愛想はそんなによくない。

「背が小さくて色白で素朴でちょっと強気な訛ってるメガネッ娘」というのが、ひらっちがいつも口にする好みのタイプの女性像だが、かなりあてはまっていたりするのだ。「訛ってるどころか話してる言語が全く違うじゃん」というツッコミはとりあえずナシの方向で。。。 雰囲気で言えば深津絵里っぽい。。。 ってすまん、それは言い過ぎた。

小さいけどオシャレな居酒屋を旦那(板前さん)と二人で切り盛りしてそうな感じ といえばわかるかな? わかるわけないよな(笑)

いつか「僕と夫婦漫才をやってくれませんか?」とマレー語で言うつもりである。で、夫婦漫才ってどう訳すの???

ていうかね、重役マジで消えてほしいんだけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

嫌いな上司がいたら言ってみよう

昨日覚えたマレー語。

encik … 男性につける敬称で、英語でいうところの「Mr.」にあたる。

      マレー語で「e」の発音の多くは「エ」よりも「ウ」に近く、

      末尾のpやkは発音しない。

      ということで、この発音は、「ウンチッ」ということになる。

      田中さんなら「encik Tanaka」、

      高橋さんなら「encik Takahashi」。

      もしあなたの会社にソリの合わない上司がいたら、

      ボソッと言ってみて、反応を見てみましょう。

   ※男性限定。女性の場合「cik」(チッ)なので、女の上司に何か

     理不尽なことを言われ、舌打ちをしたい時に使うといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

iNViNSiBLE "ARMADA"

Img_2333_1

 

 

 

 

一昨日は日本がコントのような負け方をし、昨日はコリアがブサイク(李天秀)とイケメン(安貞桓)のゴールで逆転勝利と、気分の悪い夜が続いたけど、今夜は非常に胸のすく夜だった。

”無敵艦隊”スペインが、グループリーグ最大のライバル・ウクライナに4-0の圧勝!!

うち3点はセットプレーだったけど、流れるようなワンタッチのパスワークからフェルナンド・トーレスが鮮やかなボレーシュートを決めた4点目は、まさにスペインらしい得点といえる。

スペインのサッカーは、ダイレクトパスがおもしろいように通るので、点が入らなくても十分面白い。点が入ってもつまらない極東の某国とはえらい違いである。しかも、敵がギリギリ取れないところを(わざと)狙ってパスを通すから、自陣ゴール前でそういうパスを通されると非常にスリリングである。今日の試合のように、キレてる時のスペインは本当にファンタスティックで強い。

国内にはレアル・マドリード、バルセロナ、バレンシアなど欧州屈指のクラブチームがあり、豊富なタレントが揃う代表チームは毎回優勝候補と言われながら、ラテン系特有のムラっぽさと運の無さで、いつもいいところで勝てないヘタレチームでもある。しかしそんな二面性が僕はどうしようもなく好きなのだ。あと、ユニフォームが赤というのも情熱的♪

特に好きな選手は、キャプテンであり「スペインの至宝」ラウール・ゴンザレス。特別ドリブルがうまいわけでも、強烈なシュートを撃つわけでもない。が、ボールを受けてからシュートまでがめちゃくちゃ速く、シュートは恐ろしく正確で、時には人を喰ったようなループシュートで魅せる。最近は1.5列目でチャンスメーカー的な役割にシフトし、最後の仕事を若手に任せるようになってきている。監督の信頼も厚く、たとえ以前のキレがないと言われようが、犯罪者顔と言われようが、ホ●っぽいと言われようが、スペインにとって彼の存在は絶対的なのである。何より、重要な試合でPKを外したり、前回W杯準決勝(対コリア)をケガで欠場したりと、彼自身がスペインのヘタレっぷりを体現しているのだ(笑)

それにしても今大会のスペインは一味違う。毎度のことながらタレントは申し分ない。さらに若手とベテランがバランスよく融合し、強くて魅せるサッカーができる。ダヴィド・ビジャというニューヒーローも現れた。シェフチェンコを完璧に抑えて完封した守備も好調だ。万年優勝”候補”から脱却するのは、このドイツ大会しかない!! …と叫んでみる。

まぁ審判にも助けられたがね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

このろくでもないすばらしい世界、いいこともたまにはある

昨夜、ローカルフードを食べに行ったら、隣の席のマレー人がめっちゃおもしろい奴だった。一緒に行った上司の人柄もあるんだけど、ビールを買いに行って戻ってきたらいつのまにかうちの上司と仲良くなっていて、「We are Friends!!」とか叫んで盛り上がっていた。

内容は「辛い」とかしか話してなかった気がするが、「昨日のフットボールの試合で日本は負けた 3to1」と、想定内の流れになってきた。オカンといい、飲み屋のおねえちゃんといい、みんなこの話をしてくる。確かに日本人相手のネタとしてはこの上ない。

「オレは日本のサッカー選手でナカタが好きだ」という話から「オマエはナカタに似ている」という流れになって、そいつの名前がナカタになっていた。わけもわからず肩を組んでナカタを連呼する日本人とマレー人。。。 国際交流ってすばらしいね。

しかしこれだけ話のネタになるのならオージーに3点取られて逆転負けしてもまぁいいかと許せるのがミーハーサポーターのいいところ。本命はスペインだからね。ウクライナが相手だからドローでもいいけど、フランスのような0-0はかんべんしてほしい。

別れ際に缶ビール20本買わせようとしてちゃっかりしていたけどいい奴だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

オカンについて語る

取引先にいる人で、とてもキャラの濃いオバチャンがいる。前に少し書いたけど、ちょっと太めの体型と、チャイニーズ訛りの英語をまくし立てるように話す姿は、まさに大阪のオバチャンそのものなので、「オカン」と名づけた。

基本的にはオカンはいい人である。腹の調子が悪いといえば怪しげな薬をくれるし、トイレはどこかと聞いたら紙の無いトイレを教えてくれるし、帰り際にマレー語で「またね」と挨拶すると、「自分な、ウチは大阪の人間やねんから、挨拶する時は大阪の言葉で言うてくれな困るわ。ええか? 大阪では”またね”は”ほなまいど”って言うんやで。」的なノリで中国語の挨拶を教えてくれる。

オカンは今でこそオカンだが、彼女の社員証の写真(おそらく入社当時)を見ると、今から想像もつかないほどかわいかったりする。

ちなみに今日オカンと携帯番号を交換した。登録名はもちろん「OKAN」

そして、取引先で僕を紹介するときに「My Boyfriend」と言っていた。確かに昨夜恋をしたいとは言ったけど、オカンやで。入社当時ならまだしも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春という言葉を久しく忘れていたにょ

性懲りも無くSEIさんが例の日本料理店へ行こうと言い出す。

特に反対する理由も無いのでまた行ったんだけど、今夜はどうも様子が違っていた。

トイレから戻ると店員の一人がSEIさんと何やら話していて、どうやらサンホーとの仲を取り持ってあげるよ的なことを言っている様子。SEIさんもけっこうマジでお願いしているので、おもしろくなってしばらく見ていることにした。

すると、その親切な店員(仮にねえさんにしときましょか)に連れられてサンホー登場。熱心にアピールするSEIさんだけど、どうやらサンホーは英語をあまり話せないようで、ねえさん達が間に入って、SEIさん―(英語)→ねえさん―(マレー語)→サンホーとがんばってコミュニケーションを取ってたのがすごくよかった。この店の人はみんないい人だ。

時には筆談を交え英語とマレー語を使いながら一生懸命話しかけるSEIさんはなんか青春してた。最初はちょっと引いてたサンホーもだんだん打ち解けてきて最後はちょっといい感じになって、ちょっとうらやましかった。いいねぇ、こういうの。長いこと忘れてたよ。

SEIさんを見てて、ちょっと恋をしたくなりました。     ……誰と?(-”-;)

ちなみにサンホーって、中国語で「善虹」って書くんだそうだ。いい名前やね。。。

話は変わるが高原にはマジメにやれと言いたい。変な髪形にする時間があるならもっとシュート練習をしろと小一時間ほど問い詰めたい。川口がキレてなきゃ4、5点は取られてたけどさ…っておい3点目かよ。こらもう今回は終わったねorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

日記まとめ書き その2

6/1(木) 取引先初訪問 こっちの人はみんな気さくでいい人そうだ

6/2(金) こっちにとんかつ屋を発見したのでSEIさんと食べに行く。ヒレかつ定食を頼んだ。元とんかつ屋(バイトね)として厳しくチェックするが、まぁOKレベル。日本のヘタなとんかつ屋よりははるかに旨かった。若い頃の堀ちえみ似の店員を発見。中国系と思われる。

6/3(土) 休み デカいジャスコがあるというので行ってみる。というか、カルフールへ行った帰りに偶然発見。うちの近所にダイヤモンドシティ・キリオというデカいショッピングモール(ジャスコ系)があるけど、そこよりデカかった。作りがキリオと全く同じなので、外国へ来たという気がしない。じっくり回ろうとすると丸一日はかかりそう。。。 そのへんをブラついた後、CITY SQUIREへ。日本でいうPARCOのようなファッションビル。HIPHOP系がメインだけど、なかなかオシャレな店が多い。とある服屋の店員の兄ちゃんと意気投合。二人とも昔ドラムを叩いていたということから、彼がX-JAPANの狂信的ファンであることが発覚。わざわざ店内のBJMで『紅』をかけてくれたので大いに盛り上がる(※2人だけ)。しかもIndies Versionのほう。どこで手に入れたんだか。。。 ちなみに僕は英語はほとんどしゃべれません。

で、別の店でかわいい店員発見!! 一人は中国系、もう一人はマレー系でちっちゃい加藤夏希って感じ。ミニ夏希に名前を聞くがすっかり忘れる。また来なきゃね~、とSEIさんと意気投合。APEとBOUNTY HUNTERのニセモノを見つけバカウケ。ありえない値段で売っていたが、それはそれでおもしろかった。

6/4(日) 休日 SEIさんとDANGA BAYという、湾岸の観光施設へ。基本的にカップルだらけ。海岸でフットサルをしている人たちを見てなぜか火が点き、帰りにサッカーボールをGET。そのホームセンターでMIROのイベントをやっていて、キックターゲットができたのでやってみる。インサイドで強めに蹴ったらゴールしたはいいがネットを突き破ってしまう。で、そのネットをけなげに直していたおねえちゃんがかわいかったので、「今度は君のハートのゴールネットを突き破ってやるぜ☆」と英語で言おうとするが言葉が出てこずナンパ失敗。日本で日本人相手には絶対言えない(笑)

ちなみにこのとき買ったボールは、未だに車のトランクに眠っているのだけど。

6/5(月) シンガポール在住で、商社勤務のKさんがJBに来たので一緒に日本料理屋へ夕食へ。。。 と、そこには例の重役が(!) 予想通り独演会となり、一同ドン引きする。内容は鬱陶しいので割愛ってことで。それでも何とか話を合わせようとするSEIさんとKさんは偉い。なんか日本人って嫌ね。。。 SEIさんがかわいい店員がいるというのでチェックすると、確かにかわいい。SARAWAKという、ボルネオ島にある州から来ている子らしい。名前を聞くが、例によってまた忘れる(笑)

6/6(火) 昨日の酒のせいか、あるいはマッサージで変なツボを押されたせいか、突然ひどい下痢に襲われる。しかもこっちのトイレって基本的に紙が無い。どうやって拭いているのかはいまだに謎のまま。取引先のおばちゃん(見た目や話し方が大阪のオバちゃんそっくりなので、僕とSEIさんはオカンと呼んでいる。以下オカン)が中国の薬をくれたので、半ば強制的に飲まされる。

6/7(水) こっちでの仕事を手伝ってくれる会社の偉い人たち(中国系マレー人)が昼食に連れて行ってくれる。彼らはほんとにいい人たちだ。

6/8(木) 腹の調子は一向に回復せず。忙しかったが昼時に例の重役につかまり、現地の中華料理店へ強制連行。ここでも車内がタバコ臭いだの出てきた料理に入っているエビが殻付だから嫌だのと悪態をつく。正直かまわないでほしい。英語で言うとLeave me aloneか。SEIさんと二人の場合は何て言うんだろう。。。?

6/9(金) 重役のゴルフの誘いを断るべく(実際に誘われたことはまだないのだけど)、アンチゴルフ部を結成。部員は僕とSEIさんの二人。で、ボウリングへ行く。3ゲーム+貸靴で10リンギット、日本円で300円くらいとかなり安い。で、僕が勝ったので、月曜に行った日本料理店で晩飯をおごってもらう。

例のかわいい子はいたが、忙しそうにしていてあまり絡まず。他のおねえちゃんが入れ替わり立ち代わりテーブルへ来るが、(SEIさんの)目当ての子はなかなか来ない。かわいい子ほど愛想が悪くて、そうでもない子ほどフレンドリーというのは日本のキャバクラみたいではある。まぁでもよくよく見てみると他のおねえちゃんもそれなりにかわいかったりするんだけど。そんなこんなで帰ろうとすると、見送りには来てくれるかわいい子。そうか、彼女はこの店のNo.1で、もっとこの店で金を遣わないと相手にしてくれないんだな。。。 一応名前はサンホーというらしい。今度は覚えた。帰りの道中、なぜ僕達(主にSEIさん)はサンホ-のことが気になるかひとしきり議論。「彼女はツンデレで、そのデレの本性を見たくて気になっているんだ」という結論になる。もちろん彼女がツンデレ属性というのは勝手な妄想である。。。

深夜、ホテルのBARでひとりW杯観戦。数人の見知らぬマレー人に声をかけられるが、内容はほとんど覚えていない。クローゼ2得点は幸先がいいが、コスタリカ相手に2失点したドイツのディフェンスが気になる。

6/10(土) 街で堤さやかの藻無しDVDをGET。ちゃんと日本に持って帰るから、あんちゃん楽しみに待っててね~、と思いつつCITY SQUEREへ。X-JAPAN信者の彼は実はクルマも大好きで、ランエボが好きだのMAZDA6(日本名ATENZA)が好きだのと再び話に花が咲く。名前はChee Wei(チーウェイ?)と言うらしい。今度は覚えた。そしてミニ夏希に会いに行く。先週会った時は気にならなかったが、あまり相手にしてくれない。名前を忘れたのが気に入らなかったのかちょっと不機嫌そうである。彼女もツンデレかもしれないとSEIさんと相談。…相談? 別の男性店員と仲良くなったのでまぁOK。ちなみに彼女の名前はYana。

ハーフパンツとPUMAのスニーカー(の偽物)を購入。ホテルに戻りイングランド対パラグアイを見ながら爆睡。

6/11(日) 昼間、ひとりでIstana Busarという博物館へ行く。ここはスルタン時代の王宮で、宮廷ゆかりの展示物が多く、かなり楽しめる。入場料は7ドル(約800円)とちょっと割高だが、値段に見合う内容ではある。そこから、隣接するAbu Bakar Mosque へ行こうとするが、にわか雨に降られる。びしょ濡れになったのでやむなくホテルへ戻ろうとすると、今度は庭が広すぎて出口に辿り着けないわタクシーがなかなかつかまらないわでパンツまでビショビショに。いや、他意は無いですからね。辛うじてホテルに戻れたので、腹いせにケーキをヤケ喰い。旨かった。

夜、大画面でW杯を見られるというBARへSEIさんに連れてってもらう。でも、おねえちゃんがちょっとウザい。SEIさんはオランダを応援すると言っておきながら、試合そっちのけでおねえちゃんと戯れる。僕も店のおねえちゃんにマレー語をいろいろ教えてもらう。この店でもブサイクな子ほど愛想がよくてかわいげがある。どうやらこれはこの世界の定説のようだ。

オランダはロッベンがキレまくっていたが、ファンニステルローイの調子はイマイチ。でもまぁC組はオランダとアルゼンチンが勝ち抜けっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

といわけでまずは近況報告

Img_2296

実は今、マレーシアにおります。場所は、最南端の街、ジョホール・バル。1997年のW杯予選で、日本がフランス行きを決めた場所としても有名なマレーシア第2の都市です。

で、何しに来てるかっつうと、仕事ですわ。5/30にマレー入りして、予定では7/31に帰国の予定。まぁ、そんなに早く帰れると思ってないけどね♪

同じ会社の人(度々ネタにすると思うので、ここでは仮にSEIさんとしておきましょう。ハードゲイではないです。念のため)がいるので心強いです。けっこう楽しくやっていますよ。

とりあえず、日記調で書いていこうと思いますので、これまでの13日間をダイジェストで。っておい...

5/30(火) シンガポール・チャンギ空港を経て陸路ジョホール・バル(以下JB)入り。前回の中国出張は行く前から帰りたかった(笑)が、今回はわりと楽しみ。街の雰囲気もいいし、マレー人の運転手もいい人だし、なじめそうだ…、と思ったら、世話になるところの重役(日本人)が最悪だった。自分の話ばっかり&長い&つまらない&ゴルフをやれとうるさい&文句ばっかり言ってる。でカラオケ(おねえちゃん付)大好きと、典型的な日本人海外出張者。カラオケも最悪。おねえちゃんはかわいくねえわ言葉通じねえわ酒飲まされるわ重役の歌古すぎてわかんねえわおねえちゃんにキスされるわetc.全く良さがわからなかった。カラオケやるのにおねえちゃんいらないじゃん。あと、もうちょっと新譜を用意しろと。正直しんどかった。この街での最大の敵は日本人かもしれない。

5/31(水)携帯ゲット。MOTOROLAのスティックタイプだけど、折りたたみが主流の日本から来ると新鮮でカッコいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

引っ越しました

前のブログを4ヶ月以上放置していました(笑) って、笑えねぇだろうが!!

というわけで改めて仕切りなおさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »